キリスト教徒とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > キリスト教徒の意味・解説 

キリストきょう‐と〔‐ケウ‐〕【キリスト教徒】

読み方:きりすときょうと

キリスト教を信仰する人。クリスチャン


キリスト教徒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 08:16 UTC 版)

キリスト教徒(キリストきょうと、ギリシア語: χριστιανός, ラテン語: Christianus)あるいはクリスチャン英語: Christian)とは、キリスト教信者聖職者教役者平信徒)のことである。


注釈

  1. ^ マルティン・ルターも、キリスト教徒を「小さなキリスト」(kleiner Christus)と定義した[3]
  2. ^ 古代イスラエルにおいて、頭に香油を注ぐという行為は、王や大祭司などを叙任祝福することに用いられた。イエス・キリストは、「預言者・祭司・王」の三職を兼ね持った救世主であるとされる。

出典

  1. ^ Religious Composition by Country, 2010-2050”. Pew Research Center (2015年4月2日). 2020年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年5月5日閲覧。
  2. ^ 英語版ウィクショナリー-ιανός」参照。
  3. ^ 私達の礼拝”. 日本基督教団 金沢教会 (2016年7月17日). 2021年10月11日閲覧。
  4. ^ キリストの似姿を持つ者として生きる(エレミヤ11章/使徒11章)”. 新宿シャローム教会 (2017年3月10日). 2021年10月11日閲覧。
  5. ^ a b よくある質問”. 神戸に在る教会(The church in Kobe). 2021年10月11日閲覧。
  6. ^ ジョン・ヒック著『もうひとつのキリスト教:多元主義的宗教理解』日本基督教団 ISBN 4818400270
  7. ^ ジョン・ヒック『神は多くの名前をもつ:新しい宗教的多元論』ISBN 4000003143
  8. ^ 宇田進『現代福音主義神学』いのちのことば社
  9. ^ イスラム教徒、2100年には最大勢力 世界の宗教人口予測」『日本経済新聞』2015年4月6日付掲載の共同通信記事(2020年8月5日閲覧)
  10. ^ 日経ヴェリタス』2019年12月22日50面【Econo Graphics】キリスト教信者の多い国ランキング
  11. ^ 『宗教年鑑 令和3年版』宗教統計調査の主な結果” (2022年1月17日). 2022年6月14日閲覧。
  12. ^ さわやかな風のように ―福祉のまなざしを求めて―八巻正治著、キリスト新聞社(pp.235)


「キリスト教徒」の続きの解説一覧

キリスト教徒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/04 00:15 UTC 版)

聖ゲオルギウスの祝祭 (パレスチナ)」の記事における「キリスト教徒」の解説

かつては、この祝祭パレスチナ中からアラブ人やってきてアルハディルの町にある聖ゲオルギウス修道院訪問しパンなどを取引したり、供犠行ったり修道院周りにあるオリーヴの木の下でピクニック集まったりしていた。このような伝統今日も残っており、聖ゲオルギウス癒やしの力を持っているという逸話多数あるため多くのキリスト教徒の巡礼者が子どもに洗礼受けさせようとやってくるドラゴン退治をする聖ゲオルギウスの姿を表現した特別なパンを焼く習慣もある。聖職者は肉を贈りものとして受け取るが、この修道院キリスト教的伝統においては本来は動物供犠行われない5月6日朝にはベイト・ジャラ、ベツレヘム、ベイト・サフールなどパレスチナ他の地域からパレスチナ人キリスト教徒修道院まで行進を行うことになっている

※この「キリスト教徒」の解説は、「聖ゲオルギウスの祝祭 (パレスチナ)」の解説の一部です。
「キリスト教徒」を含む「聖ゲオルギウスの祝祭 (パレスチナ)」の記事については、「聖ゲオルギウスの祝祭 (パレスチナ)」の概要を参照ください。


キリスト教徒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 14:28 UTC 版)

インド人の名前」の記事における「キリスト教徒」の解説

インドのキリスト教徒の名前は過去2世紀経過経てインド命名法西欧命名法とが独特な形で融合したものとなった。たとえば Xavier Antony Alex Miranda という名前があり得るが、この場合 Xavier は父名、Antony個人名Alex第二名、Miranda家族名である。しかしやはり地域によって様々な形式がある。

※この「キリスト教徒」の解説は、「インド人の名前」の解説の一部です。
「キリスト教徒」を含む「インド人の名前」の記事については、「インド人の名前」の概要を参照ください。


キリスト教徒

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 22:01 UTC 版)

ヴァールブルク」の記事における「キリスト教徒」の解説

カール大帝ザクセン戦争により、ディーメル川周辺地域フランク王国征服された。フルダ修道院ドイツ語版英語版)の創始者修道院長のシュトゥルミウス(ドイツ語版英語版)は、カール大帝委託を受けて774年にディーメル川およびヴェーザー川周辺地域布教行った805年/806年に新たに昇格したパーダーボルン司教区司教にハトゥマールが登位した。この司教区は、初めはヴュルツブルク司教高権下に置かれていた。パーダーボルン司教時代とともに権力獲得していった。822年からこの地域の裁判権不可侵特権を、885年からは聖堂聖職者による司教選出権利得た822年に、近所ヘクスター近郊)にベネディクト会コルヴァイ修道院創設された。この修道院1802年世俗化された。ヴァールブルクは、1321年から1806年までパーダーボルン司教領ドイツ語版英語版)に属したその中で本市身分制議会半分占めていた。 ヴァールブルクは、ザクセン人主神であるイルミンズール(ドイツ語版英語版)の所在地であった可能性がある。 ヘルリングハウゼン地区を除く現在の市域は、伝統的にカトリック優勢である1816年以降はプロイセン行政役人着任によってプロテスタント信者比率高まった1826年中核市区福音主義教会組織された。この福音主義教会は、1890年に 948人(ヘルリングハウゼンの 350人を含む)、1937年に約 1,400人、戦後は(最高時点は1947年10月一時的に 3,650人(ヴァールブルク市に 2,200人、400人はデッセル難民収容所収容されていた)の信者擁したヴァールブルクには十分な職場存在しなかったため、多くの難民工業密集地域移り住んだため、福音主義信者の数は再び大きく減少した1980年代と1990年代東欧からの引き揚げ者加わった。しかし、プロテスタント少数派に留まった。1975年周辺村落部との合併によってカトリック比率はさらに高まった

※この「キリスト教徒」の解説は、「ヴァールブルク」の解説の一部です。
「キリスト教徒」を含む「ヴァールブルク」の記事については、「ヴァールブルク」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キリスト教徒」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

キリスト教徒

出典:『Wiktionary』 (2021/09/25 03:00 UTC 版)

名詞

キリスト教徒 (キリストきょうと)

  1. (キリスト教) キリスト教信仰する

関連語

翻訳


「キリスト教徒」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

キリスト教徒のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キリスト教徒のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキリスト教徒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの聖ゲオルギウスの祝祭 (パレスチナ) (改訂履歴)、インド人の名前 (改訂履歴)、ヴァールブルク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキリスト教徒 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS