メダカとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > メダカの意味・解説 

め‐だか【目高】

読み方:めだか

[名・形動

ダツ目メダカ科淡水魚平野部小川池沼水田にすみ、群泳する全長3、4センチ。体は細長くて側扁し、目が大きくしりびれは雄のほうが雌より大きい体色は淡暗褐色で、背を黒褐色のすじが走る。本州以南分布し地方名非常に多い変種ヒメダカシロメダカ観賞用に飼育される。《 夏》「石菖(せきしゃう)を揃ひて潜る—かな/風生

物を見る目すぐれていること。目が高いこと。また、そのさまや、その人

さすがはそなた—なり」〈浮・曲三味線・二〉


麦魚

読み方:メダカ(medaka

メダカ科淡水魚


メダカ

「生物学用語辞典」の他の用語
生物の名前総称など:  マウス  ミドリムシ  ミドリムシ植物門  メダカ  モルモット  ヤゴ  ラット

メダカ

作者三浦哲郎

収載図書短篇集モザイク 2 ふなうた
出版社新潮社
刊行年月1994.12


メダカ

作者アンジェラ・バーク

収載図書塩の水のほとりで
出版社冬花社
刊行年月2008.7


メイタガレイ

学名Pleuronichthys cornutus 英名:Fine spotted flounder
地方名ヒッキガレイベタガレイ、メダカ 
脊椎動物門硬骨魚綱カレイ目カレイ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D 料理

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
マガレイよりも上下の幅が広く円盤状で、肉に厚みがある。眼は小さいが著しく突き出ていて、眼の間にとげがある。このとげを触れると痛いので、眼痛の名が付いたという説がある。口は小さく、唇は厚い。体の色は、眼がある側は赤褐色で、大小のまだら状の黒い斑点が密布している。体のうろこは非常に小さい。 主に多毛類貝類などを食べる。秋から冬にかけてが産卵期である。

分布:北海道南部以南朝鮮半島東・南シナ海 大きさ:30cm
漁法:底引き網 食べ方:煮付け唐揚げ

丁斑魚

読み方:メダカ(medaka

メダカ科淡水魚

学名 Oryzias latipes


目高

読み方:メダカ(medaka

メダカ科淡水魚

学名 Oryzias latipes


高魚

読み方:メダカ(medaka

メダカ科淡水魚

学名 Oryzias latipes


麦魚

読み方:メダカ(medaka

メダカ科淡水魚

学名 Oryzias latipes


目高

読み方:メダカ(medaka

体長センチ前後メダカ科属す小魚

季節

分類 動物


メダカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/29 04:54 UTC 版)

メダカ(目高、鱂〈魚に将〉、麦魚、撮千魚)は、ダツ目メダカ科メダカ属学名 Oryzias)に分類される淡水魚の総称。飼育が簡単であるため、キンギョ(金魚)と同様に観賞魚として古くから日本人に親しまれており、ヒメダカなど観賞魚として品種改良されたメダカが広く流通し2019年4月の時点で552品種が確認されている。また、様々な目的の科学研究に用いられている。西欧世界には、江戸時代に来日したシーボルトにより、1823年に初めて報告された。


注釈

  1. ^ Oryzias carnaticusと同種であるとする説もある。
  2. ^ ただし、日数をかけて徐々に人工海水を投与しながら慣らしていく必要があるうえ、個体によっては耐性が低いこともあるので注意を要する。

出典

  1. ^ "Oryzias". World Register of Marine Species. 2022年4月5日閲覧
  2. ^ 北海道 ブルーリストメダカ
  3. ^ a b Toshinobu Asai, Hiroshi Senou and Kazumi Hosoya. 2011. Oryzias sakaizumii, a new ricefish from northern Japan (Teleostei: Adrianichthyidae). Icthyol.Explor.Freshwaters,vol.22,No.4,pp.289-299
  4. ^ 中坊 徹次『日本産魚類検索 全種の同定』(第3版)東海大学出版会、2013年。ISBN 978-4486018049 
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 日本魚類学会自然保護委員会「メダカ:人為的な放流による遺伝的攪乱」(PDF)『魚類学雑誌』第57巻第1号、2010年、76-79頁、2011年12月1日閲覧 
  6. ^ a b c 宮地(1976)
  7. ^ a b 内山(2005)、p.82
  8. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年7月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月21日閲覧。 [愛知メダカの学校調査]
  9. ^ 末広恭雄『魚の博物事典』(講談社学術文庫ISBN 4-06-158883-4 590頁。
  10. ^ Wang MY, Takeuchi H (2017). “Individual recognition and the ‘face inversion effect’ in medaka fish (Oryzias latipes)”. eLife 6: e24728. doi:10.7554/eLife.24728. 
  11. ^ 環境省報道発表資料「第4次レッドリストの公表について(汽水・淡水魚類)」 (別添資料7)環境省第4次レッドリスト(汽水・淡水魚類)
  12. ^ 都市と生物(11)消えゆくメダカ、守る試み日本経済新聞』朝刊2020年7月26日(サイエンス面)2020年8月4日閲覧
  13. ^ 阿賀町役場 企画観光課. “メダカ佃煮”. 阿賀町ウェブサイト. 阿賀町. 2011年2月6日閲覧。
  14. ^ 「日本の食生活全集 新潟」編集委員会『聞き書新潟の食事』(日本の食生活全集15)農山漁村文化協会、1985年、21-22頁および48頁。
  15. ^ ヒメダカのつくだ煮”. 農林水産省北陸農政局. 2010年11月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年11月24日閲覧。
  16. ^ 日本メダカ協会業界団体)2019年11月27日閲覧
  17. ^ 日本農業新聞』2019年11月27日付「直売所そーっとのぞいて見て メダカ養殖に愛情/催しでも人気、農業と二役」(同日閲覧)に紹介されている茨城県の事例では80種類、2万匹を養殖している。
  18. ^ 兵頭昌雄、大岩忠彦 ほか「メダカ18S rRNA遺伝子のPCRによる増幅」『東海大学紀要』. 開発工学部 9, 213-222, 2000-03-10, NAID 110000961205
  19. ^ a b 田中実、友永健士、木下政人、若松佑子「遺伝子機能解析のためのポストゲノム実験動物メダカ(生きたまま内臓(細胞)を見られる「透明・遺伝子導入」メダカ)」『生物物理』43巻 (2003) 2号 p.93-96 , doi:10.2142/biophys.43.93
  20. ^ a b 青木康展「光るメダカと組換え魚飼育管理の問題(日本水産学会水産増殖懇話会)」『日本水産学会誌』(Bulletin of the Japanese Society of Scientific Fisheries) 71(5), 838-839, 2005-09-15, NAID 110003169491
  21. ^ 未承認の遺伝子組換えメダカの回収のお願いについて”. 環境省 (2005年2月8日). 2013年8月13日閲覧。
  22. ^ 遺伝子組換えメダカの学外持ち出しに係る文部科学省からの厳重注意について”. 東京工業大学 (2023年3月8日). 2023年3月25日閲覧。
  23. ^ 高井瞳「赤く光るメダカ 違法拡散の始まりは13年前の「贈り物」」『毎日新聞』、2023年3月24日。2023年3月25日閲覧。
  24. ^ 「必死で育てたのに」…観賞用メダカ、各地で盗難相次ぐ、400万円超被害も『毎日新聞』2019年9月24日(2019年11月27日閲覧)
  25. ^ メダカもはや高級魚?1匹1万円超も ペットとして犬や猫に次ぐ人気に ブームの裏で希少種狙う盗難も(神戸新聞NEXT、2022年12月28日記事)


「メダカ」の続きの解説一覧

「メダカ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メダカ」の関連用語

メダカのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



メダカのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
JabionJabion
Copyright (C) 2024 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメダカ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS