社会百面相とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 社会百面相の意味・解説 

しゃかいひゃくめんそう〔シヤクワイヒヤクメンサウ〕【社会百面相】


社会百面相

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/13 10:43 UTC 版)

社会百面相』(しゃかいひゃくめんそう)は、明治35年(1902年)に出版された内田魯庵の小説集。明治33年から雑誌『太陽』に連載された短編が収録されている。日清戦争後の小ブルジョア社会に巣食う官僚や実業家、それを目指す大学卒業生たちの、勘定高く自堕落で享楽的な生態を、戯作風に描いている。よく取材された具体的記述でもって、あたかも裏事情を知った作者が実話を暴露しているかのように生き生き描かれているのが特徴。




「社会百面相」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社会百面相」の関連用語

社会百面相のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



社会百面相のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社会百面相 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS