筒井康隆とは?

筒井 康隆

筒井康隆の画像 筒井康隆の画像
芸名筒井 康隆
芸名フリガナつつい やすたか
性別男性
生年月日1934/9/24
星座てんびん座
干支戌年
血液型B
出身大阪府
身長166.5 cm
URLhttp://www.jali.or.jp/tti/
ブログURLhttp://shokenro.jp/shokenro/
プロフィール同志社大学文学部美学芸術学専攻し、卒業展示装飾専門とする会社経てデザインスタジオ設立する一方1960年SF同人誌NULL』を発刊し、江戸川乱歩認められて創作活動に入る。たくさんの作品を輩出し、数々の賞を受賞1993年マスコミの用語自主規制制に抗議して断筆宣言1996年、主要文出版社3社から自主規制撤廃覚書を勝ち取り執筆再開1997年以降俳優としても本格的活動
代表作品1年2013
代表作品1著書聖痕
代表作品2年2013
代表作品2著書『偽文士日碌』
代表作品3年2012
代表作品3著書ビアンカ・オーバースタディ
職種タレント俳優女優/文化人
語学大阪弁

» タレントデータバンクはこちら
他のタレント一覧
大阪府出身のタレント  衣通真由美  田中恵理  筒井巧  筒井康隆  津村朱実  内藤剛志

筒井康隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/11 03:31 UTC 版)

筒井 康隆(つつい やすたか、1934年(昭和9年)9月24日 - )は、日本小説家劇作家俳優である。ホリプロ所属。身長166cm[1]小松左京星新一と並んで「SF御三家」とも称される。パロディやスラップスティックな笑いを得意とし、初期にはナンセンスなSF作品を多数発表。1970年代よりメタフィクションの手法を用いた前衛的な作品が増え、エンターテインメントや純文学といった境界を越える実験作を多数発表している。




  1. ^ 2010年11月23日の!『筒井康隆作家生活五十周年記念〜現代語裏辞典ライブ』でWikipediaの内容を修正するコーナーでは「166.5cm」だと発言している。
  2. ^ 八橋一郎・堀晃らにより、詳細が確認されている(マッドサイエンティスト日記 2015年10月8日
  3. ^ 両親が「船場の近く」と言わずに「船場」と言っていたことと、出生地が川の近くだったことから船場生まれだと完全に思い込んでいた。1976年頃に香村菊雄の「船場ものがたり」を読んでいて間違いに気づいた。(国文学 解釈と鑑賞1981年8月号)
  4. ^ 『筒井康隆作家生活五十周年記念~現代語裏辞典ライブ』2010.11.23 18:00~20:20 東京カルチャーカルチャー
  5. ^ この時期については筒井『不良少年の映画史』に詳しい。また、出演している朝日放送『ビーバップ!ハイヒール』2014年9月25日放送分でもこのエピソードが取り上げられた。
  6. ^ 筒井『笑犬樓よりの眺望』より『女が逆セク・ハラに走るとき』(初出:『噂の眞相』1990年2月号)
  7. ^ 筒井『漂流 本から本へ』P74〜76
  8. ^ 遠藤瓔子『青山「ロブロイ」物語』p.114(世界文化社、1987年)によると、筒井は「ぼくは心理学にいましたよ。途中で美学に移ったけど」と発言したことになっている。同志社大学心理学専攻の教授だった遠藤の父も「筒井は確かに最初心理にいた」と確認したという。
  9. ^ 日本近代演劇史研究会編『20世紀の戯曲Ⅱ』(社会評論社)P.456
  10. ^ 筒井康隆コレクションII 編者解説 日下三蔵 「霊長類 南へ」の登場人物名に使用。
  11. ^ 八橋『評伝 筒井康隆』89頁-90頁
  12. ^ 当時の『SFマガジン』の編集長の福島正実は筒井の作風をあまり評価しておらず、そのため『SFマガジン』への登場は他の作家たちと比べて遅れることとなった。『60年代日本SFベスト集成』(徳間書店)の解説より。
  13. ^ 『THE 筒井康隆』(有楽出版社)P.60
  14. ^ 『柴野拓美SF評論集』(東京創元社)巻末の牧眞司の解説P.572
  15. ^ 「SHINCON」開催前座談会
  16. ^ のちに刊行されたベスト集『ネオ・ヌルの時代』2巻の解説で、堀晃は、「新NULL最大の作品は、量質ともに(筒井の)『応募作寸評』だった」と書いている。
  17. ^ ツツイ流小説作法とITの関係
  18. ^ 「無人警察」 筒井康隆、角川文庫 1972年
  19. ^ 『筒井康隆スピーキング』p.365(出帆新社、1996年)
  20. ^ 『筒井康隆スピーキング』p.338-339(出帆新社、1996年)
  21. ^ a b 『筒井康隆スピーキング』p.364-365(出帆新社、1996年)
  22. ^ a b 『筒井康隆スピーキング』p.346(出帆新社、1996年)
  23. ^ 『新潮』1994年1月号掲載の池澤夏樹との対談「救いとしての文学」における大江の発言。
  24. ^ 『筒井康隆スピーキング』p.408(出帆新社、1996年)
  25. ^ a b c d e 『筒井康隆「断筆」めぐる大論争』220ページ
  26. ^ 『諸君!』1994年7月号「筒井康隆氏はやはり間違っている」
  27. ^ a b c d e f g h 筒井康隆『エンガッツィオ司令塔』(文春文庫)261-262頁
  28. ^ 『筒井康隆スピーキング』p.412(出帆新社、1996年)
  29. ^ 『筒井康隆スピーキング』p.416(出帆新社、1996年)
  30. ^ 『週刊文春』1985年5月9日号、p.141。
  31. ^ 江上茂『差別用語を見直す』p.92
  32. ^ この時の様子を、筒井と共演した漫画家・小林よしのりが「ゴーマニズム宣言」に描いている(小林『ゴーマニズム宣言(扶桑社のち幻冬舎文庫)』第4巻78章『マスコミと筒井康隆に告ぐ!』)。
  33. ^ 差別用語の基礎知識〈'99〉―何が差別語・差別表現か? [単行本]高木 正幸 (著) 土曜美術社出版販売; 全面改訂版 (1999/07) ISBN 4812011876
  34. ^ a b 小林健治『部落解放同盟「糾弾」史』p.161
  35. ^ a b c d e 江上茂『差別用語を見直す』p.232-236
  36. ^ 『筒井康隆スピーキング』p.416(出帆新社、1996年)
  37. ^ 筒井は1995年4月25日付読売新聞夕刊掲載のインタビューで『今回の震災で五千五百もの人が死に、自分がその一人ではないという不思議さを感じる時、もう小説なんてどうでもよくなった。』と答えている。
  38. ^ 筒井ブログ『笑犬楼大通り』より『偽文士日碌』2009年3月1日
  39. ^ 『日本SF短篇50(1)』早川書房
  40. ^ それ以前は『新神戸オリエンタル劇場』にマネジメントを任せていた(筒井『笑犬樓の逆襲』より『家を買う話は沙汰やみとなってしまった』)。
  41. ^ 超貴重!筒井康隆生朗読ライブに超満ツツイスト全員が酔いしれた!ここだけ本人本音トーク続出にハラハラドキドキ!『筒井康隆作家生活五十周年記念~現代語裏辞典ライブ』ライブレポート(10.11/23開催)
  42. ^ ブログ偽文士日録 1037ページ
  43. ^ ブログ偽文士日録 1039ページ
  44. ^ a b 筒井康隆氏、慰安婦像への侮辱促す? 「炎上狙った」 朝日新聞 2017年4月7日
  45. ^ 改題は久生十蘭に同名の作品があったため。
  46. ^ a b 文庫版は『馬は土曜に蒼ざめる』(ISBN 978-4087501599)と『国境線は遠かった』(ISBN 978-4087501773)に分冊。
  47. ^ 1960年代に発表された5つの短編「細菌人間」「10万光年の追跡者」「四枚のジャック」「W世界の少年」「闇につげる声」が収録されている。「闇につげる声」が新潮社からの全集4に収録されている以外は初収録。
  48. ^ 『笑犬樓の逆襲』収録「昔『噂の真相』という雑誌があった」によれば、書名に『狂』の字を使うと各新聞から広告の掲載を拒否される可能性があったため、筒井はやむなく改題することにしたという(初出:『噂の眞相休刊記念別冊 追悼!噂の眞相』2004年4月)。
  49. ^ 「ビーバップ!ハイヒール:ゴーストライター 〜それ、実は私が書きました〜」(朝日放送、2015年8月27日放送回)
  50. ^ 役作りのため、髪を短く切った。
  51. ^ 自身の原作で、役も作家役である。
  52. ^ 出演時に口ひげを剃り落とした。
  53. ^ http://www.media-forum-japan.com/abo03.html#1996
  54. ^ 画面上での筒井は、2頭身にデフォルメされたアニメーション、本に載っている写真、コースターに描かれた似顔絵で描写されていた。(筒井『笑犬樓の逆襲』より『サントリー・モルツのCF一年契約これほど難しい(初出・『噂の眞相』1999年3月号)』)
  55. ^ 但し、のっぺらぼうの顔にサングラスをかけている『最後の伝令』の表紙絵や、顔に『筒』の文字が書かれている『筒井康隆かく語りき』の表紙のような例外もある。
  56. ^ a b c d e 別冊・話の特集色川武大阿佐田哲也の特集』(1989年)P.83「弟分からの弔辞」
  57. ^ 筒井『笑犬樓よりの眺望』より『文芸書が冷遇されている』(初出:『噂の眞相』1987年5月号)
  58. ^ 筒井『笑犬樓の逆襲』より『家を買う話は沙汰やみとなってしまった』(初出:『噂の眞相』1998年9月号)





固有名詞の分類

日本の小説家 鹿島田真希  白崎秀雄  筒井康隆  小堺昭三  森田誠吾
推理作家 松本清張  森純  筒井康隆  ドゥシャン・ミタナ  中島望
日本の推理作家 松本清張  城戸禮  筒井康隆  緒川怜  拓未司
ライトノベル作家 うえお久光  野梨原花南  筒井康隆  神坂一  秋田禎信
SF作家 阿武天風  うえお久光  筒井康隆  L・ロン・ハバード  ジェイムズ・ティプトリー・Jr.
日本の劇作家 金杉忠男  飛葉喜文  筒井康隆  小山ゆうな  久保田万太郎
日本のSF作家 神林長平  阿武天風  筒井康隆  神坂一  岬兄悟
谷崎潤一郎賞受賞者 青来有一  大江健三郎  筒井康隆  池澤夏樹  島尾敏雄
日本の芸能人 滝雅也  今村恵子  筒井康隆  安崎求  西田昭市

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「筒井康隆」の関連用語

筒井康隆のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



筒井康隆のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筒井康隆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS