狂犬病とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 疾患 > > 狂犬病の意味・解説 

きょう けんびょう きやう-びやう [0] 【狂犬病】

感染症の一。病原ウイルスで、元来疾患であるが、罹患りかん)したにかまれると唾液を介して人畜にも感染する。中枢神経がおかされ、興奮狂躁ようそう)状態となったり、唾液分泌亢進こうしん)・痙攣けいれん)・幻覚・恐発作などを起こし全身麻痺まひ)でほとんどすべて死亡する。恐水病


狂犬病


狂犬病

【英】:Rabies

狂犬病ウイルスイヌ以外にも多数野生動物保有し、これらによる咬傷稀に噴霧気道感染により感染する。全世界では、毎年数万人が狂犬病によって死亡しているといわれ、アジア地域での発生が最も多い。わが国では2006年30数年ぶりに2名の患者報告されたが、フィリピンでの受傷であった。感染から発症までの潜伏期間個々症例異なるが、一般的には1〜2カ月である。発熱頭痛倦怠感筋痛などの感冒症状はじまり、咬傷部位疼痛やその周辺知覚異常、筋の攣縮を伴う。中枢神経症状運動過多興奮、不安狂躁から始まり錯乱幻覚攻撃性、恐発作等の筋痙攣を呈し、最終的には昏睡状態から呼吸停止死にいたる。狂犬病は一度発症すれば、致死率はほぼ100%である。狂犬病が疑われるイヌネコおよび野生動物かまれたり、ひっかかれたりした場合、まず傷口石鹸でよく洗い流し医療機関受診する。必要に応じて狂犬病ワクチン曝露後免疫)・抗狂犬病ガンマグロブリン投与する。狂犬病は一旦発症すれば特異的治療法が無いので、できるだけ早期ワクチンガンマグロブリン対処する必要があるが、国内では抗狂犬病免疫グロブリン製剤入手できない予防目的でのワクチン接種曝露免疫)も有効である。(中野貴司)

参考国立感染症研究所感染症情報センターホームページhttp://idsc.nih.go.jp/idwr/kansen/k03/k03_18/k03_1...

狂犬病

狂犬病は、狂犬病ウイルス保有するイヌネコおよびコウモリを含む野生動物に咬まれたり、引っかれたりしてできた傷口からの侵入、および極めて稀ではあるが、濃厚ウイルスによる気道粘膜感染によって発症する人獣共通感染症である。狂犬病は4 類感染症全数把握疾患定められており、診断した医師7日以内保健所届け出る必要がある(註:その後2003年11月施行感染症法一部改正により、直ち届け出ることとなった)。

疫 学

狂犬病

世界保健機関(WHO)によると、全世界毎年35,0005万人が狂犬病によって死亡している(図1)。狂犬病はアジアでの発生大部分で、アジアアフリカでは狂犬病のイヌから多く感染している。また、南米では、吸血コウモリによる家畜の狂犬病が経済的被害を及ぼしている。北米およびヨーロッパ等ではヒトの狂犬病は少ないが、アライグマスカンクキツネコウモリ等の野生動物の狂犬病を根絶できないでいる。

図1. 世界における狂犬病の分布1997 年、WHO 報告

しかしながら日本での狂犬病は1957 年以降発生しておらず、この間1970 年ネパール野犬にかまれ発症死亡した症例があるのみである。その最大要因イヌへのワクチン接種、および検疫制度によると同時にわが国島国であるということによる。
世界のなかでは狂犬病が根絶された地域オーストラリアイギリス台湾ハワイ等と島国地域に限られていた。しかしながらイギリスでは、1996 年コウモリから狂犬病ウイルス類似したEuropean bat lyssavirus 2 が分離され、さらに、ユーロトンネル開通フランス等からの狂犬病の侵入可能性危惧されている。そして2002年に、1902年以降はじめて、イギリス国内コウモリ(Myotis daubentonii)から前述European bat lyssavirus 2 のウイルスによる死亡者が発生した。このコウモリは、ヨーロッパからネパール中国日本広く分布していることが知られている。また、オーストラリアコウモリfruit bat)からも狂犬病に類似したAustralian bat lyssavirus分離され、そのウイルスによる2 名の患者1996年報告された。こうした狂犬病ウイルス以外のリッサウイルスが、アフリカイギリスフランスドイツスペインデンマークスウェーデンポーランドロシア広く浸潤していることが分かってきている。アジアにおいて、フィリピンコウモリ血清からAustralian bat lyssavirus対す抗体検出されたとの報告がある。これらのリッサウイルスによる狂犬病様疾患一般の人が罹患する可能性は、従来の狂犬病に比べはるかに低いが、発症すれば致命的であるため、コウモリ接触する機会の多い人は事前にワクチン接種を受けることが望まれる。また、小児感染およびコウモリ感染源とする場合感染機会があったことに気づかず、ワクチン投与等の治療を受けずに発症する場合があり、WHO等では注意喚起している。

病原体

狂犬病
狂犬病

狂犬病ウイルスは、ラブドウイルス科Rhabdoviridae)のリッサウイルスlyssavirus genus)に属している。狂犬病ウイルスおよびその関連ウイルスリッサウイルスと称され、genotype 1 (狂犬病ウイルス), genotype 2 (Lagos bat virus), genotype 3(Mokola virus), genotype 4 (Duvenhage virus),genotype 5(European bat lyssavirus type 1), genotype 6(European bat lyssavirus type 2), genotype 7(Australian bat lyssavirus )の7つのgenotype分類されている(図2)。Genotype 1がいままでに知られていた狂犬病ウイルスであるが、genotype 2のLagos bat virus 以外のリッサウイルスは、ヒトに狂犬病様の脳炎をおこすことが知られている。これらのウイルスRNA ウイルスであり、大きさはほぼ75×180 nm で、特徴ある砲弾型の形態をとる(図3)。

臨床症状
感染から発症までの潜伏期間は咬まれた部位等によってさまざまであるが、一般的には1~2カ月である。発熱頭痛倦怠感筋痛疲労感食欲不振悪心嘔吐咽頭痛空咳等の感冒症状ではじまる。咬傷部位疼痛やその周辺知覚異常、筋の攣縮を伴う。脳炎症状運動過多興奮、不安狂躁から始まり錯乱幻覚攻撃性、恐発作等の筋痙攣を呈し、最終的には昏睡状態から呼吸停止死にいたる。狂犬病は一度発症すれば、致死率はほぼ100%である。
ヒトからヒトへの狂犬病の感染例は、狂犬病患者からの角膜移植を除いて報告されていないが、狂犬病を疑われる患者発生した場合患者直接接触する医師看護師等の医療従事者接触予防に十分注意を払い、狂犬病と確定された場合には、直ち暴露後免疫を受ける必要がある

病原診断
狂犬病の診断法は、生前診断として、1)角膜塗沫標本頚部の皮膚気管吸引材料、および唾液腺検体とした蛍光抗体FA)法によるウイルス抗原検索、2)唾液脳脊髄液検体としたRT‐PCR法によるウイルス遺伝子検索、3)乳のみマウス等への脳内接種、およびマウス神経芽腫細胞等への接種によるウイルス分離、4)血清反応、などが行われている。4)としてはRapid Fluorecent Focus Inhibition Test(RFFIT)、ELISA による抗体価測定がある。しかしながら治療のためのワクチン投与などにより血清中の抗体価の上昇があり、診断価値は低い。脳脊髄液中の高い抗体価診断目安となる。いずれも感染初期生前診断は困難であり、接触した動物の脳材料検査が重要である。死後の確定診断として、脳の剖検によって得られた脳組織および脳乳剤を用いた1)蛍光抗体FA)法によるウイルス抗原検索、2)RT‐ PCR 法によるウイルス遺伝子検索、3)乳のみマウスマウス神経芽腫細胞への接種試験によるウイルス分離がある。
病原体取り扱いは、野外street rabies)ではP3 レベル実験室であるが、診断用の検体および実験室(fixed rabies)の取り扱いP2実験室となっている。検査材料取り扱う者での狂犬病発生報告はないが、万一備えてあらかじめワクチン接種しておくなどの十分な配慮が必要である。

治療予防
海外、特に東南アジアで狂犬病が疑われるイヌネコおよび野生動物かまれたり、ひっかかれたりした場合、まず傷口石鹸でよく洗い流し医療機関受診する。狂犬病ワクチンと抗狂犬病ガンマグロブリン投与する。狂犬病は一旦発症すれば特異的治療法はない。このためできるだけ早期に、ワクチンと抗狂犬病ガンマグロブリン投与する必要がある
ワクチンとしてはヤギ由来不活化したセンプル型のワクチン、乳のみマウス由来不活化したフェンザリダ型のワクチン組織培養ワクチンとして、フランスヒト二倍体細胞ワクチンVERO 細胞ワクチンドイツ日本製造されているニワトリ胚細胞ワクチンがある。動物由来ワクチンは、副反応組織培養ワクチンより強いので避ける方がよい。しかし、開発途上国ではいまだにセンプル型しか入手できない国もある。また、ガンマグロブリンヒトウマ2種類の製剤があるが、ウマ製剤2001年製造中止され、入手困難となっている。国内では抗狂犬病免疫グロブリン製剤承認されていないので、入手はほとんど不可能である。
WHO およびわが国では、暴露後免疫(治療用としてのワクチン)は接種開始日を0として3、7、143090日の6回を推奨している。前述のように、日本では狂犬病が発生ていないので、旅行等で海外に出かけてもその危険性認識ていない人が多くイヌ不用意に近づきかまれる例 があとを絶たない。むやみにイヌ野生動物接触しないこと、現地状況活動範囲などから危険度を考慮して、必要があればワクチンをあらかじめ接種するよう勧められている。予防用とし てのワクチン接種は4週間隔で2回、さらに、6~12カ月後に追加免疫をする。

感染症法における取り扱い2003年11月施行感染症法改正に伴い更新
狂犬病は4類感染症定められており、診断した医師直ち最寄り保健所届け出る報告のための基準以下の通りとなっている。
診断した医師判断により、症状所見から当該疾患が疑われ、かつ、以下のいずれか方法によって病原体診断血清学診断がなされたもの
病原体検出
 例、唾液からのウイルスの分離
   脳の剖検によって得られた脳組織および脳乳剤を用いた、乳のみマウスマウス神経芽腫細胞への接種試験によるウイルス分離など
病原体抗原検出
 例、角膜塗沫標本頚部の皮膚気管吸引材料および唾液腺生検材料からの直接蛍光抗体FA)法などによる検出
   死後脳の剖検によって得られた脳組織および脳乳剤からの蛍光抗体FA)法によるウイルス抗原検出など
病原体遺伝子検出
 例、唾液髄液などからのRT‐ PCR 法
   脳の剖検によって得られた脳組織および脳乳剤からのRT‐ PCR 法など
病原体対す抗体検出
 例、Fluorescent Focus Inhibition TestELISA法など
(注)血中抗体価治療のためのガンマグロブリンワクチン投与により上昇するため診断価値少ない。髄液中の高い抗体価診断目安となる。

参考文献
1)Dietzschold B, Rupprecht CE, Fu ZF, Koprowski H. Rhabdoviruses.1996, Fields Virology, Third Edition, Lippincott‐Raven.
2)MMWR. Human Rabies PreventionUnited States,1999. Recommendations of the Advisory Committee on Immunization Practices(ACIP). CDC.
3)WHO Expert Committee on Rabies. 1992. Eighth report,. WHO.

国立感染症研究所ウイルス第一部 新井陽子


狂犬病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/22 19:50 UTC 版)

狂犬病(きょうけんびょう、英語: rabies)は、ラブドウイルス科リッサウイルス属狂犬病ウイルス (Rabies virus) を病原体とするウイルス性の人獣共通感染症である[1]などを恐れるようになる特徴的な症状があるため、恐水病または恐水症 (hydrophobia) と呼ばれることもある(実際は水だけに限らず、も水と同様に感覚器に刺激を与えて痙攣等を起こす)。




  1. ^ a b c d Media centre - Rabies”. 世界保健機関. 2015年8月1日閲覧。
  2. ^ 世界保健機関:HUMAN AND ANIMAL RABIES
  3. ^ a b 狂犬病 2006年現在 The Topic of This Month Vol.28 No.3(No.325)/IASR 28-3 ヒト狂犬病輸入例, 狂犬病対策 国立感染症研究所
  4. ^ 狂犬病、源宣之(岐阜大学農学部 獣医公衆衛生学講座)
  5. ^ Neighbor‐Joining 法によるリッサウイルスの系統樹、国立感染症研究所 感染症情報センター
  6. ^ リッサウイルス感染症検査マニュアル、国立感染症研究所
  7. ^ 西園晃、狂犬病 -最新の知見も含めて (PDF)  モダンメディア 2018年6月号(第64巻6号)
  8. ^ 臓器移植による狂犬病感染の調査、2004年 - 米国、国立感染症研究所 感染症情報センター、IASR(病原微生物検出情報月報)Vol.25 No.11 (No.297) 2004年11月号
  9. ^ ピーター・リー (2018年7月6日). “世界が激怒する中国「犬肉祭り」の残酷さ”. ニューズウィーク. https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/07/post-10550.php 2018年7月7日閲覧。 
  10. ^ 厚生労働省:狂犬病に関するQ&A
  11. ^ (西園晃)狂犬病患者はいつ出てもおかしくない 日経メディカルオンライン 記事:2006年12月21日
  12. ^ a b 1年目の研修医が診た狂犬病 日経メディカルオンライン 記事:2008年6月24日
  13. ^ 栄研化学株式会社:モダンメディア 2005年51巻7号 - 狂犬病について (PDF)
  14. ^ 狂犬病を発病後回復した1例、2004年-米国・ウィスコンシン州、国立感染症研究所 感染症情報センター
  15. ^ Girl survives rabies without jabBBC NEWS、2004年11月25日
  16. ^ 狂犬病からの生還 R.E.ウィルビー、日経サイエンス2007年7月号
  17. ^ 14歳少年、狂犬病から生還=世界で極めてまれ-ブラジル、時事ドットコム、2018年1月11日
  18. ^ 秋田大学バイオサイエンス教育・研究センター:動物とヒトとのかかわり -特に医学において動物実験が果たした役割-(2)
  19. ^ 狂犬病の発生状況 2013年7月17日更新 厚生労働省
  20. ^ Infectious Diseases Related To Travel
  21. ^ 厚生労働省 福岡検疫所 資料
  22. ^ 台湾:狂犬病52年ぶり確認 イタチアナグマが感染” (2013年7月18日). 2013年8月1日閲覧。
  23. ^ 南投でも狂犬病のイタチアナグマ発見、台湾全土で12例め” (2013年7月29日). 2013年8月1日閲覧。
  24. ^ AFPBB News:犬の登録と予防接種で狂犬病対策、未登録の犬は1億5000万匹も 中国、2008年7月9日
  25. ^ 在中国日本国大使館:狂犬病について 〜ペット・野生動物に咬まれたら、症状が無くても直ちに医療機関へ〜、2006年11月27日
  26. ^ 日経ビジネスオンライン:中国で最も危険な伝染病は「狂犬病」、2007年1月26日
  27. ^ 四川大地震:被災地で下痢患者増加、狂犬病の恐れもサーチナ、2008年5月19日
  28. ^ レコードチャイナ:<四川大地震>野良犬化した犬をすべて処分—青川県、2008年5月19日
  29. ^ 日本獣医師会:狂犬病対策について 2012年6月29日閲覧
  30. ^ Cost of Rabies Prevention”. 米国CDC. 2015年8月1日閲覧。
  31. ^ 外務省海外安全ホームページ 安全対策基礎データ アメリカ合衆国 2014年9月10日閲覧。
  32. ^ Stray Kitten Tests Positive for Rabies in Huguenot Area of Staten Island : Press Release : NYC DOHMH
  33. ^ わが国における犬の狂犬病の流行と防疫の歴史 2
  34. ^ a b c わが国における犬の狂犬病の流行と防疫の歴史 4
  35. ^ a b c わが国における犬の狂犬病の流行と防疫の歴史 5
  36. ^ 日本獣医師会:狂犬病対策について (PDF)
  37. ^ 厚生労働省:都道府県別の犬の登録頭数と予防注射頭数等
  38. ^ ペットフード工業会:2008年ペットフード工業会ニュース 第14回犬猫飼育率全国調査
  39. ^ 狂犬病発症2例目!! 厚生労働省検疫所、2006年11月16日
  40. ^  実際に起こった「狂犬病」による死亡事例 わんちゃんホンポ、2017年12月15日更新
  41. ^  36年ぶり「狂犬病」の詳細が明らかに 日経メディカルオンライン 記事:2007年4月12日
  42. ^ 佐伯潤ほか、91日齢未満の幼齢犬における狂犬病抗体保有状況調査 日本獣医師会雑誌 Vol.68 (2015) No.2 p.135-140
  43. ^ 狂犬病の予防接種は必要? 日本で発生する危険性は... The Huffington Post Japan, Ltd. 記事:2015年05月20日
  44. ^ 厚生労働省:動物の輸入届出制度について
  45. ^ 「狂犬病注射をしない」ということの意味 にほんまつ動物病院
  46. ^ 国際感染症学会 ProMED-mail:RABIES, HAMSTER - BOLIVIA EX PERU: ALERT (PDF) 、2003年1月6日
  47. ^ 厚生労働省:健康:結核・感染症に関する情報 - 動物等取扱業者のための野兎病Q&A
  48. ^ 不法上陸犬の対応について (PDF) 、厚生労働省検疫所、狂犬病予防等技術研修会(平成14年度)





狂犬病と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「狂犬病」の関連用語

狂犬病のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



狂犬病のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2019.
国立感染症研究所 感染症情報センター国立感染症研究所 感染症情報センター
Copyright ©2019 Infectious Disease Surveillance Center All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの狂犬病 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS