市民権を得るとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 市民権を得るの意味・解説 

市民権を得る


市民権を得る

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 18:46 UTC 版)

チャールズ・ジェンキンス」の記事における「市民権を得る」の解説

1972年6月30日北朝鮮市民権与えられた。4人のアメリカ人ばらばらにされ、ジェンキンスとドレスノクは勝湖区域立石里に移りそれぞれ家と料理人与えられたパリッシュアブシャーには、その後7年間も会えなかった。 料理人監視役兼ねていた。最初は、リ・スンジという女性であったが、彼女は米国人のようなのために料理するのはごめんだわ」と宣告し果たしその通りほとんど料理はしなかったし、掃除もしなかった。性格的に合わなかった。当初はいろいろと脅迫してきたが、彼女は養蜂箱を持っていて蜂蜜現金に交換し外貨商店にはジェンキンスが行って彼女の欲しいもの買ってやるという取引成り立った1973年5月1日平壌士官学校で英語を教えるよう指示された。ここで腕に「USアーミー」の入れ墨彫ってあったことが見つかりこの年の夏、その文字切除された麻酔なしでだった。北朝鮮英語教育イギリス英語採用されていたため、彼の話すアメリカ英語同国生徒教師驚きをもって迎えられたという。1976年8月士官学校閉鎖になって英語教師仕事が解かれた。1978年、ドレスノク、パリッシュアブシャー3人結婚した相手はいずれ拉致被害者であった。 リ・スンジの次の料理人はコ・チュンミという女性だったが、1日1回は必ず激し発作起こしひっくり返すし、体は痙攣起こし転げ回って舌をかむという具合どうにもならなかった。この女性は「組織」引き取ってもらうことをお願いし、1980年1月彼女は連れ去られた。

※この「市民権を得る」の解説は、「チャールズ・ジェンキンス」の解説の一部です。
「市民権を得る」を含む「チャールズ・ジェンキンス」の記事については、「チャールズ・ジェンキンス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「市民権を得る」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「市民権を得る」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「市民権を得る」の関連用語

市民権を得るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市民権を得るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチャールズ・ジェンキンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS