子宮とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 一部 > 子宮の意味・解説 

し‐きゅう【子宮】


子宮

受胎 1は、精子 4による卵子 3受精 2結果であり、妊婦妊娠状態 5あるいは妊娠期間 5開始を指す。受胎の成果 6妊娠経過と共に順次、胚 7胎児 7呼ばれる。胚が胎児になる瞬間ははっきりとは決まっていない一部学者はそれを、子宮内の生命12週目または3ヶ月目の最後決めているが、受胎後8週目以後生命発達段階胎児態と呼ばれることが多い。卵着床 8とは子宮 9内膜卵子着床することを指すが、この過程受精数日で起こる。


子宮

英訳・(英)同義/類義語:uterus

哺乳動物特有の雌性生殖器官。
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  子嚢  子嚢果  子実体  子宮  子房  子房壁  子葉

子宮

【仮名】しきゅう
原文uterus

女性骨盤内にある小型中空洋ナシの形をした臓器。この臓器の中で胎児発育する。「womb(子宮)」とも呼ばれる

子宮

【仮名】しきゅう
原文womb

女性骨盤内にある洋ナシのような形をした中空小さな臓器。この臓器胎児発育の場となる。「uterus(子宮)」とも呼ばれる

子宮

【英】Uterus
読み方しきゅう

哺乳類の雌における受精卵着床し母体連絡しながら、分娩までの一定期間発育をとげるための器官雌性生殖器

コブクロ(子宮)

コブクロ豚の若い雌から得られ1つが70g程度です。味は淡白歯切れ良く網焼や煮こみに良く合います。100g中に脂肪は0.6g、カロリー72Kcal前後目立って低く豚肉の中で最も低カロリーヒレ肉比べても、その半分しかありません。

子宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/10 06:53 UTC 版)

子宮(しきゅう、: Uterus)とは、哺乳類における単孔類を除く)の生殖器の一つである。


  1. ^ 『和漢音釈書言字考節用集』-、1717年。 
  2. ^ 子宮頸がんの治療”. 近畿大学病院 Kindai University Hospital. 2023年9月30日閲覧。
  3. ^ Self Care - It's OK to Peek! How to perform self cervical and vaginal examination
  4. ^ Beautiful Cervix Project
  5. ^ 男性にも「前立腺小室」と呼ばれる子宮があるのはなぜ?”. 日刊ゲンダイヘルスケア. 2020年10月8日閲覧。
  6. ^ 松田知己、山田幸隆、三宅弘治「ミュラー管遺残症候群の2例」『泌尿器科紀要』第40巻第10号、泌尿器科紀要刊行会、1994年8月、893-895頁、hdl:2433/115374 
  7. ^ 「コブクロ」(豚の子宮)は臭みを抜く - 日経トレンディネット


「子宮」の続きの解説一覧

子宮(しきゅう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 06:02 UTC 版)

魚類用語」の記事における「子宮(しきゅう)」の解説

サメ類の輸卵管膨大部

※この「子宮(しきゅう)」の解説は、「魚類用語」の解説の一部です。
「子宮(しきゅう)」を含む「魚類用語」の記事については、「魚類用語」の概要を参照ください。


子宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 09:36 UTC 版)

妊娠」の記事における「子宮」の解説

排卵後の卵胞は「黄体」となり、「黄体ホルモンプロゲステロン)」を分泌する。「黄体ホルモン」は子宮を着床適した状態に整える。この黄体寿命妊娠成立しなければ排卵から約14日前後で、黄体ホルモン分泌終わって子宮内膜保持できなくなると、月経が起こる。

※この「子宮」の解説は、「妊娠」の解説の一部です。
「子宮」を含む「妊娠」の記事については、「妊娠」の概要を参照ください。


子宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/29 08:17 UTC 版)

胎生」の記事における「子宮」の解説

子宮とは、雌親の体内胎児育成する袋状あるいは管状器官のことである。子宮は普通、輸卵管一部から形成される。子宮の中で胎児育っている状態を妊娠と呼ぶ。受精卵が子宮に入り妊娠が始まる。妊娠子供出産によって終わる。あるいは子供成育失敗などによって流産で終わる場合もある。妊娠始まりから出産までの期間を妊娠期間と言い動物の種ごとに一定である。

※この「子宮」の解説は、「胎生」の解説の一部です。
「子宮」を含む「胎生」の記事については、「胎生」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「子宮」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

子宮

出典:『Wiktionary』 (2021/09/24 14:10 UTC 版)

名詞

しきゅう

  1. (解剖学) 単孔類を除く哺乳類メスが持つ生殖器1つにあり、妊娠時に体内胎児育て場所

複合語

翻訳

参照


「子宮」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



子宮と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「子宮」の関連用語

子宮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



子宮のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2024 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
サイボクサイボク
Copyright(C)2024株式会社埼玉種畜牧場
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの魚類用語 (改訂履歴)、妊娠 (改訂履歴)、胎生 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの子宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS