螺鈿とは?

ら‐でん【××鈿】

ヤコウガイ・オウムガイなどの貝殻真珠色に光る部分を磨いて薄片にし、種々の形に切って漆器木地表面はめ込み、または貼(は)りつけて装飾する工芸技法日本には奈良時代中国から伝えられ、平安時代には蒔絵(まきえ)にも併用された。摺(す)り貝。

[補説] 書名別項。→螺鈿


らでん【螺鈿】


ら‐でん【螺鈿】

〔名〕 (古くは「らてん」) 漆工芸の一技法夜光貝・あわび貝など、真珠光を放つ貝殻文様切って木地漆塗りの面に嵌(は)めこんだり貼りつけたりしたもの厚貝法、薄貝法、割貝法、蒔貝法などがあり、また、貝の裏に彩色したり、毛彫彫刻をほどこす方法もある。日本には奈良時代にその技法伝えられ、平安時代には蒔絵併用されて独特の効果をあげた。青貝。貝すり。螺鈿押し

正倉院文書天平勝宝八年756六月二一日・東大寺献物帳螺鈿紫檀琵琶一面」〔余叢考‐填〕

[語誌](1)この技法は、エジプト初期王朝以前ら行なわれ、唐でも発達して、奈良時代日本に伝わり、平安時代には、日本技術が非常に進歩し、宋にも輸出して、日本発祥考えられるまでになった。
(2)色葉字類抄」に「螺鈿 ラテン」とあり、「下学集」や節用集類には「螺鈿」に「アヲカイ」の訓があてられ、「日葡辞書」では「Auogai(アヲガイ)」の語のみを載せる中世以降は、「アヲカヒ」で、その技法表わすのが一般化していたと考えられる


螺鈿

読み方:ラデンraden

鮑貝蝶貝などの真珠光を放つ部分薄片にして種々の形に切り、漆器などの面に填め込んで装飾とするもの


螺鈿

読み方:ラデンraden

漆工芸の一技法


らでん〔螺鈿〕

あわびなどの貝の真珠色に光る部分薄片とし、種々の形に切って、ひな道具屏風、又は布などに埋めつける技法のこと、古くインド起り中国経てわが国渡来した。

螺鈿

読み方:らでん

貝殻薄片模様の形に切り、漆器装飾として用いたもの。貝の入る部分の漆を彫り込んではめ込む方法と、素地付着させて、漆を塗ってから研出す方法ありますいずれにしても特有の真珠光が漆器面に映えます。

螺鈿

名称: 螺鈿
ふりがな らでん
芸能工芸区分 工芸技術
種別 漆芸
認定区分 各個認定
指定年月日 1999.06.21(平成11.06.21)
解除年月日
指定要件
備考
解説文: 螺鈿は漆芸加飾装飾技法で、夜光貝やこうがい】、【あわび】貝、蝶貝などを模様の形に切り、木地漆地埋め込むかまたは貼り付けるのであるわが国には奈良時代に唐から伝えられ、正倉院多く遺品伝存する。平安時代以降蒔絵【まきえ】に次ぐ主要な加飾技法として多くの遺例を今日伝え工芸品のほか平等院鳳凰堂など建造物内部装飾にも応用された。
 近世以降は、薄い貝を貼り付ける薄貝うすがい】螺鈿技法盛んになり、現在でも薄貝蒔絵併用するものが多いが、近年再び、伝統的厚貝あつがい】螺鈿技法主とする優れた制作活動が行われるようになっている
 螺鈿は、わが国工芸史上重要な地位占めとともに芸術上価値の高い、主要な漆芸技法である。

螺鈿

名称: 螺鈿
ふりがな らでん
芸能工芸区分 工芸技術
種別 漆芸
選択年月日 1957.03.30(昭和32.03.30)
選択要件
備考
解説文:
工芸技術のほかの用語一覧
漆芸:  粟野春慶  能代春慶  蒔絵用具  螺鈿  飛騨春慶
金工:  加賀象嵌  南部茶の湯釜南部鉄瓶

螺鈿

読み方:ラデンraden

作者 太田水穂

初出 昭和15年

ジャンル 歌集


螺鈿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 07:24 UTC 版)

螺鈿(らでん)は、主に漆器や帯などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつ。貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法、およびこの手法を用いて製作された工芸品のこと。螺は貝、鈿はちりばめることを意味する。




「螺鈿」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「螺鈿」の関連用語

螺鈿のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



螺鈿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright © 2022 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2022 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2022 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2022 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの螺鈿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS