ノンフィクションとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ノンフィクションの意味・解説 

ノンフィクション

英語:non-fiction

「ノンフィクション(英: non-fiction)」とは、過去現実にあった出来事事実)に基づく物語として制作された作品コンテンツ)および作品ジャンルのことである。

【ノンフィクションの語源
ノンフィクションは「ノン-フィクション」(non-fiction)であり、「フィクション-ではない」という意味である。フィクションfiction)は「創造」「創作」「虚構」「作り話」という意味であり、すなわち空想産物である架空物語のことである。

フィクションもノンフィクションも、基本的に文芸文学作品に関する用語であるが、映画ドラマ等の映像作品に関してフィクションやノンフィクションといったジャンル区分はよく用いられる。他方音楽絵画彫刻などの分野では同区分が用いられることはほぼないといってよい。また、文芸中でもノンフィクション(およびフィクション)という区分散文作品であることを半ば前提とする。詩歌のような韻文作品について同区分が用いられることは基本的にないといってよい。

【ノンフィクションの用例
・ノンフィクション作品
ノンフィクション作家
・ノンフィクション賞

【ノンフィクションの類語
ノンフィクションと同じく事実に基づいて書かれた物語」という意味で用いられる表現は他にもいくつかある。たとえば歴史書、あるいは伝記旅行記体験記日記歴史文学ルポルタージュ、といった言葉は「事実に基づいて書かれた物語」という点において相通じる。これらの言葉全て「ノンフィクション」にも該当する、といえる言い換えれば、ノンフィクションは歴史書ルポルタージュなどの区分包含する上位概念であるといえる

なお「ドキュメンタリー」は特に映像作品について用いられることが多く、「ルポルタージュ」はジャーナリズム文脈において(ジャーナリスト現地取材通じて得た情報報告する文書という意味で)用いられることが多い。

実話」「記録」「史実」といった言葉は「ノンフィクション」と同じ文脈でよく用いられるが、いずれも事象事実ストーリーそのものを指す意味合い強く作品区分としての「ノンフィクション」を代替する表現ではない。

ノンフィクション [3] 【nonfiction】

虚構によらず事実に基づく伝記記録文学などの散文作品,または,記録映画など。 ↔ フィクション

NF

〖nonfiction〗
ノンフィクション。

ノンフィクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/31 02:27 UTC 版)

ノンフィクション英語: non-fiction) とは、史実や記録に基づいた文章や映像などの創作作品。また、その形態。ドキュメンタリーインタビューなど多肢にわたる。製作上の綿密な調査や取捨選択など作成者の独自色が出る。実話。


  1. ^ 立花隆『ぼくの血となり肉となった五〇〇冊 そして血にも肉にもならなかった一〇〇冊』文藝春秋、2007年1月、28-35頁。ISBN 978-4-16-368680-6


「ノンフィクション」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ノンフィクション」の関連用語

ノンフィクションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ノンフィクションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのノンフィクション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS