マントとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣類 > 外衣 > マントの意味・解説 

マント【MANT】


マント【(フランス)manteau】

読み方:まんと

衣服の上から羽織って着る、袖なしゆったりした外衣。《 冬》


まん‐と【万と】

読み方:まんと

[副]数量が多いさま。たくさん。どっさり

この女郎衆も手は―しこんでござります」〈洒・四十八手


まん‐と【満都】

読み方:まんと

みやこに満ちていること。また、みやこのすべての人。「―の耳目を集める


マント

作者ディーノ・ブッツァーティ

収載図書七人の使者新装版
出版社河出書房新社
刊行年月1990.6


マント

作者ジョー・ヒル

収載図書20世紀の幽霊たち
出版社小学館
刊行年月2008.9
シリーズ名小学館文庫


マント

名前 MantoMantMund

マント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/15 02:21 UTC 版)

マントフランス語: manteau [mɑ̃to])は、主に屋外で着用される袖なしの肩から身体を被う外套の一種[1]釣鐘型のの無い、身頃(みごろ)のみの形状の外套である。


注釈

  1. ^ 指輪物語』の主人公や『デルトラ・クエスト』の主人公のリーフが着用しているマントのように、姿を消すことができるという特殊能力が一例である。

出典

  1. ^ 意匠分類定義カード(B1) 特許庁
  2. ^ 馬場良二「ポルトガル語からの外来語」『国文研究』第53巻、熊本県立大学日本語日本文学会、2008年5月、 120(1)-111(10)、 NAID 120006773363
  3. ^ 「祈り、そして誓う」 - キャンパスライフ”. (公式ウェブサイト). 聖母大学 (2006年). 2010年4月18日閲覧。:聖母大学の戴帽式で看護学生がマントを着用している様子。


「マント」の続きの解説一覧

マント(将校准士官)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 15:21 UTC 版)

軍服 (大日本帝国陸軍)」の記事における「マント(将校准士官)」の解説

明治45年制式の「雨覆」を体裁はほぼそのままに、名称を「マント」に改名また、旧制式では将官佐官尉官准士官階級大まかに区別するための星章襟章用いていたがこれを廃止し頭巾首元に付副章存続)、上衣用の制式襟章付す。 丈は膝下約30mmを標準とするが、乗馬本分者は同約150mmと為すことも可能。

※この「マント(将校准士官)」の解説は、「軍服 (大日本帝国陸軍)」の解説の一部です。
「マント(将校准士官)」を含む「軍服 (大日本帝国陸軍)」の記事については、「軍服 (大日本帝国陸軍)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「マント」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「マント」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



マントと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「マント」の関連用語

マントのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



マントのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマント (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの軍服 (大日本帝国陸軍) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS