富士市とは?

富士市

読み方:フジシ(fujishi)

所在 静岡県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

富士市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/04 16:09 UTC 版)

富士市(ふじし)は、静岡県東部のである。施行時特例市でもある。




  1. ^ a b c 平松洋志 (2013年12月7日). “富士市長選 市政の課題(上)製紙のまち 斜陽化”. 読売新聞 (読売新聞社)
  2. ^ a b c d 平松洋志 (2013年12月8日). “富士市長選 市政の課題(下)観光産業発展なるか”. 読売新聞 (読売新聞社)
  3. ^ 富士山西麓・南麓の"富士山がある風景100選"位置図(環境省) (PDF)
  4. ^ 石渡明. “東海道五十三次と地震・津波・噴火”. 日本地質学会. 2018年5月30日閲覧。
  5. ^ 浮島沼は、周辺の湿地帯と合わせて浮島ヶ原とも呼ばれる。浮島沼は東海道五十三次(浮世絵)に描かれている。富士市側は吉原宿、沼津市側は原宿でその姿を見ることができる。
  6. ^ 富士ニュース(2014年1月10日)
  7. ^ 富士ニュース(2016年1月18日)
  8. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2014年1月19日閲覧。
  9. ^ 観測史上1 - 10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2014年1月19日閲覧。
  10. ^ 広報ふじ 840号 2004年1月20日発行 2-3ページ 3月いっぱいで富士市民センターが閉館します
  11. ^ 広報ふじ 第63号 1970年4月1日発行 1ページ お待たせしました 4月1日に開庁します
  12. ^ 広報ふじ 1973年5月25日発行 5ページ 市民プール6月17日オープン
  13. ^ 広報ふじ 第647号 1995年8月20日発行 2-5ページ 特集 市民プール
  14. ^ 広報ふじ 第649号 1995年9月20日発行 2-9ページ 特集・中央図書館
  15. ^ a b 平成25年版 富士市ミニミニ情報富士市役所
  16. ^ 補欠選挙当選者。2017年(平成29年)6月27日就任。 : 平成29年6月27日静岡県選挙管理委員会告示第42号(静岡県議会議員補欠選挙において当選した者の住所及び氏名)
  17. ^ 県議会の会派所属議員の異動 - 静岡県記者提供資料
  18. ^ 統計センターしずおか 市町村のすがた
  19. ^ a b 行政資料 富士市の商業(平成20年度)
  20. ^ 富士市 中心部来訪者が最少、05年度比2割減(静岡新聞)2009年10月22日
  21. ^ 2007年8月31日付け静岡新聞
  22. ^ 静岡新聞 2010/02/24
  23. ^ 2009年10月1日付け時事通信
  24. ^ 公園内にでごいち文庫(旧国鉄客車を改装した図書館がある・その隣にはD51形蒸気機関車が静態保存されている)
  25. ^ 静岡ダービーにお邪魔しました!”. 乃木坂46 運営スタッフ 公式ブログ. 乃木坂46運営委員会 (2012年4月14日). 2013年9月23日閲覧。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「富士市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

富士市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



富士市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富士市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS