認定  とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 認定 > 認定  の意味・解説 

認定

読み方:にんてい

認めること、合否当否可否などを判断して決定すること。とりわけ行政機関そのような判断において「認められる」と判断すること。なお「認定住宅」とは、「認定長期優良住宅」と「認定低炭素住宅」の総称である。認定住宅該当する場合、等特別税額控除対象となる。

にん‐てい【認定】

[名](スル)

資格事実などの有無また、事柄当否などを判断して決めること。「合格と認定する」

国・地方公共団体などの行政機関が、各種事柄存否当否などを判断して決定すること。


にんてい【認定】

台の検定が切れる前にホール申請して使用期間を3年間延ばしてもらうこと。これをしないとみなし機となり、法律上豆電球が切れても釘が折れても修理ができなくなる。

認定

作者雄詩朗

収載図書ショートショートの広場 13
出版社講談社
刊行年月2002.2
シリーズ名講談社文庫


認定

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/16 03:52 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「認定」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「認定」を含むページの一覧/「認定」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「認定」が役に立つかも知れません。(Template:Wiktionary redirect

関連項目



認定

出典:『Wiktionary』 (2014/05/06 00:25 UTC 版)

名詞

にんてい

  1. 事実資格などを、審査判断して確かにこれこれだと認めること。

発音

に↗んてー

翻訳

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
認定-する

翻訳




認定  と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「認定  」に関係したコラム

  • 株式売買を行う日本国内の証券会社の一覧

    個人投資家が株式投資を行う場合、証券会社を通じて株式売買を行うのが一般的です。証券会社は、株式などの有価証券の売買をはじめ、店頭デリバティブ取引や有価証券の管理を主な業務としています。日本国内の証券会...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「認定  」の関連用語

1
76% |||||

2
70% |||||

3
70% |||||

4
70% |||||

5
70% |||||

6
70% |||||

7
70% |||||

8
70% |||||


10
54% |||||

認定  のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



認定  のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
パチンコビレッジパチンコビレッジ
Copyright(C)pachinkovillage.Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの認定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの認定 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS