装飾品とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > 品物 > 装飾品の意味・解説 

そうしょく‐ひん〔サウシヨク‐〕【装飾品】

読み方:そうしょくひん

装飾用い物品装飾物


装身具

(装飾品 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 02:38 UTC 版)

装身具(そうしんぐ、: personal ornament あるいは小さなものはtrinket[1])とは、装飾つまり「かざり」のために身体や衣服につける服飾付属品[1]。より魅力的に見せるために使われる物で、通常は実用的な目的が無いもの[2]


  1. ^ a b c d 『日本大百科全書』装身具
  2. ^ [1]
  3. ^ American Chemical Society, Ancient technology for metal coatings 2,000 years ago can't be matched even today, ScienceDaily, ScienceDaily, July 24, 2013,
  4. ^ Gabriel Maria Ingo, Giuseppe Guida, Emma Angelini, Gabriella Di Carlo, Alessio Mezzi, Giuseppina Padeletti, Ancient Mercury-Based Plating Methods: Combined Use of Surface Analytical Techniques for the Study of Manufacturing Process and Degradation Phenomena, Accounts of Chemical Research, 2013; 130705111206005 DOI: 10.1021/ar300232e


「装身具」の続きの解説一覧

装飾品(アクセサリー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 03:45 UTC 版)

ドラゴンクエストシリーズ」の記事における「装飾品(アクセサリー)」の解説

装備することができるアイテムのうち、武器にも防具にも分類されないもの。装備している特殊な効果現れたりステータス一定量上昇したりする。『V』まででは1人がいくつでも装備できたが、『VI以降リメイク版III』『IV』では1人につき1つしか装備できない。『X』では顔アクセ、首アクセ、指アクセ、他アクセ、胸アクセ、腰アクセアクセ紋章、証の9種類分かれているため、同時に最大9種類装備可能となっている。

※この「装飾品(アクセサリー)」の解説は、「ドラゴンクエストシリーズ」の解説の一部です。
「装飾品(アクセサリー)」を含む「ドラゴンクエストシリーズ」の記事については、「ドラゴンクエストシリーズ」の概要を参照ください。


装飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/10 00:15 UTC 版)

芦刈山」の記事における「装飾品」の解説

芦刈山には多くの装飾品があり、日本画家皆川楊の原画基づ前掛凝視』(1986年)、見送図』(1985年)等がある。

※この「装飾品」の解説は、「芦刈山」の解説の一部です。
「装飾品」を含む「芦刈山」の記事については、「芦刈山」の概要を参照ください。


装飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 09:30 UTC 版)

占出山」の記事における「装飾品」の解説

占出山使われている装飾品は、今から200年前江戸時代後期のものが多い。占出山の装飾品は古くから残るものが多く近年復元新調進んでいる水引三十六歌仙図の刺繍復元不可能とされてきたが、京都市内織物会社6年かけて完成させ、近年復元新調された。 前懸・胴懸は松島宮島天橋立日本三景写した天保2年1831年)の作。山口素岳奥川米厳の松島下絵別に保存されている。 見送には花鳥龍文様の綴錦(15世紀後半から16世紀初頭)が用いられ近年それらが復元新調された。 旧見送である「鳳凰牡丹円紋綴錦」はメトロポリタン美術館調査により中国明代の作と判明同時代綴織の完存品としては、世界で唯一のものである。この旧見送は、当時東インド会社などの商船による交易盛んで1699年中国イギリス貿易正式に許可した頃、初期のヨーロッパ市場向けに織られ織物占出山町入手した考えられている。 祇園祭全山の中で唯一黒松使用しており、初め大傘使った山鉾占出山である。 重量は、全山の中で最も軽い510kgほどである。 神体佩く太刀は「国宝 三條小鍛冶宗近作 御太刀」として展示されている。太刀について、占出山町文書によると、天保五年(1834年)、京都洛北大原郷内野村嵯峨天皇の劔を打った真守の作と伝え古刀を持っていた山内玄達という人物鍛刀旧跡近くの飯道大権現古刀奉納すべく研磨依頼したところ、三条宗近の銘がでてきた。そこで、宗近作と名高い長刀鉾にちなみ、占出山神功皇后宮に奉納する至ったと書かれている平成30年祇園祭山鉾連合会調査報告書によると、「太刀は、京都古刀特色有しており、刀に漢字2文字の銘を認め見ようによっては「宗近」とも読めるまた、件の奉納経緯の譚の信憑性は高い。しかし、もっとも宗近在銘基準作はほとんど皆無近く、これを宗近真作認めるのは容易でない。」とされ、この太刀が三条宗近の太であるかは分かっていない宵山展示されている太刀巡行用(複製品)で、実物の太刀は京都国立博物館寄託されている。

※この「装飾品」の解説は、「占出山」の解説の一部です。
「装飾品」を含む「占出山」の記事については、「占出山」の概要を参照ください。


装飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/10 23:56 UTC 版)

亀甲」の記事における「装飾品」の解説

タイマイのような一部品種亀の甲鼈甲べっこう)として装飾品として加工されてきた。

※この「装飾品」の解説は、「亀甲」の解説の一部です。
「装飾品」を含む「亀甲」の記事については、「亀甲」の概要を参照ください。


装飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 15:04 UTC 版)

MicMacオンライン」の記事における「装飾品」の解説

雑貨商店販売品精錬NPCでの#錬金品などがある。ソウェル装着できない。装飾品には装飾品レベルがあり、それぞれ装備可能なキャラクターレベル条件がある。主にキャラクターの#ステータス上昇させる。装飾品をつけても外見変わることは無い。

※この「装飾品」の解説は、「MicMacオンライン」の解説の一部です。
「装飾品」を含む「MicMacオンライン」の記事については、「MicMacオンライン」の概要を参照ください。


装飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/20 05:24 UTC 版)

おでかけマルチ」の記事における「装飾品」の解説

マルチ身につける装飾品。装備するパラメータ変動する

※この「装飾品」の解説は、「おでかけマルチ」の解説の一部です。
「装飾品」を含む「おでかけマルチ」の記事については、「おでかけマルチ」の概要を参照ください。


装飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 13:44 UTC 版)

ドルアーガオンライン THE STORY OF AON」の記事における「装飾品」の解説

いわゆるアクセサリで、ステータスの底上げをしてくれるアイテム長所伸ばすように装備するのも、弱点を補うように装備するのも自由。

※この「装飾品」の解説は、「ドルアーガオンライン THE STORY OF AON」の解説の一部です。
「装飾品」を含む「ドルアーガオンライン THE STORY OF AON」の記事については、「ドルアーガオンライン THE STORY OF AON」の概要を参照ください。


装飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 08:21 UTC 版)

ヘビ」の記事における「装飾品」の解説

の皮は、なめして財布バッグ利用される場合があるまた、三味線原型となった沖縄・奄美地方弦楽器三線は、胴にヘビの皮を張っていることでも有名である古代エジプトファラオは、その王冠として蛇形記章戴いたヘビは足が無いことから「足(金員)が出ない」ことにひっかけ、「脱皮した皮を財布入れておくお金が貯まる」などの俗説もある。

※この「装飾品」の解説は、「ヘビ」の解説の一部です。
「装飾品」を含む「ヘビ」の記事については、「ヘビ」の概要を参照ください。


装飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/09 17:18 UTC 版)

縄文時代」の記事における「装飾品」の解説

遅くとも縄文中期紀元前5000年)ごろには翡翠製勾玉作られていたことが判明しており、特に長者ケ原遺跡からはヒスイ製勾玉とともに翡翠工房発見されている。

※この「装飾品」の解説は、「縄文時代」の解説の一部です。
「装飾品」を含む「縄文時代」の記事については、「縄文時代」の概要を参照ください。


装飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 09:30 UTC 版)

中国におけるイスラーム」の記事における「装飾品」の解説

回族女性には金の指輪付け習慣がある。薬指にはめると既婚小指にはめると婚約中指にはめると恋人がいないことを示すという。これはアラビア風習よるものだという。また、回族伝わる「娘の目をよくするためにはピアス付けなさい」という諺に従ってピアスをつけるものがいる。このほかアラビア原産鳳仙花で爪を染め習慣寧夏甘粛青海陝西残っている

※この「装飾品」の解説は、「中国におけるイスラーム」の解説の一部です。
「装飾品」を含む「中国におけるイスラーム」の記事については、「中国におけるイスラーム」の概要を参照ください。


装飾品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 01:14 UTC 版)

浄妙山」の記事における「装飾品」の解説

筒井浄妙人形着用する鎧の「黒韋威肩白胴丸」は室町時代製作されたもので、現在は重要文化財指定されている(江戸時代後期松平定信編纂した集古十種』にも楠木正成所用伝来とともに掲載されている)。

※この「装飾品」の解説は、「浄妙山」の解説の一部です。
「装飾品」を含む「浄妙山」の記事については、「浄妙山」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「装飾品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「装飾品」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



装飾品と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「装飾品」の関連用語

装飾品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



装飾品のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの装身具 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドラゴンクエストシリーズ (改訂履歴)、芦刈山 (改訂履歴)、占出山 (改訂履歴)、亀甲 (改訂履歴)、MicMacオンライン (改訂履歴)、おでかけマルチ (改訂履歴)、ドルアーガオンライン THE STORY OF AON (改訂履歴)、ヘビ (改訂履歴)、縄文時代 (改訂履歴)、中国におけるイスラーム (改訂履歴)、浄妙山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS