阿久悠とは?

あく‐ゆう〔‐イウ〕【阿久悠】


阿久悠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/17 10:07 UTC 版)

阿久 悠(あく ゆう、1937年2月7日 - 2007年8月1日[2])は、日本放送作家詩人作詞家小説家。本名、深田 公之(ふかだ ひろゆき)[3]淡路島兵庫県津名郡鮎原村、現:洲本市五色町鮎原)出身。第2回横溝正史ミステリ大賞、第45回菊池寛賞受賞。紫綬褒章旭日小綬章受章。




  1. ^ a b “阿久悠さんが尿管がんで死去”. デイリースポーツ. (2007年8月1日). オリジナルの2008年2月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080224061512/http://www.daily.co.jp/newsflash/2007/08/01/0000504071.shtml 2019年12月23日閲覧。 
  2. ^ 阿久悠さん尿管がんで死去、70歳”. nikkansports.com (2007年8月1日). 2020年7月31日閲覧。
  3. ^ a b c 宣弘社フォトニクル 2015, pp. 2-5, 「プロローグ」
  4. ^ 阿久悠『歌謡曲の時代 歌もよう人もよう』190頁。
  5. ^ a b 木村隆『この母ありて』 青蛙房 2010年 14-15頁
  6. ^ 阿久悠追想集!
  7. ^ 阿久悠追想 -2
  8. ^ 阿久悠追想3!
  9. ^ a b 宣弘社フォトニクル 2015, pp. 5、7
  10. ^ 濱口英樹(監修)『作詞家・阿久悠の軌跡 没後10年・生誕80年 完全保存版』リットーミュージック、2017年、178頁。ISBN 978-4-8456-3150-6
  11. ^ 『作詞家・阿久悠の軌跡 没後10年・生誕80年 完全保存版』14頁。
  12. ^ a b 『作詞家・阿久悠の軌跡 没後10年・生誕80年 完全保存版』15頁。
  13. ^ 阿久悠 『夢を食った男たち―「スター誕生」と黄金の70年代』(小池書院1997年7月)
  14. ^ 阿久悠さんのことー4.阿久さんと、その芸術ほぼ日刊イトイ新聞、2017年10月19日
  15. ^ “会いたい・2017年夏/3 阿久悠さん 政治家の詭弁を嘆く”. 毎日新聞. 毎日新聞社. (2017年8月9日). https://mainichi.jp/articles/20170809/dde/012/040/003000c 2017年8月26日閲覧。 
  16. ^ 阿久悠記念館
  17. ^ a b 【オリコン】秋元康氏、作詞シングル総売上が1億枚突破「驚いています」
  18. ^ a b c d 宣弘社フォトニクル 2015, p. 7, 「インタビュー 阿久悠」
  19. ^ 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー Vol.5 仮面ライダーX』講談社、2004年11月10日、27頁。ISBN 4-06-367094-5
  20. ^ 阿久は阪神の球団歌である「阪神タイガースの歌」(六甲おろし)は、(阪神が初の日本一になった)1985年まで知らなかったと記している。(『愛すべき名歌たち - 私的歌謡曲史』岩波新書、1999年)
  21. ^ 阿久が作詞家になってから阪神はこの2球団のどちらとも日本シリーズで対戦している。
  22. ^ 2006甲子園の詩 阿久悠オフィシャルページ
  23. ^ 『ガラスの小びん | 教科書 time travel | 教科書クロニクル | 光村図書出版』 2020年4月28日に確認
  24. ^ 『ACC CM年間'81』(全日本CM協議会編集、誠文堂新光社、1981年 29頁)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「阿久悠」の関連用語

阿久悠のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



阿久悠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿久悠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS