オーバーとは? わかりやすく解説

over

別表記:オーバー

「over」とは、~の上方に・~の頭上に~を越えてのことを意味する表現である。

「over」とは・「over」の意味

「over」とは、「~の上方に」、「~を越えて」などを意味する英単語である。「~しながらという意味もあり、「over lunch.(昼食取りながら。)」といった表現もできる。「over」用いた、「overdose麻薬などの過剰摂取)」などの表現もある。

「over」の語源・由来

「over」語源は、「上に」を意味するゲルマン祖語の「uber」である。「uber」が「uper(下から上に)」、「upo(下に)」などを経て現代英語「over」変化した

「over」を含む英熟語・英語表現

「over and over」とは


「over and over」とは、「何度も繰り返して」、「重ね重ね」、「何回となく」という意味を持つ表現である。「I tried over and over.(何度も何度も挑戦した。)」、「The same thing over and over.(何度も同じことを繰り返す。)」のように用いられる

「were over」とは


「were over」とは、「~以上」、「~を超える」などの意味を持つ表現だ。「there were over」という形で用いられることが多い。「There were over 10,000 restaurants of across the country. (全国10,000以上のレストランがある。)」のように表現できる

「be over」とは


be over」とは、「終わっている」という表現である。「あるできごと終わっている」というニュアンスでよく用られている。「The game is over.(試合終わっている。)」、「I was relieved when the test was over.(テスト終わってホッとした。)」のように使われる

「is over」とは


「is over」とは、「~はもう終わっているという意味を持つ表現である。「The storm is over.(嵐はやんだ。)」、「Summer is over.(夏が過ぎた。)」のように用いることができる。

「for over」とは


「for over」とは、「~にわたってという意味を持つ表現だ。例えば「years」と組み合わせると、「I have corresponded with him for over 10 years.(私は10年以上にわたって、彼と文通続けている。)」のように表現できる

「over」の使い方・例文

「over」は、「~の上にという意味用いられることが多い。例文にすると、「Numerous dishes are placed over the table.(テーブルの上には、数多く食器並べられている。)」、「Several birds flew over.(頭上を何羽もの鳥が飛んでいった。)」といった表現となる。「over+名詞」で、「~の一面に」、「至るところで」といった表現可能だ例文としては、「Beautiful flowers are planted all over the garden.(庭の一面に美しい花が植えられている。)」、「News of this incident spread all over japan in an instant.(この事件ニュースは、一瞬にして日本中広まった。)」などが挙げられる「over」は、他にも下のような使い方ができる。

・She crossed over to US last night.(彼女は昨夜アメリカ渡った。)
Wait over there.(向こう待っていてください。)
・When driving a car, one must be careful not to over the speed limit.(車を運転する時は、制限速度を超えないよう注意しなければならない。)
・I prepared too many meals and had a lot left over.(食事用意しすぎて、たくさん余ってしまった。)

「over」と「beyond」の違い

~を越えてという意味を持つ英単語は、「over」以外にもbeyond」がある。例えば、「山を越えたところに家がある。」と英語で表現する場合、「The house is just over the mountain.」もしくはThe house is just beyond the mountain.」と表現できる。しかし、「over」用い場合と「beyond」を用い場合では、ニュアンス若干異なる

「over」用いると、「山を越えたすぐの場所に家がある。」というニュアンスになる。一方beyondの場合は、「山を超えたさらに先に家がある」というニュアンスが強い。これは、コアイメージの違いよるものだ。「over」のコアイメージは「弧を描くように~を越えて」であるが、「beyond」は「~を越えた遥か彼方となっている。そのため、同じ「越える」という意味を持つ英単語でも、ニュアンス異なるのだ。

「over」の発音・読み方

「over」発音記号は、「òuvər」である。「òu」は「オゥ」、「və」は「ヴァ」と発音するため、カタカナにすると「オゥヴァ(ル)」に近い発音となる。カタカナ英語では、「オーバー」と表記される。2286

オーバー【over】

読み方:おーばー

【一】[名](スル)

数量などが限度を超えること。超過。「重量制限を―する」「予算―」

物の上を越したり、覆ったりすること。「外野フェンスを―する」「―セーター

《「オーバーコート」の略》防寒用の外套(がいとう)。

ゴルフで、打ったボールねらった目標の先まで行くこと。⇔ショート

オーバーパー」の略。「ツー―」⇔アンダー

《overexposureから》写真で露出または現像過度なこと。「露出―」⇔アンダー

【二】形動大げさなさま。「―なジェスチャー

[補説] 英語で【二】の意はexaggerated; overdoneなど。


オーバー

行政入力情報

団体名 オーバー
所轄 大分県
主たる事務所所在地 豊後大野市清川町三玉686番地
従たる事務所所在地
代表者氏名 松田 正人
法人設立認証年月日 2003/06/13 
定款記載され目的
この法人は、児童障害者高齢者に対し、この近隣地域生活する上で困ったこと起こった時、公的私的或いは障害有無等の垣根を越えてサポートできる事業又は、子どもの健全育成を図る事業を行うことを目的とする。 
活動分野
保健・医療福祉     社会教育     まちづくり    
観光     農山漁村中山間地域     学術・文化芸術スポーツ    
環境保全     災害救援     地域安全    
人権・平和     国際協力     男女共同参画社会    
子どもの健全育成     情報化社会     科学技術振興    
経済活動活性化     職業能力雇用機会     消費者保護    
連絡助言援助     条例指定    
認定
認定・仮認定
認定   認定   旧制度国税庁)による認定   認定更新中  
PST基準
相対値基準     絶対値基準     条例指定()    
認定開始日:       認定満了日:       認定取消日:   
認定年月日:    認定満了日:    認定取消日:   
閲覧書類
監督情報
解散情報
解散年月日  
解散理由  

オーバー

名前 OberAuber

オーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/09 16:36 UTC 版)

オーバー: Over




「オーバー」の続きの解説一覧

オーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 05:39 UTC 版)

クリケット」の記事における「オーバー」の解説

1試合の中でボウラー正規の投球を6球投げたところで1区切りとなる。この6球を1オーバーという。この中には、前述の通りワイド・ボール、ノーボール含まれない。 オーバー数制限がある場合打てる球数実質制限があるため出来る限りボール打ちにいく必要があるルール上ではノー・ボール際限なく打てるため、打てる球数最大で無限になる)。逆にオーバー数制限がない場合いくらでもボール見逃すことができる。

※この「オーバー」の解説は、「クリケット」の解説の一部です。
「オーバー」を含む「クリケット」の記事については、「クリケット」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「オーバー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「オーバー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「オーバー」に関係したコラム

  • CFDのオーバーナイト金利とは

    CFDのオーバーナイト金利とは、CFDの取引において、日をまたいでポジションを保有した場合に発生するお金のことで、金利調整額ともいいます。FXでいうところのスワップに当たります。オーバーナイト金利の発...

  • 株365のギャップリスクとは

    株365のギャップリスクとは、取引時間外のイベントによる急激な値動きの危険性のことです。イベントの内容は、経済指標、政変や紛争、要人の発言、為替動向などが挙げられます。例えば、日経225証拠金取引の取...

  • CFD取引のリスク

    CFD取引をする際にはさまざまなリスクがあります。ここでは、CFD取引のリスクを紹介します。価格変動によるリスクCFDの銘柄は取引時間中に価格が変動します。買い建てをした時には、価格の値下がりにより損...

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オーバー」の関連用語

オーバーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オーバーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府NPOホームページ内閣府NPOホームページ
Copyright (c)2023 the Cabinet Office All Rights Reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオーバー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのクリケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS