河川とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 河川 > 河川の意味・解説 

か‐せん【河川】

地表をほぼ一定の流路をもって流れ、湖や海に注ぐ水の流れ大小のかわ。「一級河川


(河川 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/25 18:24 UTC 版)

(かわ)は、絶えずが流れる細長い地形である。として落ちたり地下から湧いたりして地表に存在する水は、重力によってより低い場所へとたどって下っていく。それがつながって細い線状になったものが川である。河川(かせん)ともいう。時期により水の流れない場合があるものもあるが、それも含めて川と呼ばれる。




注釈

  1. ^ 区間によっては都道府県や政令市に管理を移譲している場合がある。一級水系を参照。

出典

  1. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p156 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  2. ^ 青木ほか 1995, p. 4 表1-1.
  3. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p5 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  4. ^ 「川はどうしてできるのか」p135 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  5. ^ 「川はどうしてできるのか」p139 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  6. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p181 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  7. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p66 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  8. ^ 宇野木 2010, p. 145.
  9. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p127 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  10. ^ 大矢 2006, pp. 77-78.
  11. ^ 「川はどうしてできるのか」p114 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  12. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p285 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  13. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p129 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  14. ^ 「川はどうしてできるのか」p163 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  15. ^ 「川はどうしてできるのか」p62-65 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  16. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p109 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  17. ^ 「川はどうしてできるのか」p164-165 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  18. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p86 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  19. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p89 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  20. ^ 「川はどうしてできるのか」p56-58 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  21. ^ 「川はどうしてできるのか」p177 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  22. ^ ピネ 2010, p. 410.
  23. ^ 「河川工学の基礎と防災」p169-170 中尾忠彦 成山堂書店 平成26年9月28日初版発行
  24. ^ 「河川工学の基礎と防災」p169-170 中尾忠彦 成山堂書店 平成26年9月28日初版発行
  25. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p78 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  26. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p11 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  27. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p149-150 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  28. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p110-111 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  29. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p136 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  30. ^ 末次 2005 [要ページ番号]
  31. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p111 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  32. ^ 「川と国土の危機 水害と社会」p26-27 高橋裕 岩波書店 2012年9月20日第1刷発行
  33. ^ ヴィクトルほか 2007, pp. 87-89.
  34. ^ a b ナイル川流域国間の水資源問題”. 公式ウェブサイト. 国際協力機構 (JICA) (2010年12月21日). 2015年7月8日閲覧。
  35. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p158-159 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  36. ^ 末次 2005 [要ページ番号]
  37. ^ 瀬川 1999, p. 76.
  38. ^ 三浦ほか 2008, p. 73.
  39. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p132 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行



河川

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 03:31 UTC 版)

名詞

かせん

  1. 継続的に水の流れる土地、またはそこを流れ水のこと。

発音

か↘せん

関連語

語源

  1. 「河」も「川」も、川に関する意味漢字である。

翻訳


Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




河川と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「河川」の関連用語

河川のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



河川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの河川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS