小泉今日子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 歌手 > 日本の歌手 > 小泉今日子の意味・解説 

小泉今日子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 10:00 UTC 版)

小泉 今日子(こいずみ きょうこ、1966年2月4日[1] - )は、日本女優歌手80年代アイドル。制作事務所「株式会社明後日」代表取締役。身長153cm[4]。血液型O型。アイドルとしては松田聖子中森明菜の2強に続いた存在であり[5]、歌手としては筒美京平馬飼野康二の作曲した作品でヒットを連発した[2]KYON2キョンキョン)の愛称で知られる[注釈 1]。音楽レーベルはビクターエンタテインメント




注釈

  1. ^ a b 2は2乗の表記。愛称としてだけでなく、ヤマトナデシコ七変化(12インチ)とハートブレイカーでは名義として使用された。
  2. ^ 但し、小泉自身は雑誌の撮影や音楽番組で共演した際には仲良くしていたが、プライベートでは連絡を取り合うほどの深い交友関係ではなかったという。
  3. ^ 出演した動機は、小泉自身が原作者の大島弓子のファンであることによるものである。
  4. ^ 配給の松竹によると、元夫婦が映画で夫婦役をするのは史上初で前代未聞という[要出典]
  5. ^ 既存の“アイドル”の枠に押し込めようとした戦略や、全く休みの取れないスケジュールの過密さなど…とライブMCなどで激白している。
  6. ^ 小泉とは盟友に当たる同期の中森明菜も芳村から同様の言葉を受けている。

出典

  1. ^ a b c d e f g h 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.112.
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.23.
  3. ^ a b 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.73.
  4. ^ 日本タレント名鑑(VIPタイムズ社)
  5. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.2.
  6. ^ 別冊宝島2611『80年代アイドルcollection』p.39.
  7. ^ “女優 小泉今日子さん”. 読売家庭版YOMY (読売新聞社). オリジナルの2013年5月1日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20130501065144/http://www.yomiuri.co.jp/pr/kateiban/yonde0507.htm 2016年9月2日閲覧。 
  8. ^ 書評一覧
  9. ^ 永瀬正敏:元妻キョンキョンを絶賛「大した人」 共演の「毎日かあさん」で批評家大賞”. まんたんウェブ. 毎日新聞デジタル (2011年5月28日). 2013年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  10. ^ a b “小泉今日子が舞台演出、プロデュースに初挑戦!「四谷怪談」モチーフに”. ステージナタリー. (2016年3月16日). http://natalie.mu/stage/news/179832 2016年3月16日閲覧。 
  11. ^ 日刊スポーツ 2017年7月26日
  12. ^ a b “小泉今日子さんが所属事務所から独立発表、豊原功補との恋愛関係認める”. スポーツ報知 (スポーツ報知). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180201-OHT1T50191.html 2018年2月1日閲覧。 
  13. ^ 小泉今日子 3億円自宅を売却!恋人苦境に決断、移動も電車に”. 女性自身. 光文社 (2019年8月6日). 2019年8月8日閲覧。
  14. ^ “小泉今日子からのご報告”. http://asatte.tokyo/2018/06/message/ 2018年6月18日閲覧。 
  15. ^ https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/238807
  16. ^ https://taishu.jp/articles/-/61251?page=1
  17. ^ “小泉今日子、全104タイトルのべ726曲が一斉サブスク解禁”. 音楽ナタリー. (2020年8月21日). https://natalie.mu/music/news/392982 2020年8月21日閲覧。 
  18. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/0b335def2390014e21ba330214348b932160dad0
  19. ^ 小泉今日子、週刊誌記事に憤慨「あんなウソを平気で書くなんてと腹立たしく思っている」”. 読売新聞 (2020年9月4日). 2020年9月4日閲覧。
  20. ^ 「『なんてったってアイドル』を歌うのは嫌でした」 小泉今日子 30年の軌跡” (2012年4月2日). 2016年9月3日閲覧。
  21. ^ 「小泉今日子 わがアイドル時代、そして『あまちゃん』のことを語る」『週刊現代』2013年9月21,28日合併号、講談社、 55頁。
  22. ^ 小泉今日子、共演者との恋愛は一度もなし! 結婚は自然な流れ…恋愛秘話を赤裸々告白!” (2012年7月26日). 2013年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月24日閲覧。
  23. ^ T字路(通常盤)作品詳細”. VICTOR ENTERTAMENT (2014年5月9日). 2014年5月9日閲覧。
  24. ^ あまちゃん“挿入歌”完成!”. NHK連続テレビ小説「あまちゃん」 - 公式サイト (2013年5月13日). 2013年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年5月18日閲覧。
  25. ^ 薬師丸、小泉が姉妹役でドラマ共演”. デイリースポーツ (2015年11月9日). 2015年11月9日閲覧。
  26. ^ 番組エピソード 空想・仮想・理想・妄想!『もしもドラマ』-NHKアーカイブス
  27. ^ 番組エピソード 家族の繋がりを育もう!【家族の日特集】-NHKアーカイブス
  28. ^ 黒柳徹子さんのエッセイをドラマ化!『トットてれび』制作決定!”. NHK ONLINE (2016年2月26日). 2016年2月26日閲覧。
  29. ^ 藤子・F「中年スーパーマン左江内氏」堤真一主演でドラマ化!福田雄一も参加”. コミックナタリー (2016年10月25日). 2016年10月25日閲覧。
  30. ^ “小泉今日子:“逃げ恥”枠で宮藤官九郎とタッグ 16年ぶりTBSドラマ主演”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年7月26日). https://mantan-web.jp/article/20170725dog00m200023000c.html 2017年7月26日閲覧。 
  31. ^ ドラマ「あの花」に小泉今日子、小日向文世らが出演!”. ニュースウォーカー (2015年9月1日). 2015年9月11日閲覧。
  32. ^ “小泉今日子、5年ぶり映画主演!二階堂ふみと母娘役で初共演”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2015年11月19日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/11/19/kiji/K20151119011536580.html 2015年11月19日閲覧。 
  33. ^ “小泉今日子主演『食べる女』に主役級女優ズラリ!沢尻エリカ×前田敦子×山田優ら”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年1月30日). https://www.cinematoday.jp/news/N0098044 2018年1月30日閲覧。 
  34. ^ 小泉今日子がTBSラジオ初パーソナリティ「あなたとラジオと音楽と」6月21日(日)20時から生放送”. TBSラジオ. 2020年6月13日閲覧。
  35. ^ 小泉今日子&風間杜夫が倦怠期の夫婦役に 岩松了作・演出『家庭内失踪』が上演”. シアターガイド (2015年8月24日). 2015年8月25日閲覧。
  36. ^ 共演は片桐はいり明治安田生命楽しむ・学ぶ > CMギャラリー > 「2つの保障 しあわせカフェ」篇 > 「しあわせカフェ」篇”. 明治安田生命. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月26日閲覧。
  37. ^ TOP > 楽しむ・学ぶ > CMギャラリー > 「2つの保障 うさりんとかめろんの歌」篇 > 「うさりんとかめろんの歌」篇”. 明治安田生命. 2014年2月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月27日閲覧。
  38. ^ TOP > 楽しむ・学ぶ > CMギャラリー > 「進化する保険 ベストスタイル誕生」篇 > 「進化する保険 ベストスタイル誕生」篇 30秒”. 明治安田生命. 2014年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月26日閲覧。
  39. ^ TOP > 楽しむ・学ぶ > CMギャラリー > CM「ベストスタイル あなたのスタイル」篇 >”. 明治安田生命. 2015年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年2月7日閲覧。
  40. ^ ELSIA TVCM & メイキング 2014年3月14日閲覧
  41. ^ ELSIA TVCM & メイキング 2014年9月14日閲覧
  42. ^ ELSIA TVCM & メイキング 2015年8月10日閲覧
  43. ^ 10月20日(火)午後8:53頃 一晩限りの60秒スペシャルCM 全国一斉オンエア”. ソフトバンク. 2015年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年10月8日閲覧。
  44. ^ “『明星 チャルメラ』新CMキャラクターに小泉今日子さんを起用!6月10日(金)から全国でオンエア開始”. 共同通信 PRワイヤー. (2016年6月7日). http://prw.kyodonews.jp/opn/release/201606031312/ 2016年6月7日閲覧。 
  45. ^ a b “小泉今日子に講談社エッセイ賞、穂村弘さんとともに受賞”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2017年7月21日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/07/21/kiji/20170720s00041000371000c.html 2017年7月21日閲覧。 
  46. ^ “第48回ブルーリボン賞”. シアターリーグ (moon-light). (2006年1月24日). http://www.moon-light.ne.jp/news/2006/01/48-1.html 2017年7月21日閲覧。 
  47. ^ “日刊スポーツ映画大賞 - 第18回主演女優賞 :”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2005年12月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/ns-cinema/2006/award/last-year_actress.html 2017年7月21日閲覧。 
  48. ^ “高崎映画祭に井筒監督、小泉今日子ら”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2006年3月26日). http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/f-et-tp1-20060326-11810.html 2017年7月21日閲覧。 
  49. ^ 第15回日本映画プロフェッショナル大賞”. 日本映画プロフェッショナル大賞. 2017年7月21日閲覧。
  50. ^ “第82回キネマ旬報ベスト・テン決定!1位は『おくりびと』”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2009年1月8日). https://www.cinematoday.jp/news/N0016495 2017年7月21日閲覧。 
  51. ^ “第33回報知映画賞”. 女性自身 (光文社). (2009年5月22日). https://jisin.jp/news/2382/411/ 2017年7月21日閲覧。 
  52. ^ 映画賞 受賞者一覧”. 山路ふみ子文化財団. 2017年7月21日閲覧。
  53. ^ “椎名林檎、小田和正、小泉今日子が芸術選奨を受賞”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2009年3月6日). http://natalie.mu/music/news/14093 2017年7月21日閲覧。 
  54. ^ “【第66回毎日映画コンクール】小泉今日子、元夫・永瀬に「間近で見て尊敬」永作博美のバレンタインは?”. ニュースラウンジ (株式会社モバイルメディアプロダクション). (2012年2月14日). http://newslounge.net/archives/9802 2017年7月21日閲覧。 
  55. ^ “小泉今日子、ギャラクシー賞個人賞受賞 役との共通点は「独身で仕事しかないところ」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2012年6月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2012495/full/ 2017年7月21日閲覧。 
  56. ^ “本木と小泉今日子に「放送文化基金賞」”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2012年6月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20120622-971493.html 2017年7月21日閲覧。 
  57. ^ 『あまちゃん』7冠! 東京ドラマアウォード2013授賞式”. オリコンスタイル. オリコン (2013年10月22日). 2016年9月3日閲覧。
  58. ^ 週刊ザテレビジョン2013 No.47』、角川マガジンズ、 3-10頁、2013年11月20日閲覧。
  59. ^ 「発表! 第81回ドラマアカデミー賞」『週刊ザテレビジョン関西版』第20巻33号(2014年8月22日号)、KADOKAWA、2014年8月22日、 22-26頁。
  60. ^ 第五十回 紀伊國屋演劇賞 決定のお知らせ”. 紀伊國屋書店 (2015年12月15日). 2015年12月17日閲覧。
  61. ^ 読売演劇大賞 第23回(2016年)受賞結果”. 表彰・コンクール(文化・スポーツ・国際)のお知らせ. 読売新聞. 2017年7月21日閲覧。
  62. ^ “第8回TAMA映画賞受賞作&受賞者決定 『オーバー・フェンス』と『団地』が最優秀作品賞に”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2016年10月6日). http://realsound.jp/movie/2016/10/post-2891.html 2017年7月21日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「小泉今日子」の関連用語

小泉今日子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



小泉今日子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小泉今日子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS