骨形成とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > 骨形成の意味・解説 

骨形成

英訳・(英)同義/類義語:bone formation

骨は常に分解と再形成繰り返し更新されている。その形成関わる部分
「生物学用語辞典」の他の用語
現象や動作行為に関連する概念:  酵素化学  高木限界  骨吸収  骨形成  婚姻色  根圧  再分極

骨形成

読み方こつけいせい
【英】:Osteogenesis

骨の形成間葉細胞特殊化した骨芽細胞による。骨芽細胞初め軟らかい基質膠原線維から成る類骨質という細胞間質分泌する。骨芽細胞から骨細胞ができてくる。単球由来とされる破骨細胞は骨の改造のさい常に協力して働く。骨の発生はつねに既存結合組織骨組織置換されることによって行われる。これに2種類の様式がある。一つ胎生期の原始結合組織中に直接骨組織ができてくるもので、膜性骨発生(膜内骨化)といい、頭蓋冠構成する扁平骨下顎骨一部鎖骨などがこの様式をとる。このようにしてできる骨を膜性骨または付加骨という。他の一つは骨形成部にはじめ軟骨モデルができ、これが骨組織置き換えられていくもので、軟骨性骨発生または置換骨とよばれる軟骨骨化軟骨内部始まり、とくに骨端領域現れてくる。骨端長骨両端にあり、この骨の軸の部分骨幹といわれる軟骨外骨化は軟骨膜から始まるが、骨幹に限られている。その過程結合組織性骨化と同じである。骨端との骨幹境界には骨端軟骨があり、この軟骨縦方向の成長必須ののである骨端接合部隣接する骨幹部分骨幹端といわれ、骨化の際まず最初に軟骨造成してくるところである。骨端軟骨内部では層をなして骨形成過程進行する。まずはじめ骨端には硝子軟骨質の鮮明軟骨質鮮明軟骨対がみられるが、この帯域骨端接合部においける骨形成の影響を受けない。この「静止している」軟骨(zone of resting cartilage)に隣接して成長zone of proliferating cartilage cellsである柱状軟骨帯がある。ここで分裂によって軟骨細胞増殖が起こる。その次の層は骨幹近く位置し、大きな空胞状の軟骨細胞のある成熟骨帯で、ここではすでに石灰化みられる予備石灰化zone of provisional calcificationとも呼ばれる)。この層に接して軟骨破壊zone of caertilage breakdown骨化zone of ossificationが続く。この領域では軟骨破軟骨細胞によって壊され、骨芽細胞によって置換骨がつくられてくる。ここにはまだ軟骨所々残っているので、骨幹内にみられる軟骨内骨は骨幹周囲軟骨外骨化による付加骨とは区別することができる。軟骨内骨は成熟によって2次的に置き換えられていく。軟骨内骨の破壊は遊走してきた破骨細胞によっておこる。結合組織性骨化と軟骨性骨化いずれの様式をとるにせよ、胎生期の原始結合組織のなかで骨組織への骨芽細胞周辺膠原線維有機基質のみからなり石灰化ていない薄層を骨様組織(Textus osteoideus)とよぶ。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「骨形成」の関連用語

骨形成のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



骨形成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2018 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2018 船戸和弥のホームページ All rights reserved.

©2018 Weblio RSS