1906年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1906年の意味・解説 

明治39年 (ひのえうま 丙午)

明治39年
年(年号)
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布
1894年 (明治27年) 日清戦争
1903年 (明治36年) 江戸開府300年
1904年 (明治37年) 日露戦争
明治39年
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動
1910年 (明治43年) 韓国併合
1918年 (大正7年) 米騒動
1923年 (大正12年) 関東大震災


明治39年
Hepburn J. 1815年1911年(文化12年明治44年) 91
Boissonade G. E. 1825年1910年(文政8年明治43年) 81
梅若  実 1828年1909年(文政11年明治42年) 78
橋本 雅邦 1835年1908年(天保6年明治41年) 71
榎本 武揚 1836年1908年(天保7年明治41年) 70
徳川(一橋) 慶喜 1837年1913年(天保8年大正2年) 69
Morse E. S. 1838年1925年(天保9年大正14年) 68
渋沢 栄一 1840年1931年(天保11年昭和6年) 66
Griffis William Eliot 1843年1928年(天保14年昭和3年) 63
Balz E. 1849年1913年(嘉永2年大正2年) 57
Conder J. J. 1852年1920年(嘉永5年大正9年) 54
Eckeert Franz Von 1852年1916年(嘉永5年大正5年) 54
島田 三郎 1852年1923年(嘉永5年大正12年) 54
高村 光雲 1852年1934年(嘉永5年昭和9年) 54
明治天皇 1852年1912年(嘉永5年大正元年) 54
Fenollosa E. F. 1853年1908年(嘉永6年明治41年) 53
高橋 是清 1854年1936年(安政元年昭和11年) 52
浅井 忠 1856年1907年(安政3年明治40年) 50
高木 正年 1856年1934年(安政3年昭和9年) 50
快楽亭 ブラック 1858年1923年(安政5年大正12年) 48
田中 長兵衛 1858年1924年(安政5年大正13年) 48
妻木 頼黄 1859年1916年(安政6年大正5年) 47
Bigot G. 1860年1927年(万延元年昭和2年) 46
内村 鑑三 1861年1930年(文久元年昭和5年) 45
二葉亭 四迷 1864年1909年(元治元年明治42年) 42
津田 梅子 1864年1929年(元治元年昭和4年) 42
夏目 漱石 1867年1916年(慶応3年大正5年) 39
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 39
山田 美妙 1868年1910年(明治元年明治43年) 38
川上 貞奴 1871年1946年(明治4年昭和21年) 35
福田 徳三 1874年1930年(明治7年昭和5年) 32
上田 敏 1874年1916年(明治7年大正5年) 32
長谷川 如是閑 1875年1969年(明治8年昭和44年) 31
荒木 貞夫 1877年1966年(明治10年昭和41年) 29
寺田 寅彦 1878年1935年(明治11年昭和10年) 28
大河内 正敏 1878年1952年(明治11年昭和27年) 28
吉田 茂 1878年1967年(明治11年昭和42年) 28
有島 武郎 1878年1923年(明治11年大正12年) 28
鏑木 清方 1878年1972年(明治11年昭和47年) 28
永井 荷風 1879年1959年(明治12年昭和34年) 27
大正天皇 1879年1926年(明治12年昭和元年) 27
市川 左団次二世 1880年1940年(明治13年昭和15年) 26
石井 柏亭 1882年1958年(明治15年昭和33年) 24
福原 信三 1883年1948年(明治16年昭和23年) 23
高村 光太郎 1883年1956年(明治16年昭和31年) 23
鳩山 一郎 1883年1959年(明治16年昭和34年) 23
石橋 湛山 1884年1973年(明治17年昭和48年) 22才
東条 英機 1884年1948年(明治17年昭和23年) 22才
安田 靫彦 1884年1978年(明治17年昭和53年) 22才
三浦 環 1884年1946年(明治17年昭和21年) 22才
武者小路 実篤 1885年1976年(明治18年昭和51年) 21
平塚 らいてう 1886年1971年(明治19年昭和46年) 20才
山田 耕筰 1886年1965年(明治19年昭和40年) 20才
谷崎 潤一郎 1886年1965年(明治19年昭和40年) 20才
松旭斎 天勝 1886年1944年(明治19年昭和19年) 20才
柳 宗悦 1889年1961年(明治22年昭和36年) 17才
古今亭 志ん生 1890年1973年(明治23年昭和48年) 16才
山川 菊栄 1890年1980年(明治23年昭和55年) 16才
近衛 文麿 1891年1945年(明治24年昭和20年) 15才
岸田 劉生 1891年1929年(明治24年昭和4年) 15才
河合 栄治郎 1891年1944年(明治24年昭和19年) 15才
芥川 龍之介 1892年1927年(明治25年昭和2年) 14才
西条 八十 1892年1970年(明治25年昭和45年) 14才
早川 徳次 1893年1980年(明治26年昭和55年) 13
加藤 シヅエ 1897年2001年(明治30年平成13年) 9才
淺沼 稲次郎 1898年1960年(明治31年昭和35年) 8才
土方 与志 1898年1959年(明治31年昭和34年) 8才
溝口 健二 1898年1956年(明治31年昭和31年) 8才
近衛 秀麿 1898年1973年(明治31年昭和48年) 8才
吉野 源三郎 1899年1981年(明治32年昭和56年) 7才
田河 水泡 1899年1989年(明治32年平成元年) 7才
阪東 妻三郎 1901年1953年(明治34年昭和28年) 5才
小林 秀雄 1902年1983年(明治35年昭和58年) 4才
近藤 真柄 1903年1983年(明治36年昭和58年) 3才
古川 縁波 1903年1961年(明治36年昭和36年) 3才
美濃部 亮吉 1904年1984年(明治37年昭和59年) 2才
堀 辰雄 1904年1953年(明治37年昭和28年) 2才
榎本 健一 1904年1970年(明治37年昭和45年) 2才
朝永 振一郎 1906年〜1979年(明治39年〜昭和54年) 0才

1906年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/19 22:30 UTC 版)

1906年(1906 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、月曜日から始まる平年明治39年。


  1. ^ ゴーガン 2012, pp. 108–111「初の合成物質ベークライトの発明」
  2. ^ 職業安定行政史 第7章総括”. 日本食業協会. 2022年6月9日閲覧。
  3. ^ 中国語ピンインの父、周有光氏死去”. 産経ニュース (2017年1月14日). 2020年11月4日閲覧。
  4. ^ 磯部百鱗(いそべ ひゃくりん)とは”. コトバンク. 2015年2月5日閲覧。



1906年(明治39年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

高松市の歴史」の記事における「1906年(明治39年)」の解説

田の正条植巡査強力に指導奨励 屠場法制定され東浜村屠殺場造られる高松港第三次拡張工事認可 山陽鉄道が国有鉄道に移管される(12月1日)。

※この「1906年(明治39年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。
「1906年(明治39年)」を含む「高松市の歴史」の記事については、「高松市の歴史」の概要を参照ください。


1906年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 17:49 UTC 版)

ノーベル賞を巡る論争」の記事における「1906年」の解説

1906年の生理学・医学賞は、神経系構造研究によりカミッロ・ゴルジサンティアゴ・ラモン・イ・カハール授与された。しかし、自身の発見に対する彼ら2人解釈正反対であったゴルジ実際の構造に関して神経系研究の技術多大な貢献したが、神経系単一の連続したネットワークに過ぎないという完全な誤った結論出した網状説(英語版))一方ラモン・イ・カハールは、神経系神経細胞ニューロン)が連結し構成されたものと説明したニューロン説英語版))ゴルジ網状説を強く提唱した彼はノーベル賞受賞講演の場でさえもラモン・イ・カハール研究ニューロン説に対する直接的な攻撃行い連続したネットワークの図を「生命正確な再現」であると主張した従って、研究の結論誤っていたということ認識することはできなかった。ノーベル賞受賞後2人論争競争続いた。この受賞は、「組織学論争暴風中心」を作り出したと言われている。ラモン・イ・カハール次のようにコメントしている。「このような対照的な性格の科学上の論争相手が、肩が結合したシャム双生児のように運命ペアとなっているというのは何という残酷な皮肉なんだ!」1950年代電子顕微鏡開発に伴いニューロン神経系個々の細胞であり、シナプス呼ばれる間隔によって相互に接続していることが明らかに示されニューロン説がより正確な記述であり、ゴルジの説は誤りであることが判明した

※この「1906年」の解説は、「ノーベル賞を巡る論争」の解説の一部です。
「1906年」を含む「ノーベル賞を巡る論争」の記事については、「ノーベル賞を巡る論争」の概要を参照ください。


1906年(明治39年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/11/14 03:41 UTC 版)

1872年-1907年の国鉄ダイヤ改正」の記事における「1906年(明治39年)」の解説

この年3月31日鉄道国有法公布され日本国内の主要私鉄である北海道炭礦鉄道甲武鉄道日本鉄道岩越鉄道山陽鉄道西成鉄道九州鉄道北海道鉄道京都鉄道阪鶴鉄道北越鉄道総武鉄道房総鉄道七尾鉄道徳島鉄道関西鉄道参宮鉄道の計17私鉄翌年までに国有化される事となった。産業・軍事上面で一元的運営を行うことが望ましいとの判断よるもので、帝国議会に於ける激し紛糾末に決定され措置であった国有鉄道営業路線延長それまでの約1,549マイル(約2,492km)から約4,373マイル(約7,036km)とおよそ3になって残った私鉄は約435マイル(約700km)であったため、それまでの「私鉄王国」から「国鉄王国」へ日本の鉄道変貌する事になったのである日本の鉄道黎明期においては官鉄旅客サービス取り組み競った山陽鉄道や、名阪輸送官鉄激し旅客獲得競争展開した関西鉄道など、独自性の強い私鉄多かったが、この国有化を機として、日本の幹線鉄道東海道線頂点とする一種のピラミッド型組織形成しつつ、全国的な画一化への道を辿ることになる。 鉄道国有法公布され直後にあたる4月16日実施され改正では、新橋駅 - 神戸駅に「最急行」と称する急行列車より上格の列車新設された。最急行自体1901年明治34年)から山陽鉄道運行していたが、この列車では乗車の際運賃他に特別料金として急行券購入要し日本初有料優等列車となった新橋駅 - 神戸駅所要時間は、上下とも13時40であった

※この「1906年(明治39年)」の解説は、「1872年-1907年の国鉄ダイヤ改正」の解説の一部です。
「1906年(明治39年)」を含む「1872年-1907年の国鉄ダイヤ改正」の記事については、「1872年-1907年の国鉄ダイヤ改正」の概要を参照ください。


1906年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 08:35 UTC 版)

香取 (戦艦)」の記事における「1906年」の解説

8月29日当時5歳裕仁親王昭和天皇)は秩父宮雍仁親王と共に横須賀到着横須賀鎮守府司令長官上村彦之丞中将案内で「香取」を見学した10月5日明治天皇皇太子嘉仁親王。のち大正天皇当時28歳)は横須賀軍港行啓する。横須賀海軍工廠建造中戦艦薩摩」や巡洋戦艦鞍馬」を視察したあと、皇太子は「香取」(艦長坂本一大佐)と「出雲」(第一艦隊旗艦)を巡覧した。

※この「1906年」の解説は、「香取 (戦艦)」の解説の一部です。
「1906年」を含む「香取 (戦艦)」の記事については、「香取 (戦艦)」の概要を参照ください。


1906年(明治39年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:05 UTC 版)

明治」の記事における「1906年(明治39年)」の解説

鉄道国有法公布南満州鉄道設立

※この「1906年(明治39年)」の解説は、「明治」の解説の一部です。
「1906年(明治39年)」を含む「明治」の記事については、「明治」の概要を参照ください。


1906年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 09:48 UTC 版)

1900年代の日本」の記事における「1906年」の解説

3月3日 - 伊藤博文韓国統監府初代統監に就任。 3月31日 - 鉄道国有法公布施行されるこれによって翌年までに私鉄多くが国有となる。

※この「1906年」の解説は、「1900年代の日本」の解説の一部です。
「1906年」を含む「1900年代の日本」の記事については、「1900年代の日本」の概要を参照ください。


1906年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 04:32 UTC 版)

SOS」の記事における「1906年」の解説

ドイツのベルリンで1906年に開催され第一回国際無線電信会議において世界共通の遭難信号・・・― ― ― ・・・が定められ1908年7月1日発効したが、やはりSOSという語は使わなかった。・・・― ― ― ・・・は遭難事実の通知と、周辺各局通信中止求め符号である。そして制定以来50年以上にわたって国際的な無線通信規則上の遭難信号一貫して・・・― ― ― ・・・である。 REGLEMENT DE SERVICE, ANNEXÉ A LA CONVENTION RADIOTÉGRAPHIQUE INTERNATIONALE.国際無線電信条約附属業務規則 第16条XVI Les navires en détresse font usage du signal suivant: ・・・― ― ― ・・・pété à de courts intervalles. Dès qu'une station perçoit le signal de détresse, elle doit suspendre toute correspondance et ne la reprendre qu'après avoir acquis la certitude que la communication, motivée par l'appel de secours, est terminée. Dans le cas où le navire en détresse ajoute à la fin de la série de ses appels de secours l'indicatif d'appel d'une station terminée, la ré- ponse à l'appel n'appartient qu'à cette dernière station. A défaut de l'indication d'une station terminée dans l'appel de secours, chaque station qui perçoit cet appel est tenue d'y répondre. このとき、国際無線電信条約附属業務規則 第2条で、波長300m周波数1,000kHz)と、波長600m(周波数500kHz)を一般公衆通信業務(無線電報)用と定め第3条では船舶局通常波を波長300mとし、(最低限)この波長装備することが義務付けられた。世界統一による海上公衆通信は、現代でいう中波AMラジオ放送用の周波数帯のほぼ中央である1,000kHzで行なわれることになったのである。そして遭難信号・・・― ― ― ・・・はこの1,000kHzで発信された。

※この「1906年」の解説は、「SOS」の解説の一部です。
「1906年」を含む「SOS」の記事については、「SOS」の概要を参照ください。


1906(明治39)年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/04 07:32 UTC 版)

稲井」の記事における「1906(明治39)年」の解説

残滓利用した農業用肥料開発する。また鯨資源の完全利用目指し鯨肉缶詰製造開始する。

※この「1906(明治39)年」の解説は、「稲井」の解説の一部です。
「1906(明治39)年」を含む「稲井」の記事については、「稲井」の概要を参照ください。


1906年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:04 UTC 版)

地球空洞説」の記事における「1906年」の解説

アメリカのウイリアム・リード (William Reed) が、『極地幻影英語版)』を出版内部の太陽を持たない単層空洞地球アイデア提唱した

※この「1906年」の解説は、「地球空洞説」の解説の一部です。
「1906年」を含む「地球空洞説」の記事については、「地球空洞説」の概要を参照ください。


1906年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 04:37 UTC 版)

エトムント・フッサール」の記事における「1906年」の解説

正教授昇進

※この「1906年」の解説は、「エトムント・フッサール」の解説の一部です。
「1906年」を含む「エトムント・フッサール」の記事については、「エトムント・フッサール」の概要を参照ください。


1906年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 07:36 UTC 版)

1900年代」の記事における「1906年」の解説

詳細は「1906年」を参照 日本鉄道国有法公布施行されるこれによって翌年までに私鉄多くが国有となる。 米国日本人学童公立学校就学拒否相次ぎ、排日運動始まる。

※この「1906年」の解説は、「1900年代」の解説の一部です。
「1906年」を含む「1900年代」の記事については、「1900年代」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1906年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1906年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1906年」の関連用語

1906年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1906年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1906年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高松市の歴史 (改訂履歴)、ノーベル賞を巡る論争 (改訂履歴)、1872年-1907年の国鉄ダイヤ改正 (改訂履歴)、香取 (戦艦) (改訂履歴)、明治 (改訂履歴)、1900年代の日本 (改訂履歴)、SOS (改訂履歴)、稲井 (改訂履歴)、地球空洞説 (改訂履歴)、エトムント・フッサール (改訂履歴)、1900年代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS