骨端軟骨とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > 軟骨 > 骨端軟骨の意味・解説 

骨端軟骨

読み方こつたんなんこつ
【英】:Cartilago epiphysialis,Epiphysial cartilage

骨幹骨端軟骨性の骨原基中でそれぞれ別個の骨化中心から形成される。両者の間には板状の骨端軟骨が介在し、若年者ではそのその部で骨の長軸成長が行われる。この時期には骨端軟骨を挟んで骨端側と骨幹側に薄い骨質存在するが、軟骨成長停止すると、両側の骨質板との境界から内部に向かって軟骨基質石灰化進行する。その後、この石灰化軟kのつと両側の骨質板との境界から内部に向かって軟骨基質石灰化進行する。その後、この石灰化軟骨両側の骨質板に部分的破壊吸収起こり、それが拡大するとともに新しい骨形成もあって、骨幹骨端内部構造ひと続きのものとなり、骨は完成する。このとき、骨化した骨端軟骨の一部骨端線として残ることがある。[臨床]骨端軟骨板は成長期の骨において、骨の長さ増大もたらすために重要である。この場所を占め硝子軟骨外傷感染食事運動内分泌障害などによる悪影響を受ければ、骨変形や骨機能不全来す例え大腿骨では、過度荷重機械ストレスのために近位骨端軟板への血流外傷後に不足する状態が続けば、四肢は短くなる。

骨端軟骨

読み方こつたんなんこつ
学名Cartilago epiphysialis
【英】:Epiphysial cartilage

長骨長さ成長は、骨自身成長するのではなく土台になる軟骨成長し、これが、骨に置きかわることによって行われる軟骨成長骨端骨幹の境の増殖帯でおこる。すなわち、この部分軟骨細胞長軸方向に活発に分裂することによって軟骨長さ伸びる一方骨幹の側で軟骨変性除去され、骨組織置換されていく。同様の骨による置換骨端部でも後になっておこる。こうして骨端骨幹の境に骨端軟骨と呼ばれる軟骨の層が形成される。軟骨成長よりも、破壊の方が早く進めば、骨端軟骨は薄くなる。骨端軟骨が完全に置き換えられると(骨端閉鎖)、骨の成長止まるX線像骨端線として見えるのは、閉鎖した骨端軟骨である。長骨における骨端閉鎖はだいたい12歳から24歳ぐらいの間におこる。

 


骨端軟骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/06/22 04:36 UTC 版)

骨端軟骨(こったんなんこつ、英:epiphyseal cartilage)とは骨端と骨幹を区別する軟骨骨端板成長板とも呼ばれる。硝子軟骨により構成され、の成長が止まるまで維持される。




「骨端軟骨」の続きの解説一覧





骨端軟骨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

骨端軟骨に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「骨端軟骨」の関連用語

骨端軟骨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

腰椎

胸肋関節

寛骨

仙腸関節

胸郭

膝関節

大腿骨

脛腓関節





骨端軟骨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2017 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2017 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの骨端軟骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS