青貝とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 魚介 > 巻貝 > 青貝の意味・解説 

あお がい あをがひ [2][0] 【青貝】

海産巻貝。殻は殻長3センチメートルほどの楕円形。殻表は青黒色、内面淡青色東北地方以南岩礁潮間帯にすむ。
螺鈿らでん)に用いる貝の総称。特に、夜光貝のこと。
青貝塗り」に同じ。

青貝(あおがい)

和名アオガイ本州四国九州分布するユキノカサ科の巻貝。その殻の内側は青味を帯びた虹色光沢を持つため、古来装飾品材料として用いられている。細かく砕いた貝殻を鞘の表面貼り付け研ぎ出し仕上げた鞘を青貝微塵塗鞘。やや大きめ貝殻を図に添えて嵌め込んだものを青貝螺鈿。なお、青貝の他にアコヤ貝アワビなども装飾品材料として利用されている。

青貝

読み方:アオガイ(aogai)

ユキノカサガイ科の貝

学名 Notoacmea schrenckii




青貝と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「青貝」の関連用語

青貝のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



青貝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2019 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS