下顎骨とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > > > 下顎骨の意味・解説 

かがく‐こつ【下顎骨】

下あごをつくる、U字状の骨。顔面の骨の中で最も大きい。左右両端側頭骨顎関節をなす。


かがく‐こつ【下顎骨】

〔名〕 下あご支柱をなす馬蹄(ばてい)形の骨。顎関節によって頭蓋骨(ずがいこつ)に結びついている

解体新書(1774)二「連下腭骨及稜骨、三対筋者、従頷連舌筋


下顎骨

読み方かがくこつ
【英】:Mandibula,Mandible

下顎支え頭蓋顎関節をつくる骨で、平な馬蹄形の部(下顎体)と、その後端から上方に向かう部(下顎枝)に分けられる。本来有対の骨として生じ、生後1年目下顎底前端癒合して一つの骨となる。下顎体の上縁は歯槽部で、下縁下顎底という。歯槽部には各側8本の歯をいれる八つのへこみ(歯槽)があり、全体として歯槽弓をつくる。各歯槽境する骨壁を間中隔といい、大臼歯歯槽はさらにその歯根の間を隔てる低い根管中隔分けられている。体の正中線上前面で左右の骨が癒合した部分高まり、その下縁三角形をなして突出オトガイ隆起)し、ヒト特徴であるオトガイをつくる。その外側下縁接す小突出部をオトガイ結節という。外面ではオトガイ結節から斜線下顎枝前縁に向かう。また第2小臼歯下方オトガイ孔がある。下顎体内面には前方正中部に四つ隆起からなるオトガイがあり、上二つオトガイ舌筋下二つはオトガイ舌骨筋がつく。その下外側下縁切歯卵形のへこみ(二腹筋窩)がある。そこから斜め下顎枝前縁に向かう線(顎舌骨筋線)があり、左右のこの線の間をはる顎舌骨筋が口底をつくる。この線の上前はへこみ(舌下腺窩)、またこの線の下方、第2~3大臼歯の所もへこむ(顎下線窩)。下顎底下顎枝にうつる所は下顎角といわれ、小児鈍角であるが成長とともに直角に近づく下顎枝の上縁は深い切れ込み下顎切痕)によって二つ突起分かれ、前のもの(筋突起)には側頭筋がつき、後のもの関節突起)の先に楕円形の下顎頭があて、側頭骨鱗部にある関節窩顎関節作る下顎頭の下はすこしくびれ(下顎頚)、その前面外側翼突筋のつく翼突筋窩がある。下顎枝外面は平らで下顎角近く咬筋のつく咬筋粗面内面には内側翼突筋のつく翼突筋粗面がある。下顎枝内面中央には下顎孔があり、その前縁上内方に尖り下顎小舌口腔から触れるので、下歯槽神経伝達麻酔の際、針をさす指標となる。下顎孔後下から溝(顎舌骨筋神経溝)が出て前下方に斜めに向かう、この上高まり顎舌骨筋線である。下顎管下顎孔からはじまり下顎体中央二分し、外側管はオトガイ孔外側にひらき、内側管は切歯のそばに終わるが、その経過中に歯槽に向かって小管を出している。有顎下顎支配する骨格は本来下軟骨Meckel軟骨)で、上顎支配する支持する軟骨は(口蓋方形軟骨)と顎関節をつくる。ともに鰓弓軟骨変化したものである。硬骨魚類では下顎軟骨のまわり若干皮骨が生じて下顎支えそのうち外面にあり、顎縁の歯をつけた大きい歯を歯骨という。顎関節下顎軟骨口蓋方形軟骨それぞれの後部化骨物(関節骨と方骨)の間につくられる。両棲類爬虫類も同じ状態であるが、哺乳類では歯骨のみが大きくなって下顎骨となり、顎関節歯骨と燐骨(側頭骨鱗部に相当する骨)の間に新生されたものである。そして関節骨と方骨ツチ骨キヌタ骨になっている多く哺乳動物では下顎骨は生体でも対をなした状態にとどまっている。Mandibulaはmandere(噛む)という動詞由来し、語尾のbulaは「道具」を意味する接尾辞である。下顎骨にはすべての咀嚼筋が付。

A02115001a.jpg (19799 バイト)

A02115001b.jpg (18723 バイト)

A02115001c.jpg (19716 バイト)


下顎骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/15 06:49 UTC 版)

ヒトの下顎骨は、上顎骨と対になっている骨であり、頭蓋の顔面骨の中で一番大きく、強い骨である。下顎のを釘植する。水平のU字状上に曲がっている下顎体と、その両端に垂直につく二つの下顎枝からなる。


  1. ^ 森ら, p.89
  2. ^ a b c 森ら, p.91
  3. ^ "Mandibular plane | Spanish 24.7±5.9 | Japanese 27.0±5.2" Shimizu, et al. (2018) Comparison of cephalometric variables between adult Spanish and Japanese women with class i malocclusion. doi:10.4103/jos.JOS_66_18
  4. ^ "Frankfort-mandibular plane angle (FMA), Japanese women showed significantly larger values when compared with Egyptian women, but not when compared with Saudi women. ... is smaller for Caucasian women than for Japanese women ... no significant differences between Japanese and Spanish women" Shimizu, et al. (2018) Comparison of cephalometric variables between adult Spanish and Japanese women with class i malocclusion. doi:10.4103/jos.JOS_66_18


「下顎骨」の続きの解説一覧



下顎骨と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「下顎骨」の関連用語

下顎骨のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下顎骨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2021 船戸和弥のホームページ All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの下顎骨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS