培養とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 培養 > 培養の意味・解説 

ばい‐よう〔‐ヤウ〕【培養】

読み方:ばいよう

[名](スル)

草木養い育てること。「花卉(かき)を—する」「—土」

動植物の胚や組織または微生物人工的に生活・発育増殖させること。「癌(がん)細胞を—する」

物事根本養い育てること。「観察力を—する」


培養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/03 08:37 UTC 版)

培養(ばいよう、culture)とは、微生物あるいは多細胞生物細胞組織の一部を人工的な環境下で育てることである。多細胞生物を個体単位で育てる場合は飼育栽培として区別される。本稿では主に微生物の培養を扱う。組織の培養に関しては組織培養を参照。




「培養」の続きの解説一覧

培養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/10/05 13:59 UTC 版)

テトラクラディウム」の記事における「培養」の解説

T. marchalianum発芽した分生子 通常の寒天培地で培養が可能である麦芽培地上で形成されるコロニー小さくて白か黄色帯び成長は遅い。分生子シャーレでの平板培地上では多に形成されないが、試験管内斜面培地では乾燥進行するまではよく形成される。またコロニー切り出して滅菌水中投入して培養すると、24時間以内分生子形成観察できる胞子培地上に置くと、速やかに発芽管を出して菌糸体形成し始める。その際発芽管は四本先端付近ら出るが、中央の膨大部やその近辺ら出る場合もある。

※この「培養」の解説は、「テトラクラディウム」の解説の一部です。
「培養」を含む「テトラクラディウム」の記事については、「テトラクラディウム」の概要を参照ください。


培養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/24 09:20 UTC 版)

国鉄バス」の記事における「培養」の解説

旅客貨物集めることを目的に、鉄道駅から離れた町と鉄道駅結んだもの。あるいは駅増設困難な鉄道駅間の街と鉄道駅結んだもの(例:札樽線浜名線)。加えて観光地発展振興目的にその地域から請願されたり計画をして国鉄バス運行するもの。なお、鉄道敷かれていない島(屋代島周防大島))路線を持っていた唯一の例である大島線については、国鉄大島航路小松港駅連絡することによって、培養の役割担っていた。

※この「培養」の解説は、「国鉄バス」の解説の一部です。
「培養」を含む「国鉄バス」の記事については、「国鉄バス」の概要を参照ください。


培養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/12 06:20 UTC 版)

タフリナ」の記事における「培養」の解説

酵母の状態で腐生であり、通常の培地上で培養できる。寒天培地上に生じコロニー酵母普通な粘液質のもので、淡紅色呈するこのような酵母状態のものが若い感染する能力があることも示されている。また、タフリナの培養このような態で保持され、その採集には宿主植物試料として(spore-fall method)を用いる。これは胞子形成が行われている宿主部分切り取り、これを培地入れたシャーレ天井張り付ける方法で、放出され胞子培地上に落ち発芽したものから培養を始める。 なお、菌糸体段階のものについては培養は試みられていないようである

※この「培養」の解説は、「タフリナ」の解説の一部です。
「培養」を含む「タフリナ」の記事については、「タフリナ」の概要を参照ください。


培養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/28 16:22 UTC 版)

ネオカリマスティクス」の記事における「培養」の解説

実験室内において、嫌気的条件下純粋培養が行われている。寒天培地上では遊走細胞シスト化し発芽する寒天培地仮根菌糸発達させるシスト内部で核分裂行いながら膨大し、遊走子嚢となる。遊走子嚢は菌体との間に隔壁形成して区分される遊走子遊走子嚢に出来た穴から泳ぎだし、寒天状ではすぐにその周辺シスト形成する残された菌体からは新たな遊走子嚢が形成される。また培養条件によって暗色着色した休眠胞子嚢を形成する。この胞子嚢内部で複相であるとの推測があり、また発芽する前に減数分裂が行われるのではとも言われている

※この「培養」の解説は、「ネオカリマスティクス」の解説の一部です。
「培養」を含む「ネオカリマスティクス」の記事については、「ネオカリマスティクス」の概要を参照ください。


培養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 02:53 UTC 版)

プネウモキスチス」の記事における「培養」の解説

この生物培養法確定していないほ乳類細胞と共に二員培養する方法なども検討されたが、ごく短期間培養しかできなかった。 1999年にMeraliらが純粋培養成功しているが、これはMinimal Essential 培地に馬の血清やその他微量成分を含む液体培地で、コラーゲンコートし多孔の上に育てるという方法である。この方法ではこの生物二日足らず周期増殖をするが、数日でその速度急速に落ちる。そのため、その生育している基面を乱さないようにしながら頻繁に培地変える必要がある。ただしこの方法も他の研究室確立されてはいない。 培養法がないことが、この生物研究の発展遅らせた一つ原因でもある。現在ではDNA用い分析法の発達がその一部埋めている。

※この「培養」の解説は、「プネウモキスチス」の解説の一部です。
「培養」を含む「プネウモキスチス」の記事については、「プネウモキスチス」の概要を参照ください。


培養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/06 02:53 UTC 版)

大腸菌」の記事における「培養」の解説

大腸菌最適な増殖37 ℃であるが、実験室株の中には49 温度でも増殖するものもいる。大腸菌は、LB培養液グルコースリン酸アンモニウム塩化ナトリウム硫酸マグネシウムリン酸カリウム、および水を含む)などの、成分定義されさまざまな任意の実験用培地用いて増殖させることができる。細胞成長増殖好気性または嫌気性呼吸によって促進される。その過程で、ピルビン酸ギ酸水素アミノ酸等の酸化プロセスと、酸素硝酸塩フマル酸塩、ジメチルスルホキシドトリメチルアミンN-オキシドなどの基質還元プロセスといった、多種多様な酸化還元反応利用している。大腸菌通性嫌気性菌分類されるが、酸素利用可能状況下では酸素利用する一方で酸素がない環境下では発酵または嫌気性呼吸利用して成長し続けることができる。酸素存在しなくても生育できる能力によって、例え水中のような嫌気的環境でも増殖できるためようになるため、これは生存有利な能力である。

※この「培養」の解説は、「大腸菌」の解説の一部です。
「培養」を含む「大腸菌」の記事については、「大腸菌」の概要を参照ください。


培養

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 04:52 UTC 版)

マッシュルーム」の記事における「培養」の解説

接種2日目までは種活動せず3日目から種菌周囲綿毛状の菌糸体増殖開始し数日後培地徐々に蔓延していく。1週間目頃からは菌糸体活動によって培地温度上昇していくため室内空気循環行って温度ムラをなくす。培地温度の調節菌糸体生育にとって最も大切で菌糸体最適育成温度23 - 25を保つように室温調整する一般的に室温20 - 22維持する保湿と害を防ぐために紙や穴の開いたビニールシート掛けることもある。 万一アオカビ類の侵入認めた場合、その部位培地除去する

※この「培養」の解説は、「マッシュルーム」の解説の一部です。
「培養」を含む「マッシュルーム」の記事については、「マッシュルーム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「培養」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「培養」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



培養と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

培養のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



培養のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2022, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの培養 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのテトラクラディウム (改訂履歴)、国鉄バス (改訂履歴)、タフリナ (改訂履歴)、ネオカリマスティクス (改訂履歴)、プネウモキスチス (改訂履歴)、大腸菌 (改訂履歴)、マッシュルーム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS