旭川市とは? わかりやすく解説

あさひかわ‐し〔あさひかは‐〕【旭川市】

読み方:あさひかわし

旭川


旭川市

読み方:アサヒカワシ(asahikawashi)

所在 北海道

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

旭川市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/04 07:02 UTC 版)

旭川市(あさひかわし)は、北海道北中部(道北地方)に位置し、上川総合振興局に属する上川盆地に広がっている。振興局所在地であり、札幌市に次ぐ北海道第2位の人口(約33万人)を有する中核市である[1]


注釈

  1. ^ 旭川家具とは、旭川市と近郊にあるメーカーが製造する家具の総称[8]
  2. ^ 旭川市は平成29年9月4日、疑義があるとして『「旭川」という地名は開村の告示で村名として登場したのが最初である。』という一文をHPより削除した。
  3. ^ 新旭川市史では、この新聞記事を開村の三ヶ月前と記述しているが、明らかな誤りである。
  4. ^ 旧姓は山室。軍人でありながらも北海道学友会会員であり、アイヌ語に精通していて新聞・学友会誌などにも寄稿していた。永田方正とも親交があったと言われる。
  5. ^ 実際の新聞は旭川中央図書館にて閲覧可能。
  6. ^ 市立函館図書館所蔵、旭川市博物館にて展示閲覧可能。札幌で発刊された北海新聞ではなく明治22年函館で発刊された同名紙。同時に開村した沼貝村、神居村、永山村と合わせ4村を一括した記事。
  7. ^ チュプペツ  東川「チュプカペツ」ニ同ジ、此川ノ水源ハ東ニアリテ日月ノ出ル処故ニ名ク。明治二三年旭川村ヲ置ク
  8. ^ 実際には1月30日発刊の北海道学友会発行『北海道』第9号にも岡部(山室)方幾は同様のチュプペト意訳を寄稿している
  9. ^ 知里真志保「チゥ・ペッ」(波・川)説や山田秀三「チュク・ペッ」(秋・川)説が代表例であるが、これらは永田方正の忠別川に対する「チュプ・ペッ」の語源・解釈は誤りであると指摘したに過ぎず、自説を旭川の地名由来と主張したものではない。
  10. ^ 以下の数値は資料不足値の為未記載「2000(80%)」
  11. ^ 1階にイオン北海道テナントとして入っている[81]
  12. ^ 空港管理者は旭川市。空港ターミナルビルは東神楽町にある[95]
  13. ^ 所在地は鷹栖町であるが、運営管理は旭川市が行っている。

出典

  1. ^ a b 中核市の紹介”. 中核市市長会. 2015年8月26日閲覧。
  2. ^ a b c 旭川市の概要”. 北海道・旭川市企業誘致ガイド. 旭川市. 2016年11月19日閲覧。
  3. ^ 国際会議観光都市 (PDF)”. 観光庁 (2010年9月1日). 2015年8月26日閲覧。
  4. ^ 平成26年度観光入込客数について (PDF)”. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  5. ^ 星野リゾート
  6. ^ a b 旭川市勢要覧 2015, pp. 9–10.
  7. ^ 旭川市勢要覧 2015, pp. 31–32.
  8. ^ 旭川家具”. 旭川家具工業協同組合. 2015年8月27日閲覧。
  9. ^ 日本五大家具産地の一つ「旭川家具」とは”. 北海道ファンマガジン (2009年12月16日). 2015年8月28日閲覧。
  10. ^ 旭川市のあゆみ”. 旭川市公式サイト. 2017年8月29日閲覧。
  11. ^ 旭川市史編集会議『新旭川市史』第2巻(通史2)、1993年(平成5年)、第一章第三節 P-97
  12. ^ 北海道蝦夷語地名解. 第1-3篇”. 国立国会図書館デジタルコレクション. 2017年8月29日閲覧。
  13. ^ 永田方正北海道蝦夷語地名解』第1-3篇、1891年(明治24年)初版、「第1篇石狩国」P-14
  14. ^ 永田方正北海道蝦夷語地名解』第1-3篇、1891年(明治24年)初版、「例言」P-3
  15. ^ 高橋基『アイヌ語地名研究4』「旭川の地名起源考-その1-」、アイヌ語地名研究会、2001年(平成13年)、P-12,13
  16. ^ 旭川市史編集会議『新旭川市史』第2巻(通史2)、1993年(平成5年)、第一章第三節 P-98
  17. ^ a b c d e f g 旭川市地域防災計画 2015, p. 12.
  18. ^ a b 日本の地質百選”. 全国地質調査業協会連合会・地質情報整備活用機構. 2015年9月1日閲覧。
  19. ^ 突哨山”. もりねっと北海道. 2015年8月27日閲覧。
  20. ^ 歴代全国ランキング”. 気象庁. 2015年8月27日閲覧。
  21. ^ a b 旭川 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年8月8日閲覧。
  22. ^ a b 1 江丹別 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2021年8月8日閲覧。
  23. ^ a b c d 旭川市新総合雪対策基本計画策定にあたって 資料-3 旭川市の冬の気象 (PDF)”. 旭川市 (2004年). 2015年8月27日閲覧。[リンク切れ]
  24. ^ a b 市勢要覧 2015, p. 39.
  25. ^ a b c d e f 上川地方の四季”. 旭川地方気象台. 2015年9月2日閲覧。
  26. ^ a b 「旭川市緑の基本計画」策定に向けた基本的考え方について (PDF)”. 旭川市緑の基本計画検討懇談会 (2014年12月19日). 2016年7月10日閲覧。
  27. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2021年5月19日閲覧。
  28. ^ 観測史上1~10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2012年8月10日閲覧。
  29. ^ 江丹別 過去の気象データ検索”. 気象庁. 2022年7月31日閲覧。
  30. ^ 過去の気象データ”. 気象庁. 2022年1月1日閲覧。
  31. ^ 旭川市の重点提案・要望 2015, p. 1.
  32. ^ 旭川市地域防災計画 2015, p. 15.
  33. ^ 総務省統計局統計調査部国勢統計課 (2017-01-27) (CSV). 平成27年国勢調査小地域集計01北海道《年齢(5歳階級)、男女別人口、総年齢及び平均年齢(外国人-特掲)-町丁・字等》 (Report). 総務省. https://www.e-stat.go.jp/stat-search/files/data?fileid=000007841019&rcount=1 2017年5月20日閲覧。. ※条町区分地の一部に0人の地域がある場合でも他の同一区分地で人口がある場合は除いた。
  34. ^ 旭川市のあゆみ”. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  35. ^ 山本和重 編 『地域のなかの軍隊1 北の軍隊と軍都 北海道・東北』吉川弘文館。ISBN 978-4-642-06473-6 
  36. ^ 豊平川のほとり 田村嘉子、土木研究所寒地土木研究所『北海道開発土木研究所月報. 2003年度(特集号)』、2004-03
  37. ^ 図典 日本の市町村章 p8
  38. ^ 旭川市における戦災の状況(北海道)”. 総務省. 2015年9月4日閲覧。
  39. ^ 旭川市旗”. 旭川市例規類集. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  40. ^ 地方拠点都市地域 構成市町村一覧”. 国土交通省. 2015年8月25日閲覧。
  41. ^ 定住自立圏構想 中心市宣言書 (PDF)”. 旭川市 (2009年12月28日). 2016年7月10日閲覧。
  42. ^ 「北彩都あさひかわ」完成記念事業のご案内”. 旭川観光コンベンション協会 (2014年6月30日). 2016年7月10日閲覧。
  43. ^ 北海道暴力団の排除の推進に関する条例”. 北海道警察本部刑事部組織犯罪対策局捜査第四課暴力団排除係 (2017年). 2022年8月17日閲覧。
  44. ^ 「旭川市民の日」を制定しました”. 旭川市 (2022年2月17日). 2022年2月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年9月20日閲覧。
  45. ^ 『日本の歴代市長』第1巻、歴代知事編纂会、1983年。
  46. ^ 市民憲章の推進”. 旭川市. 2017年6月27日閲覧。
  47. ^ 旭川市議会”. 旭川市議会事務局. 2016年7月10日閲覧。
  48. ^ 議員名簿”. 北海道議会. 2015年8月28日閲覧。
  49. ^ 旭川市動物愛護センターあにまある”. 2016年7月10日閲覧。
  50. ^ 旭川市国際交流センター”. 2016年7月10日閲覧。
  51. ^ 旭川市工業技術センター”. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  52. ^ 旭川産業創造プラザ”. 2016年7月10日閲覧。
  53. ^ 工芸センター(施設の概要)”. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  54. ^ 旭川市農業センター(花菜里ランド)トップページ”. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  55. ^ 旭川市近文清掃工場のページ”. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  56. ^ a b c 旭川市”. 大雪ものしり百科「産業編」. 上川総合振興局. 2015年8月28日閲覧。
  57. ^ a b c d e 旭川市環境白書 2016, p. 2.
  58. ^ あさひかわの農業 2015, p. 53.
  59. ^ Vol.13『江丹別』”. 北海道新聞旭川支社. 北海道新聞社 (2011年9月22日). 2015年8月27日閲覧。
  60. ^ 特集 旭川の地酒 (PDF)”. こうほう旭川市民. 旭川市 (2014年11月). 2016年7月10日閲覧。
  61. ^ 「読みもの」のページ 旭川家具のこれまでとこれから”. 旭川市工芸センター. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  62. ^ JA上川生産連(上川生産農業協同組合連合会)”. 2015年9月1日閲覧。
  63. ^ たいせつ農業協同組合”. 2015年8月27日閲覧。
  64. ^ 東旭川農業協同組合”. 2015年8月27日閲覧。
  65. ^ JAひがしかぐら”. 2015年8月27日閲覧。
  66. ^ 道央統括センター事業所紹介”. 2022年4月15日閲覧。
  67. ^ 旭川木工センター”. 協同組合旭川木工センター. 2015年9月13日閲覧。
  68. ^ 旭川市森林組合”. 2015年11月21日閲覧。
  69. ^ 旭川家具工業協同組合”. 2015年8月27日閲覧。
  70. ^ あさひかわ魚菜商業協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  71. ^ 旭川地方自動車整備振興会”. 2015年9月1日閲覧。
  72. ^ 旭川工業団地協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  73. ^ 旭川総合鉄工団地協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  74. ^ 道北電気工事業協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  75. ^ 旭川市管工事業協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  76. ^ 旭川ボーリング工業協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  77. ^ 旭川地方左官工業協同組合”. 北海道左官業組合連合会. 2015年9月1日閲覧。
  78. ^ 旭川情報産業事業協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  79. ^ 旭川印刷製本工業協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  80. ^ 旭川オクノ閉館へ惜しむ常連客 道北のファッション拠点が… 中心部衰退の懸念「跡地利用思い切って」”. 北海道新聞 (2022年5月26日). 2022年5月26日閲覧。
  81. ^ 3月下旬オープン「イオンモール旭川駅前」に北海道一の食と美容・健康ゾーン、イオン北海道の新機軸を具現化”. リアルエコノミー (2015年2月14日). 2015年8月25日閲覧。
  82. ^ ドリコ 旭川折込広告協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  83. ^ 旭川酒販協同組合”. 2015年8月28日閲覧。
  84. ^ 旭川ホテル旅館協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  85. ^ あさひかわ福祉生活協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  86. ^ 旭川弁護士協同組合”. 全国弁護士協同組合連合会. 2015年9月1日閲覧。
  87. ^ a b 旭川地方個人タクシー協同組合”. 2015年9月1日閲覧。
  88. ^ a b 旭川個人タクシー協会”. 2015年9月1日閲覧。
  89. ^ 指定金融機関 旭川信用金庫
  90. ^ ベアーズマガジン”. エム・ドゥ. 2015年8月26日閲覧。
  91. ^ グラフ旭川”. 2015年8月26日閲覧。
  92. ^ 旭川経済新聞”. ネスティコーポレーション. 2015年8月26日閲覧。
  93. ^ 旭川市シニア大学”. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  94. ^ 旭川市民農業大学トップページ”. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  95. ^ 旭川空港ターミナルビルが旭川市にないという事実”. 北海道ファンマガジン (2012年4月24日). 2015年8月28日閲覧。
  96. ^ a b “来春のダイヤ見直しについて” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2020年12月9日), オリジナルの2021年1月5日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201209060401/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201209_KO_kaisei.pdf 2021年1月5日閲覧。 
  97. ^ a b “2021年3月ダイヤ改正について” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2020年12月18日), オリジナルの2020年12月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201218050637/https://www.jrhokkaido.co.jp/CM/Info/press/pdf/20201218_KO_Daikai.pdf 2021年1月5日閲覧。 
  98. ^ 運賃について”. 北海道ハイヤー協会. 2015年9月1日閲覧。
  99. ^ 旭川個人タクシー・四ッ星会”. 2015年9月1日閲覧。
  100. ^ 大雪・富良野ルート”. シーニックバイウェイ北海道. 2015年9月1日閲覧。
  101. ^ 北海道ガーデン街道”. 北海道ガーデン街道協議会. 2015年5月18日閲覧。
  102. ^ るるぶ情報版 北海道23'
  103. ^ まっぷる 北海道23'
  104. ^ 北海道観光局観光振興課 北海道観光客数調査報告書
  105. ^ 旭川市内の指定・登録文化財”. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  106. ^ 常磐公園(旭川市) (PDF)”. 日本造園学会北海道支部. 2015年9月13日閲覧。
  107. ^ 旭川八景”. 旭川市. 2016年7月10日閲覧。
  108. ^ 北海道三大名橋をご存じ? 豊平橋・旭橋・幣舞橋”. 北海道ファンマガジン (2008年3月13日). 2015年8月28日閲覧。
  109. ^ エゾリス、冬の間も大忙し 雪積もる中、旭川”. 産経ニュース (2021年12月22日). 2021年12月22日閲覧。
  110. ^ a b 大雪地ビール”. 2015年8月27日閲覧。
  111. ^ 酒造り資料館”. 男山. 2015年8月27日閲覧。
  112. ^ 旭川兵村記念館”. 2015年9月2日閲覧。
  113. ^ クラークホースガーデン”. 2015年8月27日閲覧。
  114. ^ 国際家具デザインフェア旭川(IFDA ASAHIKAWA)”. 2015年8月28日閲覧。
  115. ^ 旭川彫刻フェスタ作家”. 中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館. 2015年9月4日閲覧。
  116. ^ 石狩川フェスティバル”. 2015年9月2日閲覧。
  117. ^ 旭川夏まつり”. 2015年9月2日閲覧。
  118. ^ 旭川陶芸フェスティバル”. 2015年9月2日閲覧。
  119. ^ 旭川ハーフマラソン公式サイト”. 2015年9月1日閲覧。
  120. ^ a b c 旭川市勢要覧 2015, pp. 11–12.
  121. ^ 北海の灘について”. あさひかわの文化. 2015年8月28日閲覧。[リンク切れ]
  122. ^ 特集 わがマチの自慢 江丹別そば (PDF)”. こうほう旭川市民. 旭川市 (2011年11月). 2015年8月28日閲覧。[リンク切れ]
  123. ^ a b c 旭川市勢要覧 2015, pp. 15–16.
  124. ^ 特集 旭川の豚肉でまちも人もパワーアップ! (PDF)”. こうほう旭川市民. 旭川市 (2012年3月). 2015年9月1日閲覧。[リンク切れ]
  125. ^ おにぎり+ホットドッグ÷2!? 旭川名物「ジュンドッグ」って何?”. 北海道ファンマガジン (2008年3月13日). 2015年8月28日閲覧。
  126. ^ “旭川「新子焼き」黄金の輝き 若鶏半身を食べ尽くす”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2015年3月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXKZO84773810U5A320C1EL1P01/ 2016年7月10日閲覧。 
  127. ^ “4月5日は「新子焼きの日」「新子焼き月間」スタート”. あさひかわ新聞 (北のまち新聞社). (2015年3月31日). http://www.asahikawa-np.com/digest/2015/04/00108918/ 2015年9月1日閲覧。 
  128. ^ B級グルメ「ゲソ丼」イカ足の空揚げに風味”. 産経ニュース (2014年12月14日). 2016年7月10日閲覧。
  129. ^ 旭川市勢要覧 2015, pp. 13–14.
  130. ^ 参院選新潟選挙区候補 弁護士・打越さくらさん決定|立憲民主党 新潟県連合
  131. ^ 青二プロダクション 青野 武(Wayback Machineによるアーカイブ)”. 2020年11月23日閲覧。
  132. ^ “卒業、引退!乃木坂46「橋本奈々未」涙の赤貧秘話”. Smart FLASH' (光文社). (2016年10月27日) 2020年8月1日閲覧。
  133. ^ a b c 旭川観光基本方針 2014, pp. 10–11.
  134. ^ 旭川地域フィルムコミッション”. 旭川観光コンベンション協会. 2016年7月10日閲覧。
  135. ^ 『春と修羅』:新字新仮名 - 青空文庫
  136. ^ 『層雲峡より大雪山へ』:新字新仮名 - 青空文庫
  137. ^ 2017年8月26日、『訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)』において、この作品の舞台となった旭川市が選出された。一般社団法人 アニメツーリズム協会”. 2017年8月28日閲覧。



旭川市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 18:23 UTC 版)

福吉カフェ」の記事における「旭川市」の解説

旭橋本店(旭川市常盤2丁目)-大正13年建てられ歴史建築、旧北島製粉所利用した店舗美瑛軟石地元山から切り出した木材使用した建物旭川歴史的建物保存考える会による建築賞として平成14年表彰されている。この建物ではこれまでにスポーツ用品店畳表店、和菓子店駄菓子店などが営まれ当時の様子記憶されている。店内使用している家具一部には旭川家具使用されているカムイスキーリンクス店(旭川市神居町112)-カムイスキーリンクスセンターハウスに冬季限定カフェテリア運営している。

※この「旭川市」の解説は、「福吉カフェ」の解説の一部です。
「旭川市」を含む「福吉カフェ」の記事については、「福吉カフェ」の概要を参照ください。


旭川市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 00:27 UTC 版)

日本のプロテスタント教会一覧」の記事における「旭川市」の解説

旭川バプテスト教会 旭川めぐみキリスト教会日本福音キリスト教会連合:JECA) - 旭川市豊岡2条1968年昭和43年)に三浦綾子の元自宅創立 旭川六条教会日本基督教団) - 旭川市6条通り1898年明治31年創立三浦綾子教会員だった。 日本バプテスト連盟 旭川東光キリスト教会

※この「旭川市」の解説は、「日本のプロテスタント教会一覧」の解説の一部です。
「旭川市」を含む「日本のプロテスタント教会一覧」の記事については、「日本のプロテスタント教会一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「旭川市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「旭川市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「旭川市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

旭川市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



旭川市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの旭川市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの福吉カフェ (改訂履歴)、日本のプロテスタント教会一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS