用水路とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 水路 > 用水路の意味・解説 

ようすい‐ろ【用水路】

読み方:ようすいろ

農業用工業用上水道用などの取り入れるための水路


用水路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 08:49 UTC 版)

用水路(ようすいろ)は、農業灌漑上水道工業用水道などのためにを引く目的で造られた水路である。名称に井路(いろ、せいろ、いじ)、分水(ぶんすい)、疏水(そすい)がつくことがあり、地下を抜ける暗渠水路隧道などとも呼ばれる。流れがあればマイクロ水力発電もできる。




「用水路」の続きの解説一覧

用水路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/27 01:28 UTC 版)

水路」の記事における「用水路」の解説

灌漑発電産業用動力などのために、他の水源から水を引く目的で造られ水路のこと。

※この「用水路」の解説は、「水路」の解説の一部です。
「用水路」を含む「水路」の記事については、「水路」の概要を参照ください。


用水路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 05:37 UTC 版)

利根川」の記事における「用水路」の解説

利根川水系における用水路事業は、1526年永正18年/大永元年)に長野業正拡張した烏川長野堰用水記録上の初見となる。江戸時代には関東郡代伊奈氏井沢為永といった幕臣により備前渠用水葛西用水路見沼代用水などの大規模農業用水路整備され新田飛躍的に開発された。戦後食糧増産体制農業技術進歩による耕地拡大農業用水不足が顕在化し、対策として両総用水大利根用水、さらに利根川上流ダム群水源とする房総導水路などが建設された。また従来からある農業用水路合理化取水口統廃合行われ合口)、埼玉用水路邑楽用水路坂東大堰用水などの合口用水路も整備された。地域における重要な水道施設である用水路のいくつかは、疏水百選認定されている。

※この「用水路」の解説は、「利根川」の解説の一部です。
「用水路」を含む「利根川」の記事については、「利根川」の概要を参照ください。


用水路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/25 00:28 UTC 版)

足羽川用水」の記事における「用水路」の解説

足羽川用水は以下の用水群で構成されている。太字幹線用水徳光用水 道の駅一乗谷あさくら水の駅そばにある足羽川頭首工(とうしゅこう)が起点農業用水で、足羽川左岸農地潤す徳光下江用水槇山地区農地400haを潤す堂田川徳光下江用水支流東郷地区流れ、「堂田川」として親しまれている堂田川用水 河北用水 荒木用水 徳光上江用水 酒生用水生上用水生下用水 六条用水 木田用水 足羽三ヶ用水 足羽四ヶ用水 社江守用水

※この「用水路」の解説は、「足羽川用水」の解説の一部です。
「用水路」を含む「足羽川用水」の記事については、「足羽川用水」の概要を参照ください。


用水路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 17:25 UTC 版)

大橋井堰用水」の記事における「用水路」の解説

第一用水第二用水分かれ流れている第一用水は堰のすぐ左岸から、第二用水は堰の少し上流側の左岸から取水している。1961年昭和36年)には素掘り水路からコンクリート張り改修された。第一用水東北自動車道岩槻インターチェンジ建設に伴い一部地下流れる。谷下加倉などの水田灌漑し、谷下綾瀬川に合流する

※この「用水路」の解説は、「大橋井堰用水」の解説の一部です。
「用水路」を含む「大橋井堰用水」の記事については、「大橋井堰用水」の概要を参照ください。


用水路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 15:39 UTC 版)

入間川 (埼玉県)」の記事における「用水路」の解説

入間北部第二用水路(飯能市小瀬戸付近流れ入間川より取水した宮沢湖導水している) 根堀用水笹井ダムより取水西へ流れる) 赤間川(「入間第二用水」・「入間川第二用水」と称する笹井ダムより取水北東流れ新河岸川に合流する伊佐沼代用水路菅間堰より取水南へ流れ一部伊佐沼流入する。)

※この「用水路」の解説は、「入間川 (埼玉県)」の解説の一部です。
「用水路」を含む「入間川 (埼玉県)」の記事については、「入間川 (埼玉県)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「用水路」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「用水路」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



用水路と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

用水路のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



用水路のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの用水路 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの水路 (改訂履歴)、利根川 (改訂履歴)、足羽川用水 (改訂履歴)、大橋井堰用水 (改訂履歴)、入間川 (埼玉県) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS