子宮体癌とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 子宮体癌の意味・解説 

しきゅうたい‐がん【子宮体×癌】

読み方:しきゅうたいがん

子宮癌のうち子宮体部の子宮内膜に発生する癌。罹患(りかん)率は40歳代後半から増加し5060歳代で最も高くなる肥満糖尿病高血圧女性に多いとされる子宮内膜癌。→子宮頸癌

[補説] 子宮体部にできる悪性腫瘍には、ほかに子宮肉腫がある。子宮肉腫子宮体部の子宮筋にできる悪性腫瘍で、良性腫瘍である子宮筋腫とは異なる。


子宮体癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/09 09:57 UTC 版)

子宮体癌(しきゅうたいがん)とは、子宮腔側の上皮組織である子宮内膜から生じる子宮癌腺癌)である[1]。 

概要

子宮体癌の始めの症状は、月経に関係しないからの出血である[1]。この出血の程度によっては、血がおりものに混ざり褐色になることもある[2]。その他の症状には排尿での痛み(排尿障害[1]性交での痛み(性交疼痛症英語版[1]、下腹部の痛み[2]などがある。子宮体癌が最も多く発生するのは更年期の後である。

子宮体癌患者の約 40% が肥満であり[3]、実際に肥満は子宮体癌の原因のひとつとされている[4]。また、出産経験が無い[4][1]閉経が遅い[4][1]乳癌の治療で用いられるタモキシフェンの服用[4][1]更年期障害の治療で用いられるエストロゲンの服用[4][1]、月経を幼少期に迎えた[1]糖尿病[4]、近親者に大腸癌患者が居る[4]、月経不順(無排卵月経(無排卵性月経周期、無排卵周期症、無排卵性周期症などとも)[5]、高齢[6]なども、子宮体癌の原因である。

日本での子宮体癌の予防には、禁煙[4][7]、節度のある飲酒[4][7]、バランスの良い食事[4][7][8]野菜果物の摂取[7]、適度な運動の実践[4][7][8]、太り過ぎない[7]、痩せ過ぎない[7]などが効果的と言われている。

子宮体癌の検査には、膣から子宮内に細いチューブやブラシを入れ、子宮内膜の細胞を少し採取し、この検体(細胞診検体)から癌の細胞があるかどうかを検査する細胞診断、膣に手を入れて検査する内診肛門に手を入れて検査する直腸診血液検査尿検査で癌の種類により特徴的に産生される物質「腫瘍マーカー」の成分を検査する腫瘍マーカー検査などがある[9]

子宮体癌の一番有数な治療法は子宮、卵管、そして卵巣の摘出である。

国立がん研究センターによれば、2019年女性の子宮体癌患者数は、乳癌、大腸癌、肺癌胃癌膵臓癌に次いで5位で17880名である[10]。1980 - 2010の間に、多くの国で子宮体癌の率がどんどん上がってきている、それは高齢者と肥満が増えるのが原因だと考えられている。

子宮体癌になった人物

(アイウエオ順)

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i Endometrial Cancer Treatment (PDQ®)–Patient Version - NCI”. 2023年5月16日閲覧。
  2. ^ a b 子宮体がん(子宮内膜がん):[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]”. 2023年5月16日閲覧。
  3. ^ International Agency for Research on Cancer (2014). World Cancer Report 2014. World Health Organization. Chapter 5.12. ISBN 978-92-832-0429-9 
  4. ^ a b c d e f g h i j k 子宮体がん(子宮内膜がん) 予防・検診:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]”. 2023年5月16日閲覧。
  5. ^ 子宮体がん|公益社団法人 日本産科婦人科学会”. 2023年5月16日閲覧。
  6. ^ Adjuvant chemotherapy for advanced endometrial cancer - PMC”. 2023年5月16日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g 科学的根拠に基づくがん予防:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]”. 2023年5月16日閲覧。
  8. ^ a b 子宮体がん | 生活習慣病 | 生活習慣病を予防する 特定非営利活動法人 日本成人病予防協会”. 2023年5月16日閲覧。
  9. ^ 子宮体がん(子宮内膜がん) 検査:[国立がん研究センター がん情報サービス 一般の方へ]”. 2023年5月16日閲覧。
  10. ^ cancer_incidenceNCR(2016-2019).xls”. 2023年5月16日閲覧。
  11. ^ WEB ザ テレビジョン 2024/1/31(水) 9:00配信 https://thetv.jp/news/detail/1177873/ 閲覧日2024年5月6日
  12. ^ ヨミドクター 2024年2月25日 「[日本エレキテル連合 中野聡子さん](上)子宮体がんで子宮全摘手術…「喪失感はありません。好きなように生きます」」 https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20240215-OYTET50000/ 閲覧日2024年5月6日
  13. ^ 藤あや子、初期の子宮体がんを公表「先日、子宮と卵巣の全摘手術を受けました」 - サンケイスポーツ、2024年5月7日配信、5月9日閲覧
  14. ^ 産経新聞アーカイブ「病と生きる」銀座のクラブママ・ますい志保さん 子宮体がん克服、「謙虚さと自信」を身に付けるhttps://www.sankei.com/article/20231125-QMPNHDHB6NE67EBORY63AT35TY/ 閲覧日2024年5月6日
  15. ^ FANY https://magazine.fany.lol/153274/ 閲覧日2024年5月6日 「子宮の検査には「子宮頸がん」と「子宮体がん」があって、私がしたものは「子宮頚がん」の検査だった。そもそも子宮がんの検査にその2種類があることを知らなかったし、「子宮がんは大丈夫です」と言われたので、それで「あ、よかった」と安心してしまったんですよね。」
  16. ^ 村田喜代子『焼野まで』ISBN-13 ‏: ‎978-4022513588
  17. ^ がんサポート 2019年5月 https://gansupport.jp/article/document/document01/17246.html 閲覧日2024年5月6日

子宮体癌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 01:49 UTC 版)

ホルモン療法」の記事における「子宮体癌」の解説

子宮体癌は、女性ホルモンエストロゲンによって増悪する。 そのため、逆に抑制働く女性ホルモン黄体ホルモン投与してこれに対抗する副作用として、血栓症肝機能障害起こす場合がある。

※この「子宮体癌」の解説は、「ホルモン療法」の解説の一部です。
「子宮体癌」を含む「ホルモン療法」の記事については、「ホルモン療法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「子宮体癌」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「子宮体癌」の関連用語

子宮体癌のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子宮体癌のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子宮体癌 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホルモン療法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS