養豚とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 養豚の意味・解説 

よう とん やう- [0] 【養豚】

肉や皮・毛などを利用するため、豚を飼い育てること。 「 -業」 「 -場」

養豚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/17 07:05 UTC 版)

養豚(ようとん) とは、家畜としてを飼育することである。豚肉を生産することが主な目的であり、現代では畜産の一分野である。


  1. ^ 村上要信『養豚新書』平野師応・刊、1888年(明治21年)8-9頁。
  2. ^ “東京農工大、ブタの尿からメタンガス 稲わら混ぜて発酵”. 日本経済新聞 電子版. (2017年8月27日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO20437690X20C17A8TJM000/ 2019年8月8日閲覧。 
  3. ^ 畜産統計調査 平成29年畜産統計 2017年 農林水産省累年統計表
  4. ^ a b 佐藤衆介『アニマルウェルフェア-動物の幸せについての科学と論理』2005年。
  5. ^ ゲイリー・L・フランシオン『動物の権利入門』緑風出版、2018年、65頁。
  6. ^ Lindsay Patton, 9 States That Have Banned Cruel Gestation Crates for Pigs One Green Planet, 2015-01-27.
  7. ^ a b c 資料一覧ページ中の「飼養実態アンケート調査報告書」の「豚」2015年、畜産技術協会
  8. ^ “The risks associated with tail biting in pigs and possible means to reduce the need for tail docking considering the different housing and husbandry systems - Scientific Opinion of the Panel on Animal Health and Welfare”. EFSA Journal 5 (12): 611. (2007). doi:10.2903/j.efsa.2007.611. 
  9. ^ Code of Practice for the Care and Handling of Pigs Canadian Pork Council, National Farm Animal Care Council, ISBN 978-0-9936189-3-2.
  10. ^ Danish Agriculture & Food Council Danish pig production in a European context., and, Norwegian Agricultural Economics Research InstituteNorwegian pig producers’view on animal welfare, 2007.
  11. ^ EC to consider additional laws on animal welfare(2014-2、Grobal Meat)
  12. ^ Researchers Examine Pig Behaviour to Assess Pain, The Pig Site, 19 May 2014.
  13. ^ 雑誌「養豚情報」2017年7月号参照
  14. ^ EUの養豚・豚肉産業~多様な産地と経営体~『畜産の情報』2017年8月号




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「養豚」の関連用語

養豚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



養豚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの養豚 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS