市民権法とは? わかりやすく解説

市民権法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 06:10 UTC 版)

市民権法(しみんけんほう)とは、市民権の付与条件について定めた法律。公民権法ともいう。




「市民権法」の続きの解説一覧

市民権法(1958年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 14:07 UTC 版)

ブータン難民」の記事における「市民権法(1958年)」の解説

2代目国王ジグミ・ワンチュク統治下にあった1950年代にかけて移民の数は大幅に増加し国王とブータンハウス(英語版)のドルジ家(英語版)との間に緊張引き起こした。市民権法(1958年)(英語版)により、1958年以前に10年以上ブータン居住していることを証明できるに対しては、特赦与えられた一方で1958年政府新たな更なる移民禁止したインド政府援助を受けて1961年より政府は大規模なインフラ開発を含む開発計画着手した多くのインド人労働者導入しようとするインド政府思惑とは裏腹に当初ブータン政府国内労働力によって ティンプー-プンツォリン間の幹線道路建設することに固執し自国実力示そうとした。またブータン政府には移民抑制しようとする意図もあった。プロジェクト成功し182キロメートル幹線道路をわずか2年完成させた一方でインドから労働者受け入れた影響不可避であった。ブータン国民のほとんどが自営農家あるためブータンには大規模なインフラ計画進んで志願する労働者がいなかった。結局熟練・非熟練を問わず多くの建設労働者インドから移住してきた:162165, 220これらの人々大半ネパール系で、ブータン政府要求通り南部へ移住し合法あるいは非合法に居住するネパール住民混じって暮らしていた。政府切迫した状況にも拘らずこのような移民動向長年適切に管理されない状態が続いた。実は、検問所入国管理局初め設立されたのは1990年のことであった

※この「市民権法(1958年)」の解説は、「ブータン難民」の解説の一部です。
「市民権法(1958年)」を含む「ブータン難民」の記事については、「ブータン難民」の概要を参照ください。


市民権法(1985年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 14:07 UTC 版)

ブータン難民」の記事における「市民権法(1985年)」の解説

ネパール系の不法移民のみならず長年居住している移民ですら、国の文化的政治的な多数派融和していないという事実を、ブータン政府1980年代まで認識していた。大半ローツァンパ文化的にネパール民族であり続けた政府は、不法移民については概ね無視をしていたが、補助金を支給することで民族融和のための異民族間の結婚推奨してきた。しかしながら、この政策はほとんど成功しなかった。ネパール系が優勢なネパールダージリンカリンポン西ベンガル州といった国や地域で大ネパール英語版運動の発生見られブータン人ネパール民族愛国主義脅威感じた:183186, 239:161:63このように国内分断が進むことで、国家統合危機感じた政府は、1980年代に「1国1民族政策異民族国民公的に取り込むと同時にブータンの文化アイデンティティー保護する命令公布した政府保護すべき「文化」とは北部ブータン種々の文化であることを示した。この運動強化するため、ブータン服装礼儀作法に関する規律である ディグラム・ナムジャ(英語版)を用いることを強制した。この政策により、ブータン国民公共の場ではブータン北部民族衣装着用強制され、これに違反する罰金課された。また、ゾンカ語国語とし、その地位強化したネパール語学校教科から外されブータンにおける他の外国語と同様に、学校で教えられることはなくなった:68このような政策ブータン国内ネパール経済移民たちに加え人権保護団体からも批判された。ネパール移民これらの政策自分たちの不利益になる感じていた。一方で政府ネパール語による無償教育ブータン南部における不法移民促進していると感じていた。 1985年の市民権法(英語版)では、違法移民抑制するため、1958年の市民権法(英語版)を強化しよう試みた1980年政府事実上初となる国勢調査行った調査結果に基づき1958年基準として、ネパール移民に対して市民権与えか否か決定した1958年ネパール住民初めブータン市民権を得た年である。1958年以前にブータン居住していたことが証明できない者は不法移民であると宣告された。

※この「市民権法(1985年)」の解説は、「ブータン難民」の解説の一部です。
「市民権法(1985年)」を含む「ブータン難民」の記事については、「ブータン難民」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「市民権法」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「市民権法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

市民権法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市民権法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの市民権法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブータン難民 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS