ペニシリンとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 薬学 > 抗生物質 > ペニシリンの意味・解説 

ペニシリン

Penicillin G

ペニシリンの誘導体で、感染症治療にはナトリウム塩カリウム塩のものが用いられる。グラム陽性菌多くグラム陰性球菌効果がある。γアミノブチル酸(GABA)が媒体となるシナプス伝達対す効果があるため、経験的けいれんとしても用いられてきた。

1928年フレミングPenicilliumカビバクテリア感染回避することを発見した。その後研究で、このカビがペニシリンを生産して培地覆いバクテリア殺していることが分かった。

ペニシリン

Penicillin V

広い効果範囲をもつペニシリンで、グラム陽性菌による感染対す穏和治療の際に経口投与される。

Name Penicillin V
Beromycin
MeSH 10404
Molecular Weight 350.38952 g/mol
Molecular Formula C16H18N2O5S
XLogP 1.4
ペニシリン

耐性遺伝子

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


ペニシリン

【仮名】ぺにしりん
原文penicillin

感染症治療に用いられる薬物抗生物質という種類薬物である。

ペニシリン

作者本吉晴夫

収載図書告発
出版社書房
刊行年月1991.5

収載図書告発―ある医師悲しみ
出版社書房
刊行年月1995.6


ペニシリン [Penicillin]

 真菌1種であるアオカビ(Penicillium notatum)のほか数種のかびが産生するβ-ラクタム抗生物質。A.フレミング(イギリス)によって最初に発見された抗生物質である。おもにグラム陽性菌発育阻止し、G,X,F,Kなどの誘導体半合成ペニシリン類がある。とくにペニシリン G(ベンジルペニシリン)は毒性が低く、有用な化学療法剤として広く使用されている。ペニシリンは細菌細胞壁生合成阻害する。一方、この作用利用して、逆に細菌細胞壁構造生合成仕組み明らかにされた。しかし、その後、ペニシリンによるショック死(アナフィラキシー反応)がおき、ペニシリン耐性菌出現して問題になっている。ペニシリン耐性菌β-ラクタマーゼ(β-lactamase)とよばれる分解酵素をもっており、その酵素によってペニシリンの母核切断されるので、ペニシリンの抗菌性無くなるのである

ペニシリン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 09:56 UTC 版)

ペニシリン英語: penicillin英語発音: [ˌpenəˈsilin])とは、1928年イギリスアレクサンダー・フレミング博士によって発見された、世界初の抗生物質である。抗菌剤の分類上ではβ-ラクタム系抗生物質に分類される。博士はこの功績によりノーベル生理学・医学賞を受賞した。




「ペニシリン」の続きの解説一覧



ペニシリンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ペニシリン」の関連用語

ペニシリンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ペニシリンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
微生物管理機構微生物管理機構
Microbes Control Organization Ver 1.0 (C)1999-2019 Fumiaki Taguchi
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのペニシリン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS