援助とは? わかりやすく解説

えん‐じょ〔ヱン‐〕【援助】

読み方:えんじょ

[名](スル)困っている人に力を貸すこと。「資金を―する」「国際―」


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/18 01:15 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「援助」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「援助」を含むページの一覧/「援助」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「援助」が役に立つかも知れません。

関連項目



援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 03:56 UTC 版)

スマトラ島沖地震 (2009年)」の記事における「援助」の解説

オーストラリア 軍工兵10団と民間捜索救助部隊36組。オーストラリア海軍掃海艇カニンブラから病院ヘリ36人都市捜索救助チーム20人のオーストラリア防衛軍医療部隊工兵隊25オーストラリアドル医療チーム人道的支援のためにインドネシアNGOムハマディヤに提供。10万オーストラリアドルインドネシア赤十字緊急対応のために提供 。 中国 50ドル規模緊急援助中国赤十字5万ドルデンマーク 6人のクルー野営物資エストニア 情報技術専門家国連災害評価調整(UNDAC)チームに加えて派遣インドネシア震災被害者の援助に100万クローネEU 300ユーロ当の援助。 ドイツ 100万ユーロ当の緊急援助アイルランド アイルランド赤十字ボランティア救助隊食糧飲料水シェルターを援助。 日本 60人規国際緊急援助隊救助チーム23人の医療チームがパリアマンに到着。非常物資テント寝具毛布発電機なども提供。 マレーシア 緊急基金から合計10万マレーシアリンギットマレーシア赤新月社医師看護師救援事務員など5人からなる地方災害対応チーム被災者への緊急救助提供するためにパダン派遣 。 マーシー・マレーシア は10月1日パダン必要な人道的支援実地評定するための指導チーム派遣10月4日から、スマトラ島パダン北方80kmの位置にあるパリアマン近郊震災被害者を救うために、整形外科医総合外科麻酔外科総合開業医看護師を含む外科手術医療チームを展開10万マレーシア・リンギット当のある手術セット医療セット装備39名の隊員からなるマレーシア捜索救助隊(Malaysian Search and Rescue Team;Smart)はパダン到着し瓦礫の下敷きとなった震災被害者を捜索救助するために支援マレーシア陸軍医療団の17人の将校マレーシア健康省の8人の官僚国立捜索師団非政府組織マーシー・マレーシアからの2人幹部を含む医療チーム派遣ジョホールバルマレーシア工芸大学14人のボランティアパダン派遣し人道救助大学スタッフ含み新鮮な物資補給オランダ 50ユーロ緊急援助ノルウェー 緊急援助活動のために2000ノルウェークローネ拠出ロシア 2機の航空機戦略的支援物資医療物資医師看護師探索捜索救助部隊派遣サウジアラビア 2台のトラック1台災害対応救急医療ユニット捜索救助隊、医療品建物下敷きになった死者生存者発見使われる4匹の捜索などを乗せた同国最大の輸送機シンガポール 5万ドル当の一時シェルターブランケット医療品など緊急救助物資の提供。42人の市民防衛軍捜査救助分遣団と3台のヘリ韓国 43人の規模捜索救助チームと援助50ドルスイス 捜索救助チーム派遣カタール 航空機1機。捜索救助チーム戦略的物資補給台湾 15ドル当の援助。 タイ王国 10月3日飛行機によるジャカルタへの17ドル当の援助物資アラブ首長国連邦 56人の捜索救助チーム医療物資重機械。 アメリカ 30ドル緊急援助300ドルの援助、ハーキュリー輸送機乗組員USS デンバー支援英国 災害規模算定のための人道主義的専門家国際開発省チームによるイギリス援助機関スタッフプラスチック板金浄化設備医療救助設備インドネシア行き捜索救助チーム65人の消防士から構成また、グランジマス、スターリングシャーに配置された10人の英国国際救助隊スマトラへ、瓦礫の下敷きとなった生存者探すための集音装置カメラのついた瓦礫もぐりこむ機器専門家で、装備 グロスター配置された救助捜索専門家Rapid-UKは16人の救助医療チーム

※この「援助」の解説は、「スマトラ島沖地震 (2009年)」の解説の一部です。
「援助」を含む「スマトラ島沖地震 (2009年)」の記事については、「スマトラ島沖地震 (2009年)」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 08:20 UTC 版)

マーシャル・プラン」の記事における「援助」の解説

表11948年4月3日から1951年6月30日までにアメリカ政府が援助のために予算要求した額、アメリカ議会大統領支出権限付与した額、および支出能基金として計上された予算総額である。 表1 年度別援助基金額(単位100万ドル1948年4月3日-1949年6月30日1949年7月1日-1950年6月30日1950年7月1日-1951年6月30日政府要請額 6,800 4,280 3,100 14,180 支出権限付与額 6,450 4,280 2,700 13,430 使用可能基金 予算割当額 5,074 3,628 2,200 10,902 借入権限借款972 150 63 1,185 借入権限投資保証150 50200 中間援助から繰入れ 15 721 その他基金から繰入れ 10 225 217 452 小計 6,221 4,060 2,480 12,760 その他機関移転 ― ― 225 225 使用可能基金純計) 6,221 4,060 2,254 12,535 援助資金毎年議会議決経て予算化され3年3か月間予算として125億3490ドル計上された欧州復興にとって最も重要な時期とされた初年度には約半額計上され次年度以降は減少した初年度には食糧飼料肥料燃料が主に供与され救済性格濃厚であった。次年度以降は工作機械人的資源投入量が増加したが、なおも大半の国では人民の生活維持という課題完全に解決できずにいた。 援助のうち8割は直接贈与、約1割EPUを通じて他の参加国引出与えることを条件とする贈与という形態をとった。また、1割占め借款返済期限33年利率2.5%の条件貸し付けられた。このほかアメリカ企業対ヨーロッパ投資活性化させるべく、2億ドル投資保証基金設けられたが、利用実績芳しくなかった表21948年4月3日から1951年6月30日までにアメリカ供与し贈与借款総額である。なお援助額には諸説あり、算出対象時期いつからいつまで設定するか、MSA援助として供与された分扱いどうするかなどといった要因によって、さまざまな数値示されている。下表商務省調査および経済企画庁調査基づく。 なお「*」を付した一部推計値を含む。また「ドイツ」とは、ソ連占領区域除いた部分(1949年以降西ドイツ)を指す。「GNP総額には、1948年から1950年までの3年間における各国GNP総額を、また「対GNP比」には「GNP総額に対する「援助総計」の比率示している表2 国別援助供与国・地域贈与100万ドル借款100万ドル)援助総計100万ドル)対援助総計比(%)GNP総額100万ドル)対GNP比(%) オーストリア 492492 4.80 9,475 5.19 ベルギールクセンブルク 48 52 537 5.23 *29,393 1.83 デンマーク 200 31 231 2.25 11,194 2.06 フランス 1,869 191 2,060 20.08 *84,152 2.45 連合国軍占領下ドイツ西ドイツ 1,172 2 1,174 11.44 *76,020 1.54 ギリシャ王国 386 1 387 3.77 11,848 3.27 アイスランド 13 3 17 0.17 *645 2.64 アイルランド 11 128 139 1.35 *3,995 3.48 イタリア 959 74 1,034 10.08 44,494 2.32 オランダ 659 151 809 7.89 16,845 4.80 ノルウェー 164 35 199 1.94 7,802 2.55 ポルトガル 8 25 33 0.32 *4,554 0.72 スウェーデン 82 20 103 1.00 23,062 0.45 トリエステ自由地域 3030 0.29 — — トルコ 17 71 89 0.87 10,357 0.86 イギリス 2,329 346 2,675 26.07 132,503 2.02 欧州決済同盟 (EPU) 5151 0.50 — — その他 200200 1.95 — — 総計 9,128 1,132 10,260 100.00 *466,837 2.20 この表によると、期間中アメリカ供与した援助の総額1026000ドルそのうち実に89%を無償援助が占めていた。国別の援助額をみると、最大の援助国であるイギリスが援助総額4分の1以上を占めた。以下、フランスドイツイタリアと続く。対GNP比ではオーストリアギリシャオランダなどが高い値を示している対して供与する側であるアメリカ1948年から1950年までのGNP合計額は8103億ドルで、3年余り間に供与された援助額に対する負担割合年平均で1.3%に留まった。1947年度のアメリカ歳出総額(369ドル)と比較すると、援助額の割合3割弱となる。 援助の大部分は商品形で供与された。物資の内訳次の通り原材料半製品33%、食糧飼料肥料29%、機械輸送機器17%燃料16%、その他資材5%。また、これらの物資調達先は、アメリカ69.7%、カナダ11.8%、ラテン・アメリカ7.7%、ヨーロッパ(援助計画参加国)4.3%、その他6.2%となっている。 この当時アメリカ商品供給能力他の諸国圧倒しており、援助物資は主にアメリカから調達された。即ちアメリカ政府巨額の資金負担したが、その多くアメリカからヨーロッパへ輸出によって国内還流したことになる。 なお最後に挙げた6.2%」のほとんどは中東産の石油であったこの頃アメリカ世界最大産油国であったが、アメリカ産石油専ら旺盛な国内需要満たすために用いられたために急速に油田開発進行していた中東石油ヨーロッパ振り向けられたのである。なお、根拠となっていた対外援助法第112条第b項は、その後供給量増加背景として国内産業者から修正求め圧力加わった結局条文修正されることはなかったが、解釈変更によって国内業者にも輸出への道開かれた対外援助による輸出国内生産占め比率商品別にみると、航空機(52%)、綿花(42%)、小麦(40%)、車輛(36.4%)、肥料(33.5%)などが高い比率となっている。中でも綿花小麦ヨーロッパ市場提供する余力充分にあったために援助物資中心となった裏を返せば、このことはヨーロッパアメリカ余剰生産物捌け口として機能したことを示している。なお、クレイトン余剰生産物市場確保必要性指摘していたことは、既に述べた通りである表3アメリカ1946年以降供与し経済援助地域別内訳である。なお、各数値の総和が「合計一致しないのは、地域区分不能の部分存在するめである表3 米国による戦後期経済援助地域構成地域1946-1948年1949-1952年援助額(100万ドル) 援助割合(%) 援助額(100万ドル) 援助割合(%) 東アジア 2,070 16.49 3,044 16.34 南アジア 40 0.32 261 1.40 中近東 566 4.51 1,073 5.76 アフリカ 10 0.08 6 0.03 欧州 8,626 68.72 13,647 73.24 ラテン・アメリカ 98 0.78 98 0.53 オセアニア 17 0.14 8 0.04 合計 12,553 100.00 18,633 100.00 この表によると、ヨーロッパへの援助はどちらの期間でも全体3分の2を超える高い割合示しており、この時期のアメリカ対外援助政策ヨーロッパ極めて重視するものであったことが判る。なおUNRRAなどを通じて東ヨーロッパソ連にも供与されていた援助はマーシャル・プラン策定軌を一にして激減しており、ヨーロッパ援助のほとんど全て西ヨーロッパ向け援助たるマーシャル・プラン援助が占めていた。

※この「援助」の解説は、「マーシャル・プラン」の解説の一部です。
「援助」を含む「マーシャル・プラン」の記事については、「マーシャル・プラン」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/04 03:34 UTC 版)

連合国救済復興機関」の記事における「援助」の解説

対象 UNRRAの援助対象は主に欧州諸国、特に東欧であったアジアでは中国朝鮮フィリピンが主要受益国として挙げられる。のちにUNRRA理事会は旧敵国枢軸国)のうち、イタリアオーストリアを援助対象に加えることを承認した。だが、ドイツ日本対象含まれることは決してなかった。 物資の内訳 人民生命と健康を維持するために食糧衣服医薬品など用意され農業工業再興を図るために種子肥料家畜燃料機械類提供された。また、これら必要物資送付するために、大量のトラック買い付けられた。 事務手続 事務局長は、個々の参加国政府提出させた援助要請内容審査し策定した全体計画英米合同評議会 (Anglo-American Combined Board) に提出する英米合同評議会は、連合国軍隊の必要物資充足された後、利用可能物資及び船舶UNRRA及び各国政府割り当てる援助物資受取り国政府引き渡されるが、政府物資国内での分配と、自国通貨での売上高とを峻別して把握し売上高UNRRA合意した目的で救済使用する援助供与国のうち米国の場合対外経済局 (Foreign Economic Administration) が実施機関としてUNRRAとの関係を調整した対外経済局は、UNRRA調達必要とする物資最終審査行い武器貸与陸軍貯蔵かのいずれかから、場合によっては財務省農務省を通じて物資発注したのち、船舶輸送の手続き行った同局はのちに廃止され国務省任務継承した

※この「援助」の解説は、「連合国救済復興機関」の解説の一部です。
「援助」を含む「連合国救済復興機関」の記事については、「連合国救済復興機関」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/06 00:03 UTC 版)

日本とカンボジアの関係」の記事における「援助」の解説

日本1992年以降政府開発援助ODA)において2010年時点で19.6億ドル(対カンボジアODA全体18%)を援助しカンボジアにとって最大の開発援助となっている。また、ペルシャ湾派遣に続く2度目自衛隊の海外派遣カンボジア派遣が行われた。 2007年6月日本カンボジア政府投資の自由化促進に関するカンボジア投資協定締結した日本政府地雷除去教育分野大きな援助を行なっているまた、日本1993年アンコール遺跡救済国際会議東京開催以降この会議設置されアンコール遺跡保存修復国際調整委員会ICC)で日本フランスとともに共同議長務めている。 自衛隊は、定期的にカンボジアに対して地雷除去主とする能力構築支援事業実施している。 日本の援助で、1963年プノンペンカンボジア日本友好英語版)が作られた2001年にはメコン川きずな橋2015年にはつばさ橋作られた2014年発行された500リエルには、きずな橋つばさ橋が日章旗と共に描かれている。

※この「援助」の解説は、「日本とカンボジアの関係」の解説の一部です。
「援助」を含む「日本とカンボジアの関係」の記事については、「日本とカンボジアの関係」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 16:22 UTC 版)

アフリカの角食糧危機」の記事における「援助」の解説

2006年2月ユニセフ5歳下の子供たち150万人が旱魃危機さらされているとして、被害地域のために1600ドル支援呼びかけた

※この「援助」の解説は、「アフリカの角食糧危機」の解説の一部です。
「援助」を含む「アフリカの角食糧危機」の記事については、「アフリカの角食糧危機」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/23 16:13 UTC 版)

アメリカ合衆国の外交政策」の記事における「援助」の解説

詳細は「en:United States military aid」、「en:United States Foreign Military Financing」、および「en:Foreign Military Salesを参照 アメリカの軍事援助は数多く異な手段用いて行われる2001年アメリカは「対外軍事援助」と「コロンビア計画」として計上された予算において約45ドル費やしそのうち20ドルイスラエルに、13ドルエジプトに、そしてコロンビアには10億ドル使われた。9.11以降パキスタン直接軍事援助として約115ドル受け取ったFOXニュースによると、2004年時点において、アメリカ130か国以上において700か所以上の基地所有している。 2010年のアメリカ対外軍事援助と支援推定額は以下の通りである。 受領国軍事援助 (10億米ドル) イラク 6.50 アフガニスタン 5.60 イスラエル 2.75 エジプト 1.75 パキスタン 1.60 コロンビア .834 ヨルダン .300 パレスチナ .100 イエメン .070

※この「援助」の解説は、「アメリカ合衆国の外交政策」の解説の一部です。
「援助」を含む「アメリカ合衆国の外交政策」の記事については、「アメリカ合衆国の外交政策」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 22:18 UTC 版)

アフリカと中国の関係」の記事における「援助」の解説

中国アフリカ独立運動英語版)を強く支援し1960年代と1970年代新たに独立したアフリカ諸国に援助を与えた。最も注目すべき初期のプロジェクト中にはザンビアタンザニアを結ぶ1,860kmのタンザン鉄道があり、中国1970年から1975年まで資金調達建設支援したプロジェクト完成するために約50,000人の中国人技術者および労働者大陸送られた。1978年までに、中国米国よりも多くのアフリカ諸国に援助を与えていた。中国アフリカ主要な援助国になりつつあるためアフリカ諸国政府は、アフリカ経済発展のため中国の援助を活用する適切なメカニズム策定求められている。 アフリカ連合本部中国政府全額出資して建設された。

※この「援助」の解説は、「アフリカと中国の関係」の解説の一部です。
「援助」を含む「アフリカと中国の関係」の記事については、「アフリカと中国の関係」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 10:18 UTC 版)

マラウィの戦い」の記事における「援助」の解説

オーストラリア6月23日フィリピン南部飛行に2台のRAAF AP-3Cオライオン海上哨戒機送ってフィリピン軍監視支援提供する発表した監視サポートに関する任務詳細フィリピンオーストラリア軍の間で完成した後、マラウィAP-3C オライオン早急に配備されることになった 中国5000万人民元(約8億2000万円)相当の武器(ライフル(スナイパーライフル自動小銃高精度ライフル三種)約3000丁、弾薬600発)を援助した中国はまたマラウィ復興のために1500ペソ(3100万円)の小切手寄付した イスラエル[要出典] 及び韓国フィリピン赤十字社マラウィでの活動への寄付をした。欧州連合紛争影響を受けた人達のために85ユーロ(約1億1000万円)相当の人道支援寄付することを約束したインドマラウィ救済再建に3200ルピー(約5400万円)を寄付したトルコ協力調整機関は、仮設学習スペース勉強しているマラウイ避難児童を養うための支援約束している シンガポール人道支援物資の運搬空軍C-130の提供を提案し同国はまたフィリピン陸軍都市戦におけるAFP訓練支援するための監視情報能力市街戦への訓練強化支援するためにシンガポール軍操作するUAVを送る提案をした。ロレンザナ国防長官はこの提案受け入れフィリピン陸軍シンガポール軍ISRプログラム研究するよう命じた タイ王国人道支援災害救助プログラム(HADR)の下での人道支援任務のため(戦闘任務には対象外)にマラウィへの軍隊配備提案した アジア開発銀行世界銀行マラウィ再建に関して技術的な援助を提供する意向表明した 7月6日マレーシア軍マラウィ市民への人道支援物資届け意向表明した7月21日までにマレーシア空軍エアバス A400Mを通じて年内避難民のために食料医薬品送られている7月25日状況悪化していくにつれてより多くの人支援物資送ること約束した

※この「援助」の解説は、「マラウィの戦い」の解説の一部です。
「援助」を含む「マラウィの戦い」の記事については、「マラウィの戦い」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/24 02:10 UTC 版)

ソマリランドと中華民国の関係」の記事における「援助」の解説

両国は、海事での安全強化医療衛生面と教育面での提携など協力している。中華民国財団法人国際合作発展基金会(ICDF)の「友好国医療スタッフ訓練プロジェクト」でソマリランド医療人員23名の訓練代行2020年から、台湾奨学金制度始まりソマリランドの若い学生3名奨学金制度を通じて台湾学位取得を行う。また政府間の協力以外にも台湾路竹会などの非政府組織無償診療活動行っているまた、中華民国政府新型コロナウイルス感染症の流行 (2019年-)際に15万枚マスク贈り2019年20年蝗害英語版)の際に300トン白米贈った

※この「援助」の解説は、「ソマリランドと中華民国の関係」の解説の一部です。
「援助」を含む「ソマリランドと中華民国の関係」の記事については、「ソマリランドと中華民国の関係」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/24 13:51 UTC 版)

リビア人民軍」の記事における「援助」の解説

2011年6月29日フランスは、上空からパラシュート使い反体制派に対して武器供与行なっていることを認めたフランス報道官は、「市民が自らを守るためだ」と正当化した

※この「援助」の解説は、「リビア人民軍」の解説の一部です。
「援助」を含む「リビア人民軍」の記事については、「リビア人民軍」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/16 14:52 UTC 版)

スカイメトロ」の記事における「援助」の解説

スカイメトロは、年間673万人2010年現在)の旅客のために役立っており、スイスで最も使用されているケーブル方式であると主張されている。 建設費用1億7,600スイス・フランであり、また非常に高価なケーブルカー・システムで、かつ高い安全基準からなる最も複雑なシステム1つである。

※この「援助」の解説は、「スカイメトロ」の解説の一部です。
「援助」を含む「スカイメトロ」の記事については、「スカイメトロ」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 20:44 UTC 版)

マルマライ」の記事における「援助」の解説

マルマライに対し国際協力機構欧州投資銀行が主に援助している。2006年4月までに、旧国協力銀行が1110億円の円借款を、欧州投資銀行10億5000ユーロ融資している。マルマライ総工費は約25ユーロ(約4100億円)と見積もられた。

※この「援助」の解説は、「マルマライ」の解説の一部です。
「援助」を含む「マルマライ」の記事については、「マルマライ」の概要を参照ください。


援助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 20:40 UTC 版)

児童虐待」の記事における「援助」の解説

児童虐待事例への介入として、オープンダイアローグの手法を用いることが試行されている。 報告されているメリットは以下のようなものがある支援者肩の力抜け柔軟になれる。 問題をめぐる矛盾した考え(声)を表現でき、透明性高まる。 当事者発言増えるこの手法を用いることで、被害者加害者支援者全体にとって有益な回復もたらす対話の場面を、より積極的に作り出す効果が期待できる。ただし、暴力という問題深刻さから、安全な対話の場設定することの工夫準備必要である虐待を受けている子どもは恐怖または愛情から親をかばうことがある自分から虐待受けたことを訴えることは稀であり、虐待について確認しても、否定したり、一旦は認めて後からその事実を取り消したりする子どももいる。虐待を受けているという認識を持てないでいる子どもも少なくなく、虐待受けた子どもの多くは、虐待受けたのは自分悪かったせいだと認識しているこのため支援者から自宅戻りたい尋ねられる帰ることを希望し一時保護が解除され結果死亡に至るケースもある。 大阪府では未受診飛び込みによる出産分析し受診妊娠児童虐待死亡事例背景因子が非常に類似していることを確認し、未受診妊娠出生した子どもたちその後児童虐待を受ける事例多数報告されたことを把握したこれにより大阪では未受診妊娠対策医療機関中心に実施されている。 「虐待認めない者(行為虐待認めない者、行為認めるが虐待認めない者)」の割合は、男性が約62%、女性が約48%で、男性割合が約14%高くなっている。「虐待認めない者」は援助を求めない。しかし、虐待者の中には虐待認めても援助を求めない者」も存在し、「援助を求めていない虐待者」の割合は、男性で81.1%、女性で63.4%となっている。女性虐待者へのプログラムはあっても、男性虐待者へは「東京都児童相談センター」と「大阪市児相」「茨城中央児相」が男性向けグループ療法開始しているが、男性向けプログラム用いて実施しているのはこの3児相のみと指摘されている。 2008年4月から6月までの全国児童相談所取り扱った10,000件のケースについて、「児童虐待相談ケース分析に関する調査研究」として全国児童相談所長会が2009年報告書作成している。その調査報告の中で虐待者における虐待認知状況についての項目では、行為虐待認めないものが17.3%、行為認めるが言い逃れにより虐待認めないものが15.7%、行為認めるが信条によるとして虐待認めないものが19.3%、虐待認めて援助を求めているものが30.4%となっていた。 繰り返しDV虐待を行う加害者更生させる支援についての重要性支援NPO団体理事長述べている。 2019年6月公布児童虐待防止対策強化を図るための児童福祉法等の一部改正する法律により、令和4年度までに「児童保護及び支援に当たって児童意見聴く機会及び児童が自ら意見を述べることができる機会確保当該機会における児童支援する仕組み構築児童権利擁護する仕組み構築その他の児童意見尊重され、その最善の利益優先して考慮されるための措置の在り方について検討加えその結果に基づいて必要な措置講ずるもの」とされている三重県では子どものアドボケイト代弁者制度試験導入一時保護所でも子どもの意見を聞く取り組み行った

※この「援助」の解説は、「児童虐待」の解説の一部です。
「援助」を含む「児童虐待」の記事については、「児童虐待」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「援助」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

援助

出典:『Wiktionary』 (2021/11/02 13:12 UTC 版)

名詞

えんじょ

  1. 困っている人や団体力を貸すこと。

発音(?)

え↘んじょ

関連語

動詞

活用


「援助」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「援助」の関連用語

援助のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



援助のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの援助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスマトラ島沖地震 (2009年) (改訂履歴)、マーシャル・プラン (改訂履歴)、連合国救済復興機関 (改訂履歴)、日本とカンボジアの関係 (改訂履歴)、アフリカの角食糧危機 (改訂履歴)、アメリカ合衆国の外交政策 (改訂履歴)、アフリカと中国の関係 (改訂履歴)、マラウィの戦い (改訂履歴)、ソマリランドと中華民国の関係 (改訂履歴)、リビア人民軍 (改訂履歴)、スカイメトロ (改訂履歴)、マルマライ (改訂履歴)、児童虐待 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの援助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS