毛皮とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > > 毛皮の意味・解説 

け‐がわ〔‐がは〕【毛皮/毛革】

読み方:けがわ

毛がついたままの獣の皮。「—のコート」《 冬》

漢字の構成部分の一。「皰(ほう)」「皺(しゅう)」などの「皮」の称。皮(ひ)の皮(かわ)。


もう‐ひ【毛皮】

読み方:もうひ

毛のついている動物の皮。けがわ。


毛皮

作者サキ

収載図書ザ・ベスト・オブ・サキ 1 〔新装版
出版社サンリオ
刊行年月1986.11
シリーズ名サンリオ文庫

収載図書ザ・ベスト・オブ・サキ 2
出版社筑摩書房
刊行年月1988.5
シリーズ名ちくま文庫


毛皮

作者ヤルマル・セーデルベリィ

収載図書セーデルベリィ小品集
出版社大学書林
刊行年月1994.6


毛皮

作者勝目梓

収載図書もうひとつ理由
出版社双葉社
刊行年月2001.8

収載図書もうひとつ理由
出版社双葉社
刊行年月2004.8
シリーズ名双葉文庫


毛皮

読み方:ケガワ(kegawa)

獣類の毛皮をなめした

季節

分類 人事


毛皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/24 23:16 UTC 版)

毛皮(けがわ、: fur)とは、体毛がついたままののこと[1]。動物の毛皮を用いないフェイクファーなどの呼び方との対比で、本物の動物の毛皮のものをリアルファーとも言う。現代では、基本的には毛皮は皮の部分をなめして使う[1]


  1. ^ 現在は神奈川県横浜市元町に店を構えている。
  2. ^ 羽毛は薄い皮膚表面から軸構造が生えており、更にその軸構造の表面に細かい起毛を生やしで断熱層を作るため、これをはがして断熱性をもたせたまま加工することは困難である。
  1. ^ a b c d e ブリタニカ百科事典
  2. ^ 焦点:コロナ感染でミンク大量殺処分、大混乱の毛皮産業ロイター(2020年12月20日)2020年12月26日閲覧
  3. ^ a b Mink Farming Fuels Rural Economies Fur Commission USA
  4. ^ a b 日本放送協会. “ヨーロッパ ファッションの変化 “もう動物を傷つけない” | NHK | ビジネス特集”. NHKニュース. 2022年5月3日閲覧。
  5. ^ 河添房江 『唐物の文化史:舶来品からみた日本』岩波新書、2014年、37-39, 54-55頁頁。ISBN 9784004314776 
  6. ^ ヌートリア - 農林水産省
  7. ^ and dog fur: Commission proposes total EU ban European Commission, 2006.
  8. ^ Hsieh-Yi, Yi-Chiao, Yu Fu et al. FUN FUR? : A report on the Chinese fur industry, Care for the Wild International.
  9. ^ Animals are Skinned Alive on Chinese Fur Farms Youtube
  10. ^ Turkistarhaus Suomessa, Oikeutta eläimille.
  11. ^ 10倍に太らされるキツネ 北欧の毛皮農場の実態」VEGAN FASHION(アニマルライツセンター)、2017年9月29日。
  12. ^ Nettverk for dyrs frihet Flickr
  13. ^ ゲイリー・L・フランシオン 『動物の権利入門』緑風出版、2018年、86-88頁。 
  14. ^ 毛皮反対デモ行進【NO FUR WALK2016】|”. アニマルライツセンター. 2018年8月15日閲覧。
  15. ^ 【世界点描】デンマークでミンク大量殺処分 毛皮離れ、コロナがとどめ『日経産業新聞』2020年12月21日(グローバル面)
  16. ^ 細川幸一「和歌山の小さな織物会社に世界中から熱視線〜高級ブランドがフェイクファー技術を羨望東洋経済ONLINE(2018年6月26日)2020年12月26日
  17. ^ ステラ マッカートニーがバイオファーフリー素材を採用|STELLA McCARTNEY”. Web Magazine OPENERS(ウェブマガジン オウプナーズ). 2020年9月20日閲覧。
  18. ^ Fur Free Retailer
  19. ^ Center, Animal Rights (2020年6月6日). “ファーフリーブランドのリスト” (日本語). Vegan Fashion. 2020年9月20日閲覧。
  20. ^ Center, Animal Rights (2016年1月30日). “毛皮が使われた子供用衣料品と化学物質のリスク” (日本語). Vegan Fashion. 2020年10月12日閲覧。
  21. ^ 第190回国会 参議院 経済産業委員会 第8号 平成28年4月28日”. 20220411閲覧。
  22. ^ 第201回国会 衆議院 消費者問題に関する特別委員会 第3号 令和2年4月2日”. 20220411閲覧。
  23. ^ 鎌田慧『ドキュメント屠場』ISBN 4-00-430565-9


「毛皮」の続きの解説一覧

毛皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 05:24 UTC 版)

ヌートリア」の記事における「毛皮」の解説

丈夫で育てやすく、柔らかい上質な毛皮が安価に入手できるため、第二次世界大戦頃には軍隊防寒飛行服の裏地として、世界各国飼育された。 日本では1939年フランスから150頭が輸入され、飼育が奨励された。当時は軍隊の「勝利にかけて「沼」(しょうり)と呼ばれ1944年ごろには西日本中心に全国で4頭が飼育されていた。 中国では1953年当時ソビエト連邦から毛皮と展示目的移入され農村経済自由化始まった1980年ごろには毛皮が採れる多くの農民飼育したが、管理悪さによって死亡率高く、毛皮の品質悪く利益出ないまま、多く飼育放棄至った

※この「毛皮」の解説は、「ヌートリア」の解説の一部です。
「毛皮」を含む「ヌートリア」の記事については、「ヌートリア」の概要を参照ください。


毛皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 01:05 UTC 版)

リス」の記事における「毛皮」の解説

キタリスの毛皮はヨーロッパで広く用いられロシアをはじめとして今日でも盛んに使用されている中世ヨーロッパでは、リスの毛皮が衣服の裏地に用いられた。中でもシベリア産のキタリスの毛皮が珍重され腹部の白い毛を用いヴェアvairヴェールとも)は最高級品で、14世紀ピーク広くみられた。たとえば1枚マントあたり数百頭といった規模で毛皮を使用するため、富や権力象徴であり、身分に応じて毛皮の質や白と灰色密度などが決められていた。ヴェア文様をもとにしたヴェアという紋章生まれている。ヴェアよりやや価値が劣るが、リスの背の灰色の毛皮を用いたグリ」もあり、これらはアーミン黒貂並んで最高級の毛皮であった

※この「毛皮」の解説は、「リス」の解説の一部です。
「毛皮」を含む「リス」の記事については、「リス」の概要を参照ください。


毛皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/16 02:52 UTC 版)

アースリングス」の記事における「毛皮」の解説

アメリカだけで2500万匹1年間1億匹の野生動物殺されている。動物たち狩りや罠で捕まえられて毛皮工場送られる

※この「毛皮」の解説は、「アースリングス」の解説の一部です。
「毛皮」を含む「アースリングス」の記事については、「アースリングス」の概要を参照ください。


毛皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 23:59 UTC 版)

アニマルライツセンター」の記事における「毛皮」の解説

団体は、中国での毛皮産業の残酷さ告発されたことをうけ、2005年以降毛皮反対の活動注力するようになった手法としてはデモ行進パネル展、チラシ配布新聞看板広告ポスター掲示などが行われた。成果としては、署名提出して毛皮付きおもちゃ廃止求めていた企業2016年に毛皮廃止になったこと、特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律に基づき国内残った最後の毛皮農場廃止させたこと、2005年以降日本の毛皮輸入量大幅に減少しエコファーフェイクファー)への移行進んでいることなどがあげられる。現在はFur Free Alliance(毛皮廃止連盟)へ参加している。 毛皮製品のために動物犠牲になっていることについて、代表理事岡田千尋は「毛皮のために世界中で毎年10億匹のウサギキツネなどが殺されている。ユニクロ無印良品などフェイクファー模造毛皮)を使うファッションブランド増えている。私たち消費者が、物を買うときに見極めることが必要だ」と述べた

※この「毛皮」の解説は、「アニマルライツセンター」の解説の一部です。
「毛皮」を含む「アニマルライツセンター」の記事については、「アニマルライツセンター」の概要を参照ください。


毛皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 04:41 UTC 版)

オオカミ狩り」の記事における「毛皮」の解説

オオカミ一般的に彼らの毛皮のために狩られている。オオカミの毛皮の色は赤褐色しておりアラスカオオカミ純粋な白である。 旧ソ連では、1976年から1988年間に毎年約3オオカミの毛皮が生産されていた。 ワシントン条約最近の統計では、毎年60007000頭のが国的にカナダ取引されており、ロシアモンゴル中国最大の輸出国カナダアメリカ、イギリス最大の輸入国である。オオカミの毛皮は、依然として毛皮のコートラグなどの面で評価されている。また、オオカミの毛皮の生産アラスカ州カナダ北極圏地域にとって重要な収入源である。

※この「毛皮」の解説は、「オオカミ狩り」の解説の一部です。
「毛皮」を含む「オオカミ狩り」の記事については、「オオカミ狩り」の概要を参照ください。


毛皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 05:58 UTC 版)

ウサギ」の記事における「毛皮」の解説

狩猟養殖によって得られウサギの毛皮は、服飾品としても利用されてきた。 防寒用として世界各地でその毛皮が用いられてきたほか、一種の装飾用として用いられるまた、毛皮としてではなく毛足の長いウサギの毛を羊毛のように刈り取って織物用の繊維として利用することも行われてきた。アジア原産アンゴラ山羊アンゴラ兎つかったモヘヤ知られているが、欧州ではアンゴラウサギ (Angora rabbit) という繊維利用専用品種作られた日本でも明治から太平洋戦争時代にかけて軍需毛皮を生産する目的からウサギの飼育が盛んになり、日本アンゴラ種という品種作られた西洋では、ウサギの足や尾は幸運のシンボルとして剥製化され使用される

※この「毛皮」の解説は、「ウサギ」の解説の一部です。
「毛皮」を含む「ウサギ」の記事については、「ウサギ」の概要を参照ください。


毛皮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/12 02:15 UTC 版)

ハロッズ」の記事における「毛皮」の解説

1980年代後半ハロッズ毛皮商品の販売中止した最近になり販売再開しており、イギリスで毛皮の販売行っている唯一の百貨店となったナイツブリッジ店舗前では頻繁に反毛皮のデモが行われており、店舗入り口付近10メートルには“市民団体メンバーは4名以上入ってならない”との裁判所命令出されている。入り口付近に引かれている黄色ラインはこの境界表している。市民団体ではハロッズの毛皮販売中止されるまで運動続けと声明している。

※この「毛皮」の解説は、「ハロッズ」の解説の一部です。
「毛皮」を含む「ハロッズ」の記事については、「ハロッズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「毛皮」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「毛皮」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



毛皮と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

毛皮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



毛皮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの毛皮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヌートリア (改訂履歴)、リス (改訂履歴)、アースリングス (改訂履歴)、アニマルライツセンター (改訂履歴)、オオカミ狩り (改訂履歴)、ウサギ (改訂履歴)、ハロッズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS