当てとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 体言 > 名詞 > 名詞(事柄) > 当ての意味・解説 

あて【当て/宛】

【一】[名]

行動目当て目標目的。「当てもなくうろつく

将来対す見通し先行き見込み。「借金返す当てがない」

心の中期待している物事頼り。「父からの援助は当てにできない

酒に添え食べ物。肴(さかな)。つまみ。「酒の当て」

借金のかた。抵当

「此指環…を—に少し貸し頂戴な」〈魯庵社会百面相

(他の語の下に付いて)

保護するためにあてがうもの。「ひじ当て」「すね当て

ぶつけあうこと。「鞘(さや)当て」

【二】接尾(宛)名詞代名詞に付く。

配分する数量割合を表す。あたり。「ひとり宛二個」

送り先差し出し先を示す。「下宿宛に荷物を送る」


当て


当て

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「当て」の関連用語

当てのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



当ての意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS