市民権の剥奪とは? わかりやすく解説

市民権の剥奪

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/09 04:44 UTC 版)

ポライモス」の記事における「市民権の剥奪」の解説

1935年11月14日ニュルンベルク法増補版である血統及び名誉保護法可決アーリア人種と非アーリア人種との結婚禁じられる事となった。ロマ定義付ける基準は、他の如何なる集団定義付けるものよりもほぼ2倍厳格であった。 その後第2ニュルンベルク法帝国市民権法により、1936年3月7日をもってユダヤ人と同様「非アーリア人種」や黒人ロマ選挙権喪失した1938年12月には「ジプシー撲滅令」とよばれるロマに対する迫害令が出されている。

※この「市民権の剥奪」の解説は、「ポライモス」の解説の一部です。
「市民権の剥奪」を含む「ポライモス」の記事については、「ポライモス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「市民権の剥奪」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

市民権の剥奪のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市民権の剥奪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのポライモス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS