ユニットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 関係 > ユニット > ユニットの意味・解説 

unit

別表記:ユニット

「unit」の意味

「unit」とは、個々要素や一定の基準を持つ部分を指す英単語である。一般的には全体構成する小さな部分や、測定計算基本となる単位意味する例えば、数学物理学では長さ重さなどの基本単位を「unit」と呼ぶことがあるまた、組織チームの中で独立して機能する部門やグループを指す場合もある。

「unit」の発音・読み方

「unit」の発音は、IPA表記では /ˈjuːnɪt/ であり、IPAカタカナ読みでは「ユーニット」となる。日本人発音するカタカナ英語では「ユニット」と読むことが一般的である。

「unit」の定義を英語で解説

英語での「unit」の定義は、"a single thing, person, or group that is a constituent member of a whole" とされている。これは、「全体の構成要素となる単一のもの、人、またはグループ」という意味である。

「unit」の類語

「unit」の類語には、element, component, part, section, module などがある。これらの単語は、全体構成する個々要素部分を指す場合使われるが、それぞれニュアンス使用される文脈異なる。

「unit」に関連する用語・表現

「unit」に関連する用語表現には、unit price単価)、unit cost単位原価)、unit of measurement測定単位)、unit of time時間単位)、unit circle単位円)などがある。これらの表現は、それぞれ異な分野で「unit」を用いた言葉として使用される

「unit」の例文

1. The company is divided into several units.(会社はいくつかのユニットに分かれている。)
2. The unit of length is the meter.(長さの単位メートルである。)
3. The unit price of this product is $10.(この製品単価10ドルである。)
4. The apartment building has 20 units.(そのアパート20のユニットがある。)
5. The unit of currency in Japan is the yen.(日本の通貨単位は円である。)
6. The unit of time we use most often is the second.(私たちが最もよく使う時間単位秒である。)
7. The unit of weight in the metric system is the gram.(メートル法重さの単位グラムである。)
8. The storage unit can hold up to 100 items.(その収納ユニットは最大100個のアイテム収納できる。)
9. The air conditioning unit is located on the roof.(エアコンのユニットは屋根設置されている。)
10. The computer has a central processing unit.(そのコンピュータには中央処理ユニットがある。)

ユニット【unit】

読み方:ゆにっと

全体構成する一つ一つ要素単位。「—式バス

教育で、単元。「—学習

2人上で構成される集団音楽・演劇ダンスなどの分野用いられる。「新—を結成する

「ユニット」に似た言葉

ユニット

治療の際、患者さんが座る診療イスのこと。口元を照らすライトやうがい場所、治療機器など配備されている。

ユニット

ユニット本来の意味は、単位とか単元であるが、’90年代のポピュラー・ミュージック・シーンにおいては2~3名のグループ意味している。同じくグループ意味するバンド」との違いは、バンド演奏必要なメンバーがすべてそろっている状態に対し、「ユニット」はギターボーカルのみのように楽器奏者が足らなくても構わないということである。ユニットのはしりは、ギターボーカルの「B’Z」、プロデューサーボーカルラッパーの「Globe」あたりであろう。ユニットには、サウンド・プロデューサー作家といった知的なメンバー構成のものが多くバンドという言葉の持つ汗とパワー情熱といったイメージに対してクールでおしゃれなイメージも強い。ユニット流行の裏には、バンド全員契約して資金的リスク抱えるよりも、2~3名のユニットの方が経営的に心というプロダクションお家事情もある。また、打ち込みサウンド全盛時代メンバー大勢いなくてもコンピューター十分なサウンド作りができるという状況もある。ライブツアーの間だけ、契約でユニットのバックをつとめるツアー・ミュージシャンの存在忘れてならない

ユニット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/16 23:10 UTC 版)

ユニット: unit)は、単位集団組織、装置 (device) 等を意味する単語。 なお日本語で「単位」と呼ばれるものが英語で常に「unit」であるとは限らない。単位行列数学用語。英: identity matrix)、大学などの科目単位(アメリカ英語: credit, point)など。




「ユニット」の続きの解説一覧

ユニット(Poppin' Party)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/09 04:31 UTC 版)

BanG_Dream!」の記事における「ユニット(Poppin' Party)」の解説

作中キャラクターの姿を追いかける形で結成されたバンドスタイルの声優ユニットバンド結成発表2015年2月28日以来徐々にバンドメンバー増えていく原作ストーリーをなぞるように少しずつメンバー明かされていったバンド名、Poppin' Party発表5月8日となった。ファーストライブの開催発表され2015年2月28日から9月26日神戸公演までの間に4回のライブをこなす。チケットは3015円と安く設定されており、その上ファーストライブではオリジナル曲Yes! BanG_Dream!」の収録されたCD手渡された。メンバーそれぞれ担当作中キャラクター決まっており、キャラクターと同じ楽器を扱う。メンバーについて後述

※この「ユニット(Poppin' Party)」の解説は、「BanG_Dream!」の解説の一部です。
「ユニット(Poppin' Party)」を含む「BanG_Dream!」の記事については、「BanG_Dream!」の概要を参照ください。


ユニット(CD)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 04:04 UTC 版)

椎名へきる」の記事における「ユニット(CD)」の解説

キャラクターソング以外 発売日タイトル規格品番収録曲歌1st1991年10月23日 DREAMER(MEDH-10002) 「DREAMER」 クリスタル・A ※COMICS IMAGE ALBUM 花のあすか組!(MECH-30015) 「RAIN SONG」「TAKING VOYAGE」 1st2006年4月26日 Size up(SRCL-6252) 「Size up」「嵐のち晴れそして…ひだまり。〜 versionひだまり 2nd2011年12月21日 よーいどん♪(CORS-1123) 「よーいどん♪」「夢乙女」「タカラモノ

※この「ユニット(CD)」の解説は、「椎名へきる」の解説の一部です。
「ユニット(CD)」を含む「椎名へきる」の記事については、「椎名へきる」の概要を参照ください。


ユニット(Unit)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 23:54 UTC 版)

マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧」の記事における「ユニット(Unit)」の解説

MCU世界銀河宇宙の各惑星幅広く流通している通貨単位MCU各作品登場したのはそれほど多くないため、この貨幣種類や、貨幣そのもの地球現代貨幣各種換算するどれ程相当額となるのか、惑星ごとによる使用可否などの詳細情報描写されていないが、現在のところ、ヨンドゥがピーター・クイル/スター・ロード生け捕りにするための懸賞金として4ユニットを彼の首にかける、タニリーア・ティヴァン/コレクターガーディアンズへ“オーブ/パワー・ストーン”の査定金額40億ユニットと提示するグランドマスターソー買い取る金額として“1000万ユニット”を支払う、などの場面がある。

※この「ユニット(Unit)」の解説は、「マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧」の解説の一部です。
「ユニット(Unit)」を含む「マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧」の記事については、「マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧」の概要を参照ください。


ユニット(キャラクター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 02:08 UTC 版)

タクティクスオウガ」の記事における「ユニット(キャラクター)」の解説

各ユニットにはHP体力)、MP魔力)、WTウェイト)、STR(力)、VIT生命力)、INT知力)、MEN精神力)、AGI敏捷性)、DEX器用さ)、LUK運の良さ)のパラメーター設定されている。これらの数値を基に、クラス別の補正がなされ、物理攻撃力間接攻撃力、魔法攻撃力物理防御力、魔法防御力が(シンボルマークで)数値化される。この他個々ステータス画面では、基本的に変動しない、またはクラス別に固定された「move移動力)」、「移動形態」、「ユニオン所属部隊)」、「レイス民族人種)」の確認ができる。またユニットは、一般人間系などに該当する「Sサイズユニット」と、魔獣ドラゴン等のウェイト重く武具装備不可消耗品などの、装備箇所が「袋」のマークであるアイテムのみ所持可能)な「Lサイズユニット」に分けられるLVレベル)は戦闘中何らかの行動起こす事で手に入るEXP経験値)が100蓄積されるごとに0にリセットされ1つ上昇レベルアップ)する。その際成長する能力値LUK以外)は各クラス別に異なっており、戦士系クラスHPSTRVIT等が大きく上昇魔道士系クラスであればMPINTMEN等が大きく上昇する傾向がある。なお、レベルの上限は50、各パラメーター最大値999LUC100WTは1)であり、レベル50到達した時点レベルアップによるパラメーター成長打ち止めとなる。以後パラメーター強化は、ドーピングアイテムや、戦闘時出現する各種カードのみとなる。 エレメント・アラインメント 各ユニットには、例外なくエレメント(『運命の輪』では廃止)と、アラインメントそれぞれ定義されている。 エレメントはユニットの守護属性表し風・炎水・地4つエレメント構成されるエレメントには風⇔地、炎⇔水の相反関係があり、相反属性のユニット間ではお互い干渉効果顕著ダメージ成功率など)となる。逆に同属性間ではこの効果最小となる。また、ユニット属性武具魔法の属性合致をさせた場合は、強化補正を受け、その効果最大限発揮されるため、戦闘時大きな意味合い持ってくる。これも同様に属性装備をした場合、その効果逆にマイナスとなって現れる属性には、他に神聖暗黒無属性である物理があるが、基本的にこれはユニットのエレメントには適用されないアラインメントは、そのユニットの本質思想を表す物で、秩序規律尊ぶロウLaw)、自由と理想求めカオスChaos)、柔軟性客観性併せ持つニュートラルNeutral)の3つ分類されている。『伝説のオウガバトル』とは異なり本作では単に善悪指し示すではなくクラスチェンジ制約といった表面的に関わる要素から、戦闘中天候変動による耐性まで、ユニットに多く影響与える。ユニットの持つエレメント・アラインメント不変だが、デニム・カチュア・ヴァイスの3名は物語進行に伴いアラインメント変化する忠誠度 各ユニットには、能力値エレメント・アラインメントの他に、忠誠度呼ばれるパラメーター存在する。 この数値は文字どおり、そのユニットが現在所属すユニオン指導者、及びそのユニオン方向性方針にどれだけ賛同しているかを表す物である。この数値はマスクパラメーターのため、正確な数値を見る事は出来ないが、ユニットの名前のヘルプメッセージのコメントで、ある程度その状態を窺い知る事は可能である。 忠誠度は、戦闘時冒頭などでの敵将デニム会話選択や、ルート選択時、及び戦闘時行動でも僅かながら変動し戦闘時一定の確率)常に一定という訳ではない。この数値は、ユニットが実戦LVアップした時に限り確実に上昇する忠誠度数値は、高い事での弊害は特にないが、極端に低くなった場合戦闘後警告告知され最悪場合は、そのユニットが離反死亡同様に対象ユニットデータ抹消)する場合もある。これとは別にルート選択時に忠誠度とは関係なく強制離反するユニットも中には存在する

※この「ユニット(キャラクター)」の解説は、「タクティクスオウガ」の解説の一部です。
「ユニット(キャラクター)」を含む「タクティクスオウガ」の記事については、「タクティクスオウガ」の概要を参照ください。


ユニット(カード)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 07:14 UTC 版)

ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の記事における「ユニット(カード)」の解説

ユニットには攻撃力ドロー数、属性スキルなどが設定されており、組み合わせてデッキ作成する。ユニットの攻撃力スキルレベルは、アイテム消費することで強化が可能。 ユニットは、イベント報酬ガシャ、ユニット錬成(同じレア度のユニット2枚消費し、同じレア度のユニット1枚ランダム入手)、他ユーザーとのトレード入手できるまた、一度入手したユニットはユニット図鑑から閲覧できる

※この「ユニット(カード)」の解説は、「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の解説の一部です。
「ユニット(カード)」を含む「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の記事については、「ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い」の概要を参照ください。


ユニット(CD発売済)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 09:03 UTC 版)

下地イサム」の記事における「ユニット(CD発売済)」の解説

ユニット名/メンバーリリース日タイトル発売元備考SAKISHIMA meeting(新良幸人×下地勇)2008年7月26日 SAKISHIMA meeting ARIZE 「SAKISHIMA meeting TOUR東京白石福岡長崎・大阪(キタ・ミナミ)・名古屋那覇竹富島宮古島ほか SAKISHIMA meeting(新良幸人×下地勇)2010年7月29日沖縄限定発売 2nd MAXI SINGLE「サキシマ・ザ・レインボー」 ARIZE レコtourTHE RAINBOW岡山2days東京名古屋2days京都2days那覇ほか シモブクレコード(島袋優×下地勇)2009年6月3日Looking South West」 ARIZE レコtour33回転ランナーTOUR沖縄福岡名古屋・大阪・東京ほか SAKISHIMA meeting(新良幸人×下地勇)2012年12月12日 TOME DOME ARIZE 2013年公開映画カラカラテーマソング。「SAKISHIMA meeting TOURSAKISHIMA meeting(新良幸人×下地勇)2013年7月18日 SAKISHIMAmeeting THE BEST ARIZE 初アルバムにしてベストアルバム!?これまで発表した「SAKISHIMA のテーマ」、映画カラカラ」のテーマソングTOME DOME」、エイサー使用される「カーチパイ」等、新曲4曲、カバー曲ライブ音源を含む全14収録。「SAKISHIMA meeting TOUR2014年3月16日 NY Timesにて初PVDanny Boy』が公開されるhttp://www.nytimes.com/2014/03/17/opinion/the-flute-the-flute-is-calling.html?_r=0

※この「ユニット(CD発売済)」の解説は、「下地イサム」の解説の一部です。
「ユニット(CD発売済)」を含む「下地イサム」の記事については、「下地イサム」の概要を参照ください。


ユニット (実在)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/06 16:13 UTC 版)

Lily Chou-Chou」の記事における「ユニット (実在)」の解説

音楽ユニットとしての「Lily Chou-Chou」は、2001年公開され映画リリイ・シュシュのすべて」と連動する形で始動当時楽曲制作担当する音楽プロデューサー小林武史歌唱担当Salyuプロモーションビデオ制作歌詞などを担当する岩井俊二の3人で活動していた。シングルアルバムといった作品リリースした後、映画公開終了とともに一旦ユニットとしての活動終了するその後2010年から活動再開するが、メンバー構成小林武史Salyu新しく加わったギター名越由貴夫の3人となり岩井俊二の名前は含まれていない。 なお、2009年から小林武史大沢伸一とともに劇中に登場するバンド同名同じくSalyuボーカル据えたBradberry Orchestraブラッドベリ・オーケストラ)」というユニットをスタートさせているが、Lily Chou-Chou関連プロジェクトとの関係について公式には言及されていない

※この「ユニット (実在)」の解説は、「Lily Chou-Chou」の解説の一部です。
「ユニット (実在)」を含む「Lily Chou-Chou」の記事については、「Lily Chou-Chou」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ユニット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ユニット

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:09 UTC 版)

語源

名詞

  1. 構成単位単位
  2. 分割不可能単一物
  3. 設備機具一式
  4. 単元
  5. 複数人構成される集団

発音(?)

ゆ↘にっと

関連語


「ユニット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ユニットと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ユニット」の関連用語

ユニットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ユニットのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
歯イタッ!でどっとこむ歯イタッ!でどっとこむ
Copyright (C) 2024 haitade.com All Rights Rserved,
歯イタッ!でどっとこむ教えて歯科用語
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2024 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのユニット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのBanG_Dream! (改訂履歴)、椎名へきる (改訂履歴)、マーベル・シネマティック・ユニバースの設定・用語一覧 (改訂履歴)、タクティクスオウガ (改訂履歴)、ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い (改訂履歴)、下地イサム (改訂履歴)、Lily Chou-Chou (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのユニット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS