市民権とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 民権 > 市民権の意味・解説 

しみん‐けん【市民権】

読み方:しみんけん

国籍有する国民または市民としての権利人権民権公権

国民市民としての行動思想財産の自由が保障され国政参加することのできる権利

一部にしか行われなかったものが、広く認められ一般化すること。「—を得つつある言


市民権

国または国家居住者は、ある種政治的権利享受するその国家臣民 1市民 1もしくは国民 1であるか外国市民である在留外国人 2または外国人 2であるか、またはいずれの国の市民でもない無国籍者 3呼ばれる人々である。“臣民”という語は隷属的な意味を持っていたが、今では英語のsubjectsという語にその意味なくなり市民同義語として受け取られることが多い。ただし、時には臣民市民とを区別することがある一国市民一般に、その国の国籍 4を持つ。この語は今日、市民権 4と同じ意味で用いられるが、多民族国家 6では政治的国籍 4民族籍 5とを区別することもある。


市民権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 18:09 UTC 版)

ホームレス」の記事における「市民権」の解説

住所不定となるため、住民票削除されたり(職権消除)、それにともない選挙権が行使できなくなったりすることがある長年行方不明であったために親族から役所失踪届けがなされ、戸籍抹消されている例も見られる住民票消されると、選挙権・被選挙権を失う他、生活保護運転免許取得など、行政の手続き必要な行為のほとんどが実質的に受けられなくなる。 2019年10月発生した令和元年東日本台風台風19号)によって開放された東京都の避難所で、住民票がないホームレス受け入れを拒否したということ明らかになり、各メディア報道された。10月15日行われた参議院予算委員会内閣総理大臣安倍晋三がこの件触れ、「各避難所では避難したすべての被災者適切に受け入れることが望ましい。関係自治体事実関係確認し適切に対応していく。」とコメントしている。厚生労働省この件について、「被害遭われた方に関して全ての方を取りこぼすことがないようにしっかり対応していく姿勢取り組んでいきたい。」とコメントしている。

※この「市民権」の解説は、「ホームレス」の解説の一部です。
「市民権」を含む「ホームレス」の記事については、「ホームレス」の概要を参照ください。


市民権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 00:21 UTC 版)

イギリス連邦」の記事における「市民権」の解説

イギリス加盟国国民国政および地方選挙における選挙権および被選挙権認めている。また加盟国国民には査証発給免除)やワーキング・ホリデーに関する優遇措置がある。さらに自国在外公館置かれていないコモンウェルス外の国において、イギリス在外公館による援護を受けることができる。 これらの特典コモンウェルス市民権(英語版)(英: Commonwealth Citizenship)と称される。この市民権は旧来のイギリス帝国臣民」に対応するもので、1948年イギリス国籍法において制定された。ただし市民権は互恵的なものではなく加盟国国民に対する待遇加盟国によってまちまちである

※この「市民権」の解説は、「イギリス連邦」の解説の一部です。
「市民権」を含む「イギリス連邦」の記事については、「イギリス連邦」の概要を参照ください。


市民権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 15:09 UTC 版)

ハワイ基本法」の記事における「市民権」の解説

この法律では、1898年8月12日以前にハワイ共和国市民であった者は、米国の市民権を有し1898年8月12日以降にハワイ諸島居住した米国市民ハワイ準州市民になるためには、そこに居住しなければならないとされた。

※この「市民権」の解説は、「ハワイ基本法」の解説の一部です。
「市民権」を含む「ハワイ基本法」の記事については、「ハワイ基本法」の概要を参照ください。


市民権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 16:44 UTC 版)

ドン・スティーヴン・セーナーナーヤカ」の記事における「市民権」の解説

1948年導入したセイロン市民権法により70万人以上のタミル人が市民権を剥奪され無国籍となった。この法案は、セイロン・インディアン会議シンハラ人左翼政党全セイロン・タミル会議によって議会激し反対受けた

※この「市民権」の解説は、「ドン・スティーヴン・セーナーナーヤカ」の解説の一部です。
「市民権」を含む「ドン・スティーヴン・セーナーナーヤカ」の記事については、「ドン・スティーヴン・セーナーナーヤカ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「市民権」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

市民権

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 02:27 UTC 版)

名詞

  しみんけん

  1. 国民として認められ永住権参政権などを保障される権利

関連語


「市民権」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



市民権と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

市民権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市民権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのホームレス (改訂履歴)、イギリス連邦 (改訂履歴)、ハワイ基本法 (改訂履歴)、ドン・スティーヴン・セーナーナーヤカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの市民権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS