伝染性無乳症とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 伝染性無乳症の意味・解説 

伝染性無乳症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/05/25 19:08 UTC 版)

伝染性無乳症(でんせんせいむにゅうしょう、英:contagious agalactia)とはマイコプラズマ感染を原因とする感染症。日本では家畜伝染病予防法において届出伝染病に指定されており、対象動物はヒツジヤギ。ヒツジではMycoplasma agalactiae、ヤギではそのほかにMycoplasma mycoides subsp.、Mycoplasma mycoides large colony type、Mycoplasma capricolum subsp. capricolumが原因となる。症状は多くが慢性に経過し、乳量の減少を起こす。テトラサイクリン系抗生物質マクロライド系抗生物質、ニューキノロン系合成抗菌薬が治療に使用される。






「伝染性無乳症」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「伝染性無乳症」の関連用語

伝染性無乳症のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



伝染性無乳症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの伝染性無乳症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS