内田魯庵とは? わかりやすく解説

うちだ‐ろあん【内田魯庵】


内田魯庵


内田魯庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/06 13:52 UTC 版)

内田 魯庵(うちだ ろあん、1868年5月26日慶応4年閏4月5日) - 1929年昭和4年)6月29日)は、明治期評論家翻訳家小説家。本名貢(みつぎ)。別号不知庵(ふちあん)、三文字屋金平(さんもんじやきんぴら)など。江戸下谷車坂六軒町(現・東京都台東区)生まれ。洋画家内田巌は長男。孫(巌の娘)に翻訳家の内田莉莎子


  1. ^ 歴史が眠る多磨霊園 内田魯庵
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)49頁


「内田魯庵」の続きの解説一覧



内田魯庵と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「内田魯庵」の関連用語

内田魯庵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



内田魯庵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2022 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの内田魯庵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS