事実とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 事実の意味・解説 

じ‐じつ【事実】

【一】[名]

実際に起こった事柄現実に存在する事柄。「意外な—が判明する」「供述を—に照らす」「—に反する」「—を曲げて話す」「歴史的—」

哲学で、ある時、ある所に経験的所与として見いだされる存在または出来事論理的必然性をもたず、他のあり方にもなりうるものとして規定される

【二】[副]本当に実際に。「—一度もその人には会っていない」


事実

作者星新一

収載図書星新一ちょっと長めショートショート 7 そして、だれも...
出版社理論社
刊行年月2006.7


事実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 01:07 UTC 版)

事実(じじつ、ラテン語: factumフランス語: fait: fact)とは、


  1. ^ a b c 広辞苑 第六版【事実】
  2. ^ a b Oxford English Dictionary
  3. ^ ちなみに古代ギリシアのアリストテレスが用いた概念では「デュナミス可能態)」対「エンテレケイア (現実態)」という対比がある


「事実」の続きの解説一覧

事実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/22 03:07 UTC 版)

上のような体の拡大与えられると、不分岐な点は有限しかない不分岐場合には、ガロア群作用横断性により、上記で導入された体 Fj は、全て同型となる。言わば、有限体 F' となり、 F = A / p {\displaystyle F=A/p} を含む。数え上げると [ L : K ] / [ F ′ : F ] {\displaystyle [L:K]/[F':F]} が B での P の素因子の数に等しいことが分かる軌道安定化公式により、この数は | G | / | D | {\displaystyle |G|/|D|} にも等しい。ここに定義により、p の 分解群である D は与えられた Pjそれ自身へ写すことにより G の元の部分群である。すなわち、ガロア理論により L/K の次数と G の位数は等しいので、分解群 D の位数剰余体拡大 F'/F の次数である。フロベニウス元理論はさらに、j に対し D の元を同一視し有限体拡大ガロア群生成する分岐する場合は、さらに惰性という現象があり、指数 e は任意の剰余体拡大ガロア群見なすことのできない G の元へ拡大される解釈される各々の分解群 D は、与えられた Pj に対しPj からそれ自身写像するが F j = B / P j {\displaystyle F_{j}=B/P_{j}} 上の恒等である自己同型誘導する G の元 g からなる惰性群 I を含んでいる。 幾何学的な類似では、複素数代数的閉体上の代数幾何学に対し分解群と惰性群概念一致する与えられたガロア分岐被覆に対し、前像(preimage)の同じ数を持つ点は有限しかないガロア的ではない拡大素因子分解は、始めは分解体、つまり、いくらか大きなガロア拡大研究から始めることができる。例えば、三次拡大英語版)(cubic field)は普通、それらを含む次数 6 の体により正規化(regulated)されている

※この「事実」の解説は、「ガロア拡大での素イデアルの分解」の解説の一部です。» 「ガロア拡大での素イデアルの分解」の概要を見る


事実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/22 03:07 UTC 版)

上のような体の拡大与えられると、不分岐な点は有限しかない不分岐場合には、ガロア群作用横断性により、上記で導入された体 Fj は、全て同型となる。言わば、有限体 F' となり、 F = A / p {\displaystyle F=A/p} を含む。数え上げると [ L : K ] / [ F ′ : F ] {\displaystyle [L:K]/[F':F]} が B での P の素因子の数に等しいことが分かる軌道安定化公式により、この数は | G | / | D | {\displaystyle |G|/|D|} にも等しい。ここに定義により、p の 分解群である D は与えられた Pjそれ自身へ写すことにより G の元の部分群である。すなわち、ガロア理論により L/K の次数と G の位数は等しいので、分解群 D の位数剰余体拡大 F'/F の次数である。フロベニウス元理論はさらに、j に対し D の元を同一視し有限体拡大ガロア群生成する分岐する場合は、さらに惰性という現象があり、指数 e は任意の剰余体拡大ガロア群見なすことのできない G の元へ拡大される解釈される各々の分解群 D は、与えられた Pj に対しPj からそれ自身写像するが F j = B / P j {\displaystyle F_{j}=B/P_{j}} 上の恒等である自己同型誘導する G の元 g からなる惰性群 I を含んでいる。 幾何学的な類似では、複素数代数的閉体上の代数幾何学に対し分解群と惰性群概念一致する与えられたガロア分岐被覆に対し、前像(preimage)の同じ数を持つ点は有限しかないガロア的ではない拡大素因子分解は、始めは分解体、つまり、いくらか大きなガロア拡大研究から始めることができる。例えば、三次拡大英語版)(cubic field)は普通、それらを含む次数 6 の体により正規化(regulated)されている

※この「事実」の解説は、「ガロア拡大での素イデアルの分解」の解説の一部です。» 「ガロア拡大での素イデアルの分解」の概要を見る


事実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 03:14 UTC 版)

在日米空軍横田基地勤務する無級兵・被告人Xとその友人空軍三等兵Mは、1965年昭和40年8月4日20時ごろ、Mが自身が所有する普通乗用自動車(以下、自動車)を運転し、Xが右側助手席同乗して、在日米空軍立川基地から新宿方面走行していた。途中、Mの依頼を受けて運転免許停止中にもかかわらずXが運転を交代し新宿付近から甲州街道立川方面運転していた。 22時28分ごろ、信号機設置してある交差点差しかかったところで、先行する2台の貨物自動車追い越したその際被害者Yの自転車に自車を衝突させた(行為1)。Yは、道路左端をXらと同じ方向自転車走行していたが、前記交差点右方向方向転換したところであった。Yは、ひかれた衝撃でXらの屋根の上にはね上げられて失神し横たわったままになった。 Xらは、事故起こしたことには気づいたが、逃走図った。しかし、車の屋根の上にYがいることに気づかなかったそのまま約4キロメートルほど走行した後、助手席座っていたMがYに気づいた。そこでMは、Yを屋根の上から引きずり下ろしたため、Yはアスファルト舗装された路面叩きつけられた(行為2)。しかし、Xらは、救護必要な処置行わずその場から逃走した。 Yは、調布市内の病院搬送されたが、翌日6時47分頃、死亡したその後、Xらは、横田基地内米空軍憲兵隊自首した

※この「事実」の解説は、「米兵轢き逃げ事件」の解説の一部です。» 「米兵轢き逃げ事件」の概要を見る


事実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 02:33 UTC 版)

バンドン工科大学ITB)、インドネシア科学研究所LIPI)、およびブラウン大学研究者たちは、トウティ湖インドネシア最も古い古代湖であり、北スマトラトバ湖よりもはるかに古いと宣言することで合意した。研究者たち研究結果は、トウティ湖インドネシアで最も包括的な気候史の「本」保管していることも明らかにした。「歴史書」は下部堆積層の形をしている。バンドン工科大学ITB)の地質学者によると「トウティ湖に関する気候史の本は、インドネシアで最も厚く最も近い「サトリアビジャクサナ」である。調査結果最も古い湖の1つ底にある堆積物300メートル厚さ達したことが明らかになった。堆積物70万年前までの気候歴史保存していると予測されている。 16,00033,000千年前、湖は草地囲まれていたように見えるが、それよりずっと前から現在まで、熱帯雨林囲まれており、過去の気候変動の事実を示している地質学者また、火山灰層を発見した。それは過去火山噴火ヒントを与える。層がかなり厚いことについては、2つ可能性がある一つは巨大な噴火可能性であり、もう一つは、湖の近くに山がある可能性である。

※この「事実」の解説は、「トウティ湖」の解説の一部です。» 「トウティ湖」の概要を見る


事実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/15 04:03 UTC 版)

Yからブルドーザー借りていた会社Aから依頼を受けたXは、そのブルドーザー修理をしてAに引き渡した。しかし、修理後まもなくその会社倒産したため修理代金回収が極めて困難になった一方Yは倒産した後、Xの修理分だけ価値大きくなったブルドーザー取り戻し他に売却した。そこでXは、(倒産した会社でなく)Yに対して修理代金の支払求めた原審福岡高等裁判所は、原告請求棄却した。

※この「事実」の解説は、「転用物訴権」の解説の一部です。» 「転用物訴権」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

事実

出典:『Wiktionary』 (2018/04/12 00:24 UTC 版)

名詞

(じじつ)

  1. 実際起こっ事柄

関連語

派生語

翻訳

副詞

  1. 本当に、実際に。

「事実」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



事実と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「事実」に関係したコラム

  • 株365や株式投資で必ず儲かる話は本当か

    株365や株式投資、FX、CFDなどで必ず儲かるという謳い文句で投資を勧誘する手口が後を絶ちません。勧誘の手口には次のようなものが挙げられます。「絶対儲かる。借金してでも投資する価値がある。」と絶対儲...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

事実のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



事実のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの事実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガロア拡大での素イデアルの分解 (改訂履歴)、ガロア拡大での素イデアルの分解 (改訂履歴)、米兵轢き逃げ事件 (改訂履歴)、トウティ湖 (改訂履歴)、転用物訴権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの事実 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS