性器とは? わかりやすく解説

せい‐き【性器】


性器(男)

1.男性器露出する

江談抄2-31 右大臣実資が上卿として陣の座にいて申し文を下す時、弾正弼顕定が紫宸殿の東軒下陰茎出した蔵人範国はこらえきれず笑ったが、実資は事情知らず範国きびしく咎めた〔*『今昔物語集』巻28-25に類話〕。

『詩語法』スノリ第3章 巨人族娘スカジが、父を殺されたことの償い要求してアース神族のもとへのりこむロキ山羊のひげと自分の性器とを紐で結び、紐の引き合いしながら奇妙な踊り見せると、怒り顔のスカジ笑い出し神々スカジ和解する

睾丸見せて娘を笑わせる→〔笑い3cの『金玉医者』(落語)。

太陽の季節石原慎太郎竜哉の家へ英子来た時、竜哉は庭に立てられ離れ部屋へ彼女を案内した竜哉風呂から上がり、離れ上がって障子の外から「英子さん」と声をかける。英子ふり向い気配に、竜哉勃起した陰茎を、外から障子突き立てた障子は音を立てて破れ英子読んでいた本を、力一杯投げつけた。

★2.男性器見えていることに気づかない

(かわず)茶番落語町内素人芝居で、おっちょこちょいの次が舞台番(=舞台脇にすわって客席静める係)を引き受ける。半次は「尻をまくって派手な緋縮緬ふんどし見せ客席娘たちをわーっと言わせよう」と、張り切る。ところが、風呂入ってふんどしをするのを忘れたまま、半次は尻をまくる客席どよめくので、半次は緋縮緬見て感心しているな」と喜ぶ。

人間失格太宰治)「第一の手記」 「自分大庭葉蔵)」は幼い頃から道化演じ周囲笑わせよう必死の努力をしていた。ある時自分」は、下男下女たちを洋室集め、インデヤン踊りをして皆を大笑いさせた。兄がそれを撮影し出来上がった写真を見ると、踊り腰布合わせ目から小さいおチンポ見えていたので、家中がまた大笑いした。「自分」にとって、これは意外な成功だった。

★3.男性器を失う・傷つける。

イシスとオシリス伝説について』プルタルコス18 テュポン(=セト)は兄オシリス殺し、その死体14切り分けてばらまいたオシリスの妻イシスパピルスの舟に乗って切断され各部分を捜し見つけるとそこに葬ったこのためエジプト中にオシリスの墓がたくさんある)。しかし、生殖器だけは食べられてしまったので、見つからなかった。

『今昔物語集』20-10 信濃国郡司の家に宿り、その妻に夜這いした九人男たちは皆、幻術によって性器を失った〔*翌朝、性器は返してもらえた〕。

トリストラム・シャンディスターン第5巻17章 女中スザンナ5歳トリストラム椅子よじ登らせ、窓から小便させようとした時、窓枠が落ちる。血はほとんど流れなかったが、スザンナは「何も残っていないわ」と叫んで逃げ出した

トリストラム・シャンディスターン第9巻 トリストラム叔父トゥビーは、かつて戦争鼠蹊部重傷負った未亡人ウォドマンがトゥビーに思いを寄せるが、彼女は、トゥビーの鼠蹊部のどの部分傷があるのかが大い気がかりで結局結婚話立ち消えになった

二人兄弟物語古代エジプト兄嫁を犯そうとしたと疑われバタは、兄アヌプの前で、自らの性器を葦のナイフ切り取り、河に投げる。ナマズがそれを呑みこみバタは力が萎え弱々しくなる。バタは兄と別れての谷へ行く。

*→〔後ろ〕2の『神統記』(ヘシオドス)。

*→〔伯父叔父)〕6の『パルチヴァール』(エッシェンバハ第5巻・第9巻第16巻

*→〔去勢〕5の『パルチヴァール』(エッシェンバハ第13巻

*→〔にせ花嫁〕4bの『聊斎志異』巻2-48「嬰寧」。

*→〔蛇婿〕5の『聊斎志異』巻12-463「青城婦」。

★4.にせの男性器切り取る

古今著聞集16興言利口」第25通巻547嫉妬深い妻別れよう考えた男が、亀を1匹買い、首を3~4寸引き出して切り取っておく。妻と喧嘩になった時、男は「すべてはこれがあるため」と、男根を切るふりをして、亀の首を投げ出し帰って行く数ヵ月後に男が訪れると、妻は股のあたりに黒布着けており、「故人(=男根)のための喪服です」と言った

★5.美しい男性器。

子不語巻19-503 少女窓から外を見ていたら、美少年小便をしに来た。その陰茎紅く新鮮で玉(ぎょく)のようだった。少女は、「男性器は皆あんなふうなのだ」と思いあこがれる。しかし少女嫁いだのは菜売りの周某という男で、顔もまずく、陰茎小さく汚かった少女悲しんで病気になり、そのわけを口に出して言うこともできず、死んでしまった。

★6.男性器女性器の形の違い

『古事記』上巻 高天原からオノゴロ島へ、イザナキ・イザナミ2神が降りて来る。イザナキイザナミに「汝の身体どのように出来上がったか?」と問う。イザナミは「私の身体には、出来上がらに合わさっていない所があります」と答える。イザナキは「私の身体出来過ぎて余った所がある」と告げ、「私の身体の余った所を、汝の身体の合わさっていない所に刺し入れて、国土産もう」と提案する

*イザナキ・イザナミ2神が互い身体の凹凸合わせて合体するのは、切り離された球状人間互い半身求め合う物語連想させる→〔人間1bの『饗宴』(プラトン)。

『なぜ神々人間つくったのか』シッパー第8章性器の欠落」 「人作りの魔術師」は、自分そっくりの人間を2体作ったが、それだけでは人間増えていかないことに気づいた魔術師一方人間股間を少し引っ張りもう一方には爪で小さな割れ目作った。それから、彼らがすべきこと確実になすように、両方快感与えたアメリカピマ族)。

『なぜ神々人間つくったのか』シッパー第8章性器の欠落」 神はアダムとエバ(=イヴ)を作った後、アダム身体には土塊くっつけエバ下の部分には斧を当て2人なすべきことをする準備ととのえたブルガリア)。

南島神話後藤明第4章日本神話南島世界」 昔、男神アゴクラヤンと女神タリブラヤンが、台湾東海孤島天降った。2人焼こううずくまった時、女神は、男神下半身長く突き出たものに気づいた男神は、女神下半身窪み気づいた。そこへ、つがいのセキレイ飛んで来て腰を振ったので、2神は交合の方法を知り多くの子孫産んだ台湾アミ族)。

★7.男も女も同じでほんの少しだけ差がある

アダム氏とマダムキューカー20世紀半ばニューヨーク検事アダム弁護士アマンダは、仲の良い夫婦だった。しかし裁判では、敵味方分かれて争わねばならぬこともある。アマンダ男女同権堂々たる論陣張って、夫アダム苦しめる。でも、裁判終わって夜になれば仲直りだ。アマンダは「男も女も同じだわ。あっても僅かな差よ」と言うアダムは「楽しいのはその差だ」と笑い2人ベッドに入る〔*原題は "Adam's Rib" 〕。

★8.男性器を「悪魔」、女性器を「地獄と言う

デカメロンボッカチオ第3第10話 若い聖者勃起した性器を「これは悪魔だ」と言って処女アリベック見せる。聖者は「悪魔を、あなたの身体にある地獄中に閉じ込めることが、神様への奉仕になる」と説いてアリベック交わる。何度も交わり繰り返すうちに、アリベックは「神様への奉仕は、本当にこころよいものだ」と感じようになった

男性器身代わり→〔身代わり〕4bの『風流志道軒伝』巻之5。

雄猿が性器を傷つける→〔〕5b・5c。

睾丸と卵→〔卵〕6の『セレンディッポの三人の王子1章

睾丸宇宙→〔宇宙〕3の『彼方へ』(小松左京)。

落ちそうで落ちない睾丸→〔落下6bの『パンチャタントラ第2巻第6話

男女が性器を隠す→〔裸〕3。

男性器代用品→〔器物霊〕5の『奇談異聞辞典』(柴田宵曲)「天井一包」。


性器(女)

1.女性器露出して神にはたらきかける

『古事記』上巻 アマテラス天の岩屋戸閉じこもり高天原葦原中国闇夜になった八百万の神々は、アマテラス岩屋戸外へ出す方法相談するアメノウズメ神がかりになり、乳房も性器も露出して舞い踊り神々大声で笑うアマテラス不思議に思い岩戸を少し開ける〔*女神裸になって太陽神誘い出す『古事記』とは逆に、→〔太陽9のイソップ寓話集』「北風と太陽」では、太陽照りつけて男を裸にする〕。

美女裸にして雨乞いをする、という物語もある→〔雨乞い〕2の『夜叉ケ池』(泉鏡花)。

沙石集巻10末-12 和泉式部藤原保昌捨てられ貴布禰神社夫婦和合修法行なう。老巫女が赤い幣を立て巡らせ、鼓を打ち性器を露出したたいて3度回る。「同じようにし給えと言われた和泉式部は、顔を赤らめてこれを断り、「ちはやぶる神の見る目恥づかしや身を思ふとて身をや捨つべき」と詠歌する。藤原保昌は彼女のふるまい感心し愛情復活する

★2.女であることを示すために性器をあらわす。

古事談2-58 源頼光四天王らを遣わして清監を打たせた時、清監の妹清少納言同宿していた。男法師のように見えたので殺そうとしたところ、清少納言は、尼であることを示そうと、自ら性器をあらわした

★3.女性器露出して敵や魔物対抗する、あるいは退治する

鬼餅沖縄の民話) 乱暴な男が、山羊や豚を盗んで食っているうちに、鬼になってしまった。男には、27歳になる美しい妹がいた。妹は兄の鬼の歯くじいて征伐すべく、瓦を砕いて餅に入れ食べさせる固い餅に歯が立たず兄の鬼が困惑していると、妹は着物のすそをまくって見せる。兄の鬼「お前の下に、ひげの生えている口は何だ?」。妹「私の上の口は、固い餅を食べる口。下の口は、鬼を噛み殺す口」。びっくりした兄の鬼は、断崖から足をすべらせ海へ落ちて死んでしまった(沖縄本島)。

史記「周本紀第4 周の厲(れい)王の代。神龍吐いた沫(あわ。=龍の精気)を納めた匱が開かれ、沫が宮庭に流れ出た。王の命令で、全裸女たちが沫にむかって大騒ぎすると、沫はトカゲ化して後宮入りこみ7歳ほどの少女出会った少女15歳になって夫なしで身ごもり、女児産んだ〔*沫は精液トカゲ男性器意味するであろうか〕→〔子捨て1a

『日本書紀』巻2・第9一書第1 ニニギノミコト高天原から葦原中国降臨しようとした時、その道すじに、1人怪しい神が立ちふさがったアメノウズメが、乳房と性器を露出してその神に向き合い、名を問うた→〔笑い1a

乳房露出して敵を追い払う→〔乳房〕2の『赤毛のエイリークのサガ』。

*→〔傷あと〕7の『カター・サリット・サーガラ』・『パンタグリュエル物語』は、女性器見せて魔物追い払う物語笑話化したもの。

女性器あらわして鬼を笑わせる→〔笑い〕1cの『鬼が笑う』(昔話)。

女性器あらわして女や女神笑わせる→〔笑い3bの『デメテルへの讃歌』・『ペンタメローネ』(バジーレ)「序話」。

★4.女性器の絵を刺青にするのは、魔よけ弾丸よけの意味があるのかもしれない

黒地の絵松本清張朝鮮戦争戦死した黒人兵の腹に、赤色女性器描いた刺青があった。死体処理作業従事する歯科医香坂は、「こんな刺青彫ってしまったら軍務終えて帰郷した後で人前出られず、後悔するだろう。そこまで考えが及ばない無知な男だったのか」と思う。しかしすぐ「いや、そうではない」と香坂考え直す。この兵士は、戦場から生きて帰れないことを覚悟して女性器刺青彫ったのだ→〔暴行6b

*→〔千〕7の『現代民話考』(松谷みよ子)6「銃後ほか」第2章の2の、千人針女性陰毛用いるという話も、女性器魔よけ弾丸けになるということなのであろう

★5.貞操を守る紐も、女性器同様に化け物退治する力を持つ

物知り老人アイヌ昔話檻の中ミントゥチ(=河童化け物)が暴れ出しその家2人の女(*→〔口〕6d)を取り殺そうとする。物知り老人教えで、2人の女はラウンクッ(=女の貞操を守る紐。夫以外の者は絶対に手を触れることができない)をほどき、2本の紐をつないでをしばる。物知り老人呪文を唱えると、ミントゥチは、見えない紐で首をしめられるごとく苦しみ死んでしまった。ラウンクッには化け物を殺す力が備わっているから、常に身につけているべきだ、と言われる

★6.歯牙ある女性器。ヴァギナ・デンタータ

耳袋根岸鎮衛)巻之1「金精神こんせいじん)の事」 津軽での出来事。娘の陰部に鬼牙があって、交合折に男根傷つけたり喰い切ったりするので、何人もの婿が、逃げ帰ったり死んだりした。1人の男が黒銅製男根用いると、陰部の牙はことごとく砕けて抜け以後普通の女になった。その地方では、黒男根の形をこしらえて「カナマラ大明神」と呼び今でも神体として尊崇している。

夢日記スウェーデンボルグ「私」は、あまりきれいでない女と寝ていた。「私」その女好いていたので、彼女に触れたが、その入口には歯が並んでいた(1744年4月1314日)。石炭の火が赤々と燃えている所で「私」女たち一緒になった。女たちは、「私」入って行きたいと思う箇所に歯をはやしていて、「私」入ろうとするのを妨げた同年10月9~10日)。

入れ子構造女性器→〔入れ子構造〕2の『女体消滅』(澁澤龍彦唐草物語』)。

★7.女性器と口。

聴耳草紙佐々木喜善89番「の話(の女)」 大正7年(1918)冬。宮古山中で、爺と2人若者小屋泊まっていた。そこに若い女来て、宿を請う。女は炉端に座るが、だんだん姿勢崩れ、赤い腰巻や性器をチラチラ見せて若者誘惑するそのうち囲炉裏暖かさで、性器があくびをする。爺と若者たちは女を捕らえて叩く。それは2匹が首乗り重なって1人女に化けていたのだった

女性器と貝→〔1bの『赤貝』(落語)。

★8.女性器傷つける。

『古事記』上巻 アマテラス忌服屋(いみはたや)にいて、神に奉る衣を織らせていた時、スサノヲ服屋(はたや)の屋根に穴をあけ、天の斑馬逆剥ぎにして落とし入れた。天の機織女はたおりめ)は驚き陰部突いて死んだ〔*『日本書紀』巻1第7段本文ではアマテラスで身を傷つけた一書第1ではアマテラスの子とも妹ともいわれる日女ワカヒルメ)がで身を傷つけて死んだ、と記す〕。

*箸が女性器突き刺さる→〔箸〕3。

播磨国風土記揖保の郡萩原の里 神功皇后従者たちが、米をつく女たちの性器を交接して断ち切ったそれゆえ陰絶田(ホトタチダ)と言う

火の神産んで女性器火傷する→〔火〕1a『古事記』上巻

★9.女性器をみるための計略

ヰタ・セクスアリス森鴎外) 「僕(哲学者金井湛)」が10歳時のこと。それまで、女の身体のある部分見たことがなかったので「僕」一計案じ同年くらいの勝(かつ)という娘に、「縁の上から飛んで遊ぼうと言った「僕」着物の尻をまくって庭へ飛び降ると、無邪気な勝は同じように尻をまくって飛んだ「僕」目を円(まる)くして覗いたが、白い脚が2本白い腹続いていて、何も無かった「僕」大い失望した

下から女性器を見る→〔死の起源〕4。

女性器を「地獄と言う→〔性器(男)〕8。

手で女性器形状をあらわす→〔手〕6a6b

男女性器の形の違い→〔性器(男)〕6。

男女が性器を隠す→〔裸〕3。


性器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/09 00:18 UTC 版)

性器(せいき、: Sex organ)、または 交接器(こうせつき)とは、動物のうち、有性生殖時に体内受精を行う種において行われる「交接(交尾)行動」に関与する器官の総称。主として生殖に関連する器官である生殖器のうち、性差の外見的特徴を成す外性器の事を指す通称である。




「性器」の続きの解説一覧

性器

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/08 18:18 UTC 版)

生殖器」の記事における「性器」の解説

ヒト生殖器全体のこと、またはそのなかで特に、性交直接関連する器官のこと。

※この「性器」の解説は、「生殖器」の解説の一部です。
「性器」を含む「生殖器」の記事については、「生殖器」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「性器」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「性器」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



性器と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性器」の関連用語

性器のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性器のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2022 物語要素事典 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの生殖器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS