宮崎美子とは?

宮崎 美子


宮崎美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/24 06:29 UTC 版)

宮崎 美子(みやざき よしこ、1958年12月11日[2][3] - )は、日本女優タレントである。ホリプロ所属[2]1991年宮﨑 淑子(みやざき よしこ、「﨑」の字は山偏に竒)と改名するが、2000年に本名の宮崎美子に戻す。熊本県熊本市出身[2][3]




  1. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ)
  2. ^ a b c d e f g h i 宮崎美子 プロフィール”. ホリプロオフィシャルサイト. 2014年5月9日閲覧。
  3. ^ a b c 宮崎美子 〜タレント名鑑〜”. スポーツニッポン新聞社. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月9日閲覧。
  4. ^ 『現代の眼』1980年、第21巻、第9~12号、154ページ
  5. ^ 小倉雄一 (2006年4月7日). “【レポート】コニカミノルタのカメラ事業終了 - コニカとミノルタの資産と、その継承は”. マイナビニュース. 2014年5月9日閲覧。
  6. ^ 宮崎美子|オリコン芸能事典”. オリコンスタイル. 2014年5月9日閲覧。
  7. ^ RUQSのクイズ全書(センチュリープレス) 第2部「完全無欠のデータ編」
  8. ^ https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170603-00000015-nkgendai-ent
  9. ^ TVじゃ見れないクイズダービー(河出映像センター 1988年)p.80
  10. ^ 宮崎美子のスッと漢字が書ける本(ワニブックス) 第1章「漢字ワンダーランドへようこそ」
  11. ^ 女優・宮崎美子に学ぶ漢検受検の秘訣”. TOKYO FM (2016年11月1日). 2017年4月1日閲覧。
  12. ^ 宮崎美子「責任痛感」世界一高いレソト王国親善大使 - 芸能 : 日刊スポーツ
  13. ^ 『大相撲中継』2017年8月12日号 p19
  14. ^ 宮崎美子、むちむちボディーが再び、ZAKZAK、2002年3月19日。
  15. ^ 笑福亭鶴瓶、『金メダル男』出演 内村光良監督の手腕に「憧れた」”. ORICON STYLE (2015年11月27日). 2015年11月27日閲覧。
  16. ^ “佐藤仁美12年ぶり主演映画 屈指のスタッフ集結”. 日刊スポーツ. (2016年4月28日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1638791.html 2016年4月28日閲覧。 
  17. ^ “日本の家族を描いた佐藤仁美主演作「惑う」韓国の映画祭へ出品 手嶌葵の主題歌流れる予告編も完成”. 映画.com. (2016年7月20日). http://eiga.com/news/20160720/5/ 2016年7月20日閲覧。 
  18. ^ “細田守「未来のミライ」に上白石萌歌、黒木華、星野源、麻生久美子らが出演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2018年4月11日). http://natalie.mu/eiga/news/277494 2018年4月11日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「宮崎美子」の関連用語

宮崎美子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



宮崎美子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの宮崎美子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS