森昌子とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 歌手 > 演歌歌手 > 森昌子の意味・解説 

森 昌子

森昌子の画像 森昌子の画像
芸名森 昌子
芸名フリガナもり まさこ
性別女性
生年月日1958/10/13
星座てんびん座
干支戌年
血液型A
出身栃木県
身長154 cm
URLhttp://morimasako.jp
ブログURLhttps://ameblo.jp/masakomori/
デビュー年1972
靴のサイズ23 cm
プロフィール栃木県出身1971年、「スター誕生!」の初代グランドチャンピオンとなる。翌年弱冠13歳にして歌手デビューした曲『せんせい』が大ヒットし、その後圧倒的な歌唱力親しみやすいキャラクターで『同級生』、 『中学三年生』と続く学園三部作や、『おかあさん』、『なみだの桟橋』『哀しみ本線日本海』、『立待岬』など歴史に残る名曲次々と 世に送り出した。 1983年には『越冬つばめ』で第25回日本レコード大賞・最優秀歌唱賞を受賞し、1985年NHK紅白歌合戦』では最年少司会トリ務め国民的実力派歌手としての地位不動のものにするが、 1986年8月結婚のため引退2006年6月、『バラ色の未来』で再デビューし、同年NHK紅白歌合戦』に出場2007年にはコンサート全国周る傍らNHK連続テレビ小説どんど晴れ」』にヒロイン母親役としてレギュラー出演した。2008年4月1日個人事務所おんがく工房」を設立
代表作品1シングルせんせい
代表作品2シングルおかあさん
代表作品3シングル立待岬
職種音楽
趣味・特技映画鑑賞/美術館巡り/絵画鑑賞/韓流ドラマ

» タレントデータバンクはこちら

森昌子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/27 02:25 UTC 版)

森 昌子(もり まさこ、1958年昭和33年〉10月13日 - )は、日本の元アイドル・元歌手・元女優・元ものまねタレント。本名、森田 昌子(もりた まさこ)。栃木県宇都宮市出身。




  1. ^ 森昌子さん、年内で引退へ 「残された時間を考え…」 朝日新聞2019年3月25日
  2. ^ ただし1979年 - 1987年9月まではキャニオン・レコード名義。
  3. ^ とんねるず、テレ東初出演“裏話”も披露 サンケイスポーツ 2012年8月16日閲覧
  4. ^ 「スターの芸名はどうして作られたの 芸名をつけたエピソード」『近代映画』1976年10月号、近代映画社、 168頁。
  5. ^ 森昌子明日へ』舘野晴彦(編集)、菊地朱雅子(編集)、斉藤さゆり(構成)、幻冬舎、東京都渋谷区千駄ケ谷四丁目9番7号、2006年4月15日、初版(日本語)。ISBN 4-344-01154-6
  6. ^ テレビ朝日『徹子の部屋』2011年11月21日放映。
  7. ^ ファンの皆様へ 公式ブログ2019年3月25日
  8. ^ 森昌子さん、年内で引退へ 「残された時間を考え…」 朝日新聞2019年3月25日
  9. ^ 森昌子が年内いっぱいで芸能界引退「還暦の節目で」 日刊スポーツ2019年3月25日
  10. ^ BSフジ『歌人伝説』2012年3月24日放映
  11. ^ 関西テレビ『雨上がり食楽部』2011年11月19日放送より
  12. ^ 「連載リレー対談(14) おもしろまじめアナのちょっトーク ゲスト 森昌子 ホスト徳光和夫」『週刊読売』1983年12月25日号、読売新聞社、 34 - 37頁。
  13. ^ それから10年後の1987年第38回NHK紅白歌合戦でも、松原のぶえが当曲を歌唱している。
  14. ^ せんせい哀しみ本線日本海越冬つばめのメドレー
  15. ^ 雑誌「平凡」募集歌。
  16. ^ 森のペンネーム。
  17. ^ フランシス・ウィリアムズの「As Time Goes By」の日本語カバー。
  18. ^ 委託製作盤。八千代市・市制施行10周年記念楽曲。
  19. ^ 森と川中美幸黒柳徹子森口博子森進一の計5人による楽曲。「じゃがいもの会」活動20周年記念チャリティーソング。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「森昌子」の関連用語

森昌子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



森昌子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2020 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの森昌子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS