子宮頸癌とは? わかりやすく解説

しきゅうけい‐がん【子宮××癌】


子宮頸癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 14:02 UTC 版)

子宮頸癌(しきゅうけいがん、: cervical cancer)は、子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する。そこに生じる悪性の上皮性病変(癌)のこと[1]


  1. ^ a b c d 杉山二郎 『産科婦人科学講義ノート』2000、p88
  2. ^ a b c d e 国立感染症研究所、「資料3-3 ヒトパヒローマウイルス(HPV)ワクチンに関するファクトシート (PDF) 」、第11回 厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会、厚生労働省、2010年7月7日。
  3. ^ がん治療 子宮頸がん | 九州労災病院”. www.kyushuh.johas.go.jp. 2022年6月3日閲覧。
  4. ^ 福島県立医科大学医学部 耳鼻咽喉科学講座教授 室野重之. “咽頭における高リスク型HPVの感染と中咽頭癌バイオマーカーとしての意義”. H29_第40集_大和証券_研究業績. 2021年6月7日閲覧。
  5. ^ 「反省文を掲載しなさい」堀江貴文氏がHPVワクチンをめぐる朝日新聞に言及” (日本語). 東スポWeb. 東京スポーツ新聞社. 2021年7月3日閲覧。
  6. ^ HPVワクチンへの誤解を解きたい、子宮頸がんの犠牲者を減らしたい──専門医の訴え” (日本語). wezzy|ウェジー. サイゾー. 2021年6月10日閲覧。
  7. ^ 新型コロナ「反ワクチン報道」にある根深いメディアの問題(ニッポン放送)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年6月10日閲覧。
  8. ^ がん種別統計情報”. 国立研究開発法人国立がん研究センター. 2021年11月29日閲覧。
  9. ^ 子宮頸部mates_country/en/index.html”. WHO Disease and injury country estimates. World Health Organization (2009年). 2009年11月11日閲覧。
  10. ^ 子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために”. 公益社団法人 日本産科婦人科学会. 2021年1月7日閲覧。
  11. ^ 基礎知識 子宮頸癌(しきゅうけいがん) 国立がん研究センター、更新日2016年07月13日
  12. ^ Graham, David J; Campen, David; Hui, Rita; et al. (2005). “Risk of acute myocardial infarction and sudden cardiac death in patients treated with cyclo-oxygenase 2 selective and non-selective non-steroidal anti-inflammatory drugs: nested case-control study”. The Lancet 365 (9458): 475-481. doi:10.1016/S0140-6736(05)70270-1. PMID 15705456. 
  13. ^ 西山彰彦 (2016年2月7日). “がん10年生存率公表 平均58%、部位で差”. 日本経済新聞 朝刊. https://style.nikkei.com/article/DGXKZO97020060W6A200C1TZQ001 2018年4月10日閲覧。 
  14. ^ a b がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究班、がん検診嗚評価とあり方に関する研究班(共に厚生労働省 がん研究助成金)「子宮頸がん検診ガイドライン・ガイドブック」 『有効性評価に基づく子宮頸がん検診ガイドライン』、2009年10月https://minds.jcqhc.or.jp/n/med/4/med0071/G0000193/0049 
  15. ^ 母親の子宮頸がんが子どもに移行する現象を発見”. 国立研究開発法人国立がん研究センター (2021年1月7日). 2021年1月7日閲覧。
  16. ^ “母の子宮頸がん、子に移行 羊水に混入、肺がんに―世界初・国立がん研究センター”. 時事ドットコムニュース. (2021年1月7日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021010700322&g=soc 2021年1月7日閲覧。 
  17. ^ “Smoking habit, immune suppression, oral contraceptive use, and hormone replacement therapy use and cervical carcinogenesis: A review of the literature”. Gynecological Endocrinology 27 (8): 597-604. (2011). doi:10.3109/09513590.2011.558953. PMID 21438669. 
  18. ^ Stuart Campbell; Ash Monga (2006). Gynaecology by Ten Teachers (18 ed.). Hodder Education. ISBN 0-340-81662-7 
  19. ^ Dillman, edited by Robert K. Oldham, Robert O. (2009). Principles of cancer biotherapy (5th ed.). Dordrecht: Springer. p. 149. ISBN 9789048122899. オリジナルの2015-10-29時点におけるアーカイブ。. https://books.google.com/books?id=emGC_fRJH_IC&pg=PA149 
  20. ^ “Epidemiologic classification of human papillomavirus types associated with cervical cancer”. N. Engl. J. Med. 348 (6): 518-27. (2003). doi:10.1056/NEJMoa021641. PMID 12571259. 
  21. ^ a b c National Institutes of Health, National Cancer Institute: PDQ® Cervical Cancer Prevention Archived 2015-04-08 at the Wayback Machine.. Bethesda, MD: National Cancer Institute. Date last modified 12/17/2015. Accessed 05/20/2015.
  22. ^ I 進行期分類 / 臨床進行期分類(日産婦2011,FIGO 2008)〔子宮頸癌取扱い規約 第3版(2012年)〕 日本癌治療学会」
  23. ^ American Academy Of family physicians (2016年8月). “Pap Tests - When you need them-and when you don’t”. Choosing Wisely. 2018年4月10日閲覧。
  24. ^ OECD, OECD Health Data 2013, June 2013.諸外国のがん検診データ 日本医師会
  25. ^ 子宮頸がん検診について 国立がん研究センターがん情報サービス(2019年9月2日)
  26. ^ a b 健康診断結果の見方:子宮がん検診(子宮頸部細胞診) 日本予防医学協会
  27. ^ “Human papillomavirus is a necessary cause of invasive cervical cancer worldwide”. J. Pathol. 189 (1): 12-9. (1999). doi:10.1002/(SICI)1096-9896(199909)189:1<12::AID-PATH431>3.0.CO;2-F. PMID 10451482. 
  28. ^ “Persistent high risk HPV infection associated with development of cervical neoplasia in a prospective population study”. J. Clin. Pathol. 58 (9): 946-50. (2005). doi:10.1136/jcp.2004.022863. PMC 1770812. PMID 16126875. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1770812/. 
  29. ^ HPV triage and test of cure in the cervical screening programme in England”. Public Health England. 2014年7月28日閲覧。
  30. ^ a b “Evaluation of human papillomavirus testing in primary screening for cervical abnormalities: comparison of sensitivity, specificity, and frequency of referral”. JAMA 288 (14): 1749-57. (2002). doi:10.1001/jama.288.14.1749. PMID 12365959. 
  31. ^ a b c “Management of women who test positive for high-risk types of human papillomavirus: the HART study”. Lancet 362 (9399): 1871-6. (2003). doi:10.1016/S0140-6736(03)14955-0. PMID 14667741. 
  32. ^ “Virologic versus cytologic triage of women with equivocal Pap smears: a meta-analysis of the accuracy to detect high-grade intraepithelial neoplasia”. J. Natl. Cancer Inst. 96 (4): 280-93. (2004). doi:10.1093/jnci/djh037. PMID 14970277. 
  33. ^ Colposcopy and Treatment of Cervical Intraepithelial Neoplasia: A Beginner's Manual
  34. ^ ASCUS-LSIL Traige Study (ALTS) Group (2003). “Results of a randomized trial on the management of cytology interpretations of atypical squamous cells of undetermined significance”. Am. J. Obstet. Gynecol. 188 (6): 1383-92. PMID 12824967. 
  35. ^ “Papanicolaou smears and cervical inflammatory cytokine responses”. J Inflamm (Lond) 4: 8. (2007). doi:10.1186/1476-9255-4-8. PMC 1868022. PMID 17456234. http://www.journal-inflammation.com/content/4//8. 
  36. ^ Solomon, C. G.; Solomon, M.; Solomon, D. (2013). “Cervical-Cancer Screening with Human Papillomavirus and Cytologic Cotesting”. New England Journal of Medicine 369 (24): 2324-2331. doi:10.1056/NEJMcp1210379. PMID 24328466. 
  37. ^ 子宮頚部細胞診 - ベセスダシステム(医会分類) 日本予防医学協会
  38. ^ “子宮頸がん、hrHPV検査が高検出率/BMJ”. CareNet. (2019年2月15日). https://www.carenet.com/news/journal/carenet/47501 2019年10月28日閲覧。 
  39. ^ Rebolj, Matejka; Rimmer J, Denton K, Tidy J, Mathews C, Ellis K, Smith J, Evans C, Giles T, Frew V, Tyler X, Sargent A, Parker J, Holbrook M, Hunt K, Tidbury P, Levine T, Smith D, Patnick J, Stubbs R, Moss S, Kitchener H. (2019 Feb 6). “Primary cervical screening with high risk human papillomavirus testing: observational study.”. BMJ (BMJ Publishing Group Ltd) 364: l240. doi:10.1136/bmj.l240. PMID 30728133. https://www.bmj.com/content/364/bmj.l240.long 2019 Oct 28閲覧。. 
  40. ^ a b 杉山二郎 『産科婦人科学講義ノート』2000、p94
  41. ^ a b c 杉山二郎 『産科婦人科学講義ノート』2000、p95
  42. ^ a b c CDC(アメリカ疾病予防管理センター) Cervical Cancer Prevention
  43. ^ HPVワクチン、日本でも男性に接種拡大へ 12月4日に厚労省審議会で審査”. BUZZ feed japan (2020年11月20日). 2020年12月3日閲覧。
  44. ^ Self Care - It's OK to Peek! How to perform self cervical and vaginal examination
  45. ^ Beautiful Cervix Project
  46. ^ Cervical Cancer: Prevention and Early Detection American Cancer Society
  47. ^ 高須克弥さんが「子宮頸がんはコンドームで防げる」という誤った情報を拡散、その後謝罪”. BuzzFeed. 2020年2月6日閲覧。
  48. ^ 子宮頸がんに対する妊孕性温存術式 - 慶應義塾大学医学部 産婦人科学教室、2018年1月14日閲覧
  49. ^ 手術との比較成績 子宮頸癌”. 東京大学放射線科放射線治療部門. 2021年11月29日閲覧。
  50. ^ 八倉巻尚子 (2020年7月7日). “[https://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cancernavi/report/202007/565728.html 子宮頸がんの若年化で変わってきた手術の術式 妊孕性を温存する広汎子宮頸部切除術が普及]”. がんナビ. 2021年11月29日閲覧。
  51. ^ Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2012; 82: e49-56
  52. ^ 八倉巻尚子 (2019年7月31日). “日本婦人科腫瘍学会より 照射技術が向上した子宮頸がんの放射線治療(1)臨床病期ごとの標準治療”. がんナビ. 2021年11月29日閲覧。
  53. ^ 清野透、、(構成)飯塚りえ「進化した次世代ワクチンへの期待と可能性:シリーズ がんから身をまもる 第1回 子宮頸がん」 (pdf) 『ヘルシスト』第223号、2014年1月、 20-23頁。


「子宮頸癌」の続きの解説一覧

子宮頚癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 09:55 UTC 版)

遠隔転移のない子宮頚癌に小線源治療用いられる外照射小線源治療併用療法は、外照射単独よりも治療成績が良い小線源治療正確に行えば子宮頚部に高線量投与し隣接する臓器線量最低限にすることが可能である

※この「子宮頚癌」の解説は、「小線源治療」の解説の一部です。» 「小線源治療」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「子宮頸癌」の例文・使い方・用例・文例

  • 子宮頸癌
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

子宮頸癌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子宮頸癌のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子宮頸癌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの小線源治療 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS