全体の構成とは? わかりやすく解説

全体の構成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 09:21 UTC 版)

史記」の記事における「全体の構成」の解説

史記』は、「本紀12篇、「表」10篇、「書」8篇、「世家30篇、「列伝70篇の計130からなる本紀 - 帝王記録で、主権者交代年代順記したもの。 表 - 歴史事実簡略化し、表で示したもの。 書 - 政治に関する特殊なテーマごとに、記事整理したもの。 世家 - 諸侯記録をその一族ごとに記したもの。 列伝 - 各分野活躍した人物の行い記したもの。 「本紀」と「列伝から成るこの形式は「紀伝体」と呼ばれ中国の歴史書の模範とされた。なお、司馬遷の「報任少卿書」には「十表、本紀十二、書八章、世家三十列伝七十」という文章があり、「表」が冒頭に置かれていた可能性もある。 『史記』が対象とする時代は、伝説時代である五帝黄帝から、前漢武帝までであり、その記述中国古代史研究において最も基本的な資料であるとされているまた、列伝」の末尾には司馬遷自序である「太史公自序」が附され司馬氏一族歴史や、彼が『史記』の執筆に至った経緯背景述べている。

※この「全体の構成」の解説は、「史記」の解説の一部です。
「全体の構成」を含む「史記」の記事については、「史記」の概要を参照ください。


全体の構成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/23 01:02 UTC 版)

赤いシリーズ」の記事における「全体の構成」の解説

オープニングAパートBパート…と続きエンディングはない。最後に次回予告がある。

※この「全体の構成」の解説は、「赤いシリーズ」の解説の一部です。
「全体の構成」を含む「赤いシリーズ」の記事については、「赤いシリーズ」の概要を参照ください。


全体の構成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/16 17:39 UTC 版)

為氏本源氏物語系図」の記事における「全体の構成」の解説

本「為氏本源物語古系図」は以下のような部分から成り立っている。この構成多くの源氏物語古系図と同様ものである前付源氏物語のおこり系譜部分 不入不知糸入無名人後付居所の事・巻名目録奥書

※この「全体の構成」の解説は、「為氏本源氏物語系図」の解説の一部です。
「全体の構成」を含む「為氏本源氏物語系図」の記事については、「為氏本源氏物語系図」の概要を参照ください。


全体の構成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/09/16 17:39 UTC 版)

正嘉本源氏物語系図」の記事における「全体の構成」の解説

本「正嘉本源物語古系図」は以下のような部分から構成されている。この構成多くの源氏物語古系図と同様ものである前付巻名目録天理図書館蔵本では欠落している。) 系譜部分 不入不知糸入詠歌無名人無名人奥書 なお、「後付」は存在しない

※この「全体の構成」の解説は、「正嘉本源氏物語系図」の解説の一部です。
「全体の構成」を含む「正嘉本源氏物語系図」の記事については、「正嘉本源氏物語系図」の概要を参照ください。


全体の構成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 06:20 UTC 版)

排出器官」の記事における「全体の構成」の解説

体内成分から水分その他の成分くみ出すのが目的であるから一方末端循環系体腔から液体吸い出す構造がある。この部分には幾つかの形がある。くみ出された液体が尿である。 そこから体外に尿を運ぶための導管があり、これは往々にして輸尿管と言われるまた、場合によっては排出の手前にそれを一旦貯蔵する袋状の構造がある場合があり、これを膀胱と言う

※この「全体の構成」の解説は、「排出器官」の解説の一部です。
「全体の構成」を含む「排出器官」の記事については、「排出器官」の概要を参照ください。


全体の構成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/19 00:33 UTC 版)

SASHIKO + 48GROUP 4コマ劇場 よんぱち+」の記事における「全体の構成」の解説

見開き2ページ掲載される4コマ漫画3本と、タイトル部分イラストタイトル下のコーナーおよび欄外の注釈から構成されるタイトル部分 大きな黒色の線(線の中に白抜きで「SOCIAL NETWORK SASHIKO」と記されている)でできた円が描かれており、円から少しはみ出すかたちで『○○○+』というメインタイトルと指原等その回の主人公イラスト描かれている。またその円の中には、「第○○○回」という回数表記、「AKB48 4コマ相関図」というサブタイトル、「秋元康=企画監修」、「田辺洋一郎=漫画」、「AKB48グループ=出演」といったクレジット情報記されている。 『さしこ+』時代は指原以外のメンバー主題となった時は本来のタイトルさしこ+』には×印被せられタイトルともども隅に追いやら困惑している(主役奪った人物によっては逆によだれを垂らしながら羨望の眼差し向けている場合もある)指原も描写され、タ:イトルもさしこの部分他のメンバーニックネーム差し替えていた。初期には円の左上サブタイトル風の文言記載されていた。毎年じゃんけん大会直後の回は『さしこ+』時代タイトルを『じゃんけん+』に差し替えていた。 タイトル下のコーナー 初期には今回メンバー」として指原を含むその回に登場する3、4名の人物のプロフィールイラスト入り掲載していた。その後もその回の4コマ漫画部分取り上げられる人物出来事についてのイラスト掲載されるタイトルが『よんぱち+』にリニューアルされてからは第245回までは、「AKB48GROUPコラムロワイヤル 生き残るのは誰だ」 及び「AKB48GROUPコラム番外地の中で掲載されていた宮脇咲良による同人エッセイ毎日にっちょく! Season 2 本人書下ろし さくぶん!」が、第246回からは中井りかによるエッセイNGT48 中井りかの【拡散希望】#ひめ〜る」が同一ページタイトル下に掲載されている。ただし休載しときには代わって広告掲載される欄外の注釈 右下部分には『さしこ+』についての説明記載されており、以下のように変遷している。第1回から第15回までは、『さしこ+』とは、国民的アイドルグループAKB48のへたれ女王“さしこ”こと指原莉乃メンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガ 第16回から第22回まで、『さしこ+』とは、HKT48移籍した“さしこ”こと指原莉乃48グループメンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガ 第28回から第200回まで、『さしこ+』とは、HKT48の“さしこ”こと指原莉乃48グループメンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガ 主人公変わりタイトル変わる回にはそれぞれの主人公に応じてこの部分記述例えば以下のように変わっている。『さくら+』の場合は、『さくら+』とは、HKT48の“さくら”こと宮脇咲良HKTメンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガはるっぴ+』の場合は、『はるっぴ+』とは、HKT48の“はるっぴ”こと兒玉遥HKTメンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガ 『なこみく+』の場合は、『なこみく+』とは、“なこ”こと矢吹奈子と“みく”こと田中美久48グループメンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガ 『みさ+』の場合、『みさ+』とは、“みさ先輩”こと衛藤美彩乃木坂46メンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガ 『いもむchu!+』の場合は、『いもむchu!+』とは、HKT48非公式ユニット“いもむchu!”と48グループメンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガじゃんけん+』の場合は、『じゃんけん+』とは、AKB48じゃんけん大会48グループメンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガ初選抜+』の場合は、 『初選抜+』とは、HKT48控えめI love you !初選抜3人48グループメンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガ新成人+』の場合は、『新成人+』とは、HKT48新成人メンバー48グループメンバー日常を描く限りなくノンフィクションに近い4コママンガよんぱち+』にリニューアルされてからはこの部分は何も記されていない左下部分には次回予告記されている。また左横部分には『さしこ+』時代は「指原莉乃」という文字と指原の顔写真とともに指原がかかわるCDDVD写真集などリリース情報イベント情報メディア出演情報などの近況記されている。『よんぱち+』にリニューアルされてからは「よんぱち+ニュース!!」となり、48グループ全般CDDVD写真集などリリース情報イベント情報メディア出演情報な:どが記されている。メインタイトルが『よんぱち+』から『よんろく+』に変更されたときはこの部分タイトルも「よんぱち+ニュース!!」が「よんろく+ニュース!!」となり、掲載される情報乃木坂46関係のものになる

※この「全体の構成」の解説は、「SASHIKO + 48GROUP 4コマ劇場 よんぱち+」の解説の一部です。
「全体の構成」を含む「SASHIKO + 48GROUP 4コマ劇場 よんぱち+」の記事については、「SASHIKO + 48GROUP 4コマ劇場 よんぱち+」の概要を参照ください。


全体の構成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/27 20:36 UTC 版)

三国志 (吉川英治)」の記事における「全体の構成」の解説

小説全体は以下の10巻から構成される1.桃園の巻 劉備関羽・張飛三人出会いから、曹操による董卓暗殺未遂まで。『演義』の第1回から第4回にあたる2.群星の巻 曹操逃亡から、李傕郭汜による朝政壟断まで。『演義』での第4回から第10回程度にあたる3.草莽の巻 献帝長安脱出から、下邳戦いまで。『演義』ではだいたい第10回から第19回相当する4.臣道の巻 呂布滅亡から、関羽曹操の下を辞するまで。『演義』でいう第19回から第26回にあたる5.孔明の巻 関羽千里行から、三顧の礼隆中対まで。『演義』では第27回から第37回あたりまでの展開となる。 6.赤壁の巻 孔明から、東南の風を祈るまで。『演義』での第38回から第49回あたりに相当。 7.望蜀の巻 赤壁の戦いから、孫夫人が呉に戻るまで。『演義』での第49回から第61回にあたる8.図南の巻 曹操魏公昇ってから、関羽樊城于禁らを捕らえるまで。『演義』での第61回から第74回にあたる9.出師の巻 華佗関羽治療から、孔明第一次北伐出陣まで。『演義』では第75回から第91回あたりとなる。 10.五丈原の巻 第一次北伐から、孔明死後の魏延謀叛まで。『演義』では第91回から第105にあたる

※この「全体の構成」の解説は、「三国志 (吉川英治)」の解説の一部です。
「全体の構成」を含む「三国志 (吉川英治)」の記事については、「三国志 (吉川英治)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「全体の構成」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「全体の構成」の関連用語

全体の構成のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



全体の構成のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの史記 (改訂履歴)、赤いシリーズ (改訂履歴)、為氏本源氏物語系図 (改訂履歴)、正嘉本源氏物語系図 (改訂履歴)、排出器官 (改訂履歴)、SASHIKO + 48GROUP 4コマ劇場 よんぱち+ (改訂履歴)、三国志 (吉川英治) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS