軟骨とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > 軟骨 > 軟骨の意味・解説 

なん‐こつ【軟骨】


軟骨

【仮名】なんこつ
原文cartilage

関節覆ったり、鼻や耳、喉頭などを始めとする一部部位骨組み作ったりしている、丈夫で柔軟性のある組織

軟骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/16 19:39 UTC 版)

軟骨(なんこつ、仏: 英: cartilage、: Knorpel)は、軟骨細胞とそれを取り囲む基質からなる結合組織である。組織中には血管神経リンパ管が見られない。弾力性があり、脊椎動物に比較的発達している。




「軟骨」の続きの解説一覧

軟骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 07:56 UTC 版)

軟骨魚綱」の記事における「軟骨」の解説

軟骨魚類硬骨魚類のような硬骨ではなく、軟骨で全身骨格形成する脊椎動物頭蓋骨は、もっとも原始的な脊椎動物である板皮類皮骨起源で(三木成夫)、本来、硬骨であり、軟骨魚頭蓋骨二次的に軟骨化したものである。エドウィン・ハリス・コルバートは、硬骨魚硬骨の方がより原始的な特徴とし、デイビッド・アッテンボローもこの説を支持している。もちろんこれは骨格構造の話であり、それ以外部分について軟骨魚類硬骨魚類よりも原始的な特徴を持つ事と無関係である。 歯は系統発生上も個体発生上も上皮組織由来だが、通常の硬骨より硬く緻密である。また、直接歯を支え顎骨硬骨の場合が多いが、歯ほど緻密ではない。 そのため、サメ類化石はほとんど歯し見つからない。軟骨は長い時間の中で分解されてしまうからであるそこからサメの歯の化石サメの物と思われ日本では天狗の爪」などと呼ばれる俗信生まれた

※この「軟骨」の解説は、「軟骨魚綱」の解説の一部です。
「軟骨」を含む「軟骨魚綱」の記事については、「軟骨魚綱」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「軟骨」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

軟骨

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 07:33 UTC 版)

名詞

なんこつ

  1. (骨格, 食品) やわらかい弾力のある結合組織焼き鳥などでは食用として供される

発音(?)

な↗んこつ

対義語

派生語


「軟骨」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



軟骨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

軟骨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



軟骨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの軟骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの軟骨魚綱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの軟骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS