茶番とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 芸能 > 茶番 > 茶番の意味・解説 

茶番

読み方:ちゃばん

茶番(ちゃばん)とは、簡単に底が割れる筋道結果魂胆見え透いている)ような馬鹿げた振る舞い意味する表現。「茶番劇」ともいう。もしくは、「茶番劇」を略して「茶番」とも解釈できる

茶番はもともとは「お茶汲み当番」のことであり、つまり文字通りお茶用意をする者(役割)を意味したかつての芝居小屋では、下働き役者見習いが茶番をしたが、その茶番らが暇を見つけて余興演芸興じるようになり、その即興芝居を茶番というようになった。これが転じて見え透いた下手くそな」「ばかばかしい行動を指すことになったとされている

かつて芝居小屋行われた「茶番」は、その形態によって「立茶番」(または「茶番狂言」)と「口上茶番」に大別される。「茶番劇」はここには含まれない茶番劇は、現代の用法である「ばかばかし振る舞い」の異称である。

ちゃ‐ばん【茶番】

読み方:ちゃばん

客のために用意給仕をする者。

こっけいな即興寸劇江戸歌舞伎楽屋内で発生し18世紀中ごろ一般に広まった口上茶番立ち茶番とがある。茶番狂言

底の見えすいた下手な芝居ばかげた振る舞い茶番劇。「当人真剣でも傍(はた)から見ればとんだ—だ」

「茶番」に似た言葉

茶番

読み方:チャバンchaban

素人即興寸劇を行うこと。


(茶番 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 14:19 UTC 版)

(にわか)とは、江戸時代から明治時代にかけて、宴席路上などで行われた即興芝居仁輪加仁和歌二和加などとも書く。またの名を茶番(ちゃばん)。


  1. ^ 広辞苑』「俄」
  2. ^ 佐藤恵理「中世"風流"の精神いまに」、「熊本日日新聞」2017年9月27日付29面、熊本日日新聞社


「俄」の続きの解説一覧

茶番

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 19:34 UTC 版)

洲崎西」の記事における「茶番」の解説

オープニングトーク終了した後のジングル直後に行われるコーナー第3回放送より開始構成作家作成した台本に沿って洲崎と西が小芝居していく息抜き的なミニコーナー扱いだったが、第18回放送よりリスナー投稿による台本で茶番が行われるようになった2015年休止状態であったが、2016年復活して不定期で行われている。

※この「茶番」の解説は、「洲崎西」の解説の一部です。
「茶番」を含む「洲崎西」の記事については、「洲崎西」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「茶番」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「茶番」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



茶番と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

茶番のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茶番のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの俄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの洲崎西 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS