螺鈿とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 螺鈿の意味・解説 

ら でん [0][1] 【螺

漆工芸技法の一。貝殻真珠光を放つ部分を磨り平らにして細かく切り、文様の形に漆器木地にはめこんで装飾するもの。中国唐代発達日本へは奈良時代伝来平安時代には盛んに蒔絵まきえ併用された。薄い貝を用いたものは特に青貝ともいう。摺り貝。 「 -細工ざいく

螺鈿

読み方:ラデンraden

貝・蝶貝などの真珠光を放つ部分薄片にして種々の形に切り、漆器などの面に填め込んで装飾とするもの


螺鈿

読み方:ラデンraden

漆工芸の一技法


螺鈿

名称
螺鈿<らでん>
区分
重要無形文化財
保持
北村謙一<きたむらけんいち>
雅号 北村昭斎きたむらしょうさい>)(奈良県

資料一覧
解説
螺鈿は漆芸装飾技法で,夜光貝アワビ貝,蝶貝などを模様の形に切り,木地漆地埋め込むか又は貼り付けるのである我が国には奈良時代に唐から伝えられて発達した。近世以降は薄い貝を貼り付ける薄貝螺鈿技法盛んになり,現在でも薄貝蒔絵併用するものが多いが,近年再び,伝統的厚貝螺鈿技法主とする優れた制作活動が行われるようになっている


らでん〔螺鈿〕

あわびなどの貝の真珠色に光る部分薄片とし、種々の形に切って、ひな道具屏風、又は布などに埋めつける技法のこと、古くインド起り中国経てわが国渡来した。

螺鈿

読み方:らでん

貝殻薄片模様の形に切り、漆器装飾として用いたもの。貝の入る部分の漆を彫り込んではめ込む方法と、素地付着させて、漆を塗ってから研出す方法ありますいずれにしても特有の真珠光が漆器面に映えます。

螺鈿

名称: 螺鈿
ふりがな らでん
芸能工芸区分 工芸技術
種別 漆芸
認定区分 各個認定
指定年月日 1999.06.21(平成11.06.21)
解除年月日
指定要件
備考
解説文: 螺鈿は漆芸加飾装飾技法で、夜光貝やこうがい】、【あわび】貝、蝶貝などを模様の形に切り、木地漆地埋め込むかまたは貼り付けるのであるわが国には奈良時代に唐から伝えられ、正倉院多く遺品伝存する。平安時代以降蒔絵【まきえ】に次ぐ主要な加飾技法として多くの遺例を今日伝え工芸品のほか平等院鳳凰堂など建造物内部装飾にも応用された。
 近世以降は、薄い貝を貼り付ける薄貝うすがい】螺鈿技法盛んになり、現在でも薄貝蒔絵併用するものが多いが、近年再び、伝統的厚貝あつがい】螺鈿技法主とする優れた制作活動が行われるようになっている
 螺鈿は、わが国工芸史上重要な地位占めとともに芸術価値の高い、主要な漆芸技法である。

螺鈿

名称: 螺鈿
ふりがな らでん
芸能工芸区分 工芸技術
種別 漆芸
選択年月日 1957.03.30(昭和32.03.30)
選択要件
備考
解説文:
工芸技術のほかの用語一覧
漆芸:  村上堆朱  能代春慶  飛騨春慶  螺鈿
手漉和紙(てすきわし):  手漉和紙用具製作  小国紙  清帳紙

螺鈿

読み方:ラデンraden

作者 太田水穂

初出 昭和15年

ジャンル 歌集


螺鈿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/30 15:53 UTC 版)

螺鈿(らでん)は、主に漆器や帯などの伝統工芸に用いられる装飾技法のひとつ。貝殻の内側、虹色光沢を持った真珠層の部分を切り出した板状の素材を、漆地や木地の彫刻された表面にはめ込む手法、およびこの手法を用いて製作された工芸品のこと。螺は貝、鈿はちりばめることを意味する。


[ヘルプ]
  1. ^ 「螺鈿織」海を渡る 『日本経済新聞』朝刊2017年4月23日


「螺鈿」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「螺鈿」の関連用語

螺鈿のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

内裏雛

天児

享保雛

大鎧

内裏雛

古今雛

内裏雛

大鎧





螺鈿のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright © 2018 The Agency for Cultural Affairs. All rights reserved.
社団法人日本人形協会社団法人日本人形協会
Copyright (C) 2018 社団法人日本人形協会 All rights reserved.
※このホームページに掲載されている文章・写真・イラストなどの無断転載を禁じます。
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2018 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2018 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの螺鈿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS