千葉市とは? わかりやすく解説

ちば‐し【千葉市】

読み方:ちばし

千葉[二]


千葉市

読み方:チバシ(chibashi)

所在 千葉県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

千葉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/10 16:05 UTC 版)

千葉市(ちばし)は、千葉県の中央部にある。千葉県の県庁所在地及び人口最多の市であり、政令指定都市の一つ。都市雇用圏における東京都市圏中心都市の一つであり、6区行政区を持つ。業務核都市国家戦略特区構造改革特区[1]都市再生特別地区国際会議観光都市保健所政令市、グローバルMICE都市[2]に指定されている。




注釈

  1. ^ 緑区土気地区は、旧・山武郡域だったため、04757になっていた。
  2. ^ ほかに、若葉区稲毛区各一部が0434を使用していた。
  3. ^ 記事化されているもののみ。

出典

  1. ^ a b 地域の特色等を生かした特別の教育課程を編成する学校の取組:文部科学省”. www.mext.go.jp. 2019年5月20日閲覧。
  2. ^ グローバルMICE都市 | MICEの誘致・開催の推進 | 国際観光 | 政策について | 観光庁”. www.mlit.go.jp. 2018年12月21日閲覧。
  3. ^ 都道府県の人口一覧#推計人口(最新)を参照
  4. ^ 千葉市. “中心市街地の位置及び区域”. 2024年5月23日閲覧。
  5. ^ a b c 千葉市. “千葉市のあゆみ・年表”. 千葉市. 2018年12月21日閲覧。
  6. ^ 千葉県. “3.業務施設集積地区の区域及び整備の方針に関する事項”. 千葉県. 2019年5月10日閲覧。
  7. ^ a b 千葉市. “国家戦略特区”. 千葉市. 2019年5月10日閲覧。
  8. ^ 平凡社(1998年)『世界大百科事典』第2版「千葉市」より
  9. ^ 千葉県. “千葉県の産業”. 千葉県. 2019年5月19日閲覧。
  10. ^ 千葉市:主要統計指標 Archived 2015年10月29日, at the Wayback Machine.
  11. ^ 千葉市. “千葉市都市計画マスタープラン(全体構想)”. 千葉市. 2019年2月7日閲覧。
  12. ^ 『千葉県の気候・気象(千葉県の自然誌本編3)』103、670頁、千葉県気象月報・区内気象月表原簿(昭和26年2月)
  13. ^ 平年値ダウンロード”. 気象庁. 2024年2月閲覧。
  14. ^ 観測史上1〜10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2024年2月閲覧。
  15. ^ a b 平凡社(1998年)『世界大百科事典』第2版「千葉市」より
  16. ^ 千葉県. “03.「千葉港」と「千葉の湊」”. 千葉県. 2019年2月13日閲覧。
  17. ^ 千葉市. “猪鼻城跡(含七天王塚)(市指定文化財)”. 千葉市. 2019年2月13日閲覧。
  18. ^ a b 千葉港のうつりかわり
  19. ^ 本保弘文「郷土史ノートその2 土気の茶亭」(『房総路』9号、1981年)
  20. ^ 梁瀬裕一「千葉におけるもう一つの御殿跡―千葉御殿と千葉御茶屋御殿―」(『千葉いまむかし』18号、2005年)
  21. ^ 曽我野村(近世)”. 角川日本地名大辞典. 2022年11月3日閲覧。
  22. ^ 葛飾北斎 「富嶽三十六景」解説付き”. 葛飾北斎 「富嶽三十六景」解説付き. 2019年2月13日閲覧。
  23. ^ 千葉港開港記念日”. www.pref.chiba.lg.jp. 2019年2月14日閲覧。
  24. ^ author. “「海浜ニュータウン」次の50年”. 【プロ厳選】注目のマンション 2019. 2019年2月19日閲覧。
  25. ^ Inc, Japan Automobile Manufacturers Association. “TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE”. TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE. 2019年2月19日閲覧。
  26. ^ “〝フクダ電子アリーナ〟が完成”.『稲毛新聞』(稲毛新聞社). (2005年10月6日)
  27. ^ a b “イトーヨーカ堂初の自社開発SC「アリオ蘇我」、新サービスも好評”. 日本食糧新聞(日本食糧新聞社). (2005年5月27日)
  28. ^ 千葉のハーバーシティ蘇我、今秋に新施設 ユニクロなど14店舗。”. 日本経済新聞 電子版. 2019年5月10日閲覧。
  29. ^ 新しい「千葉駅」|千葉県|千葉市中央区|生活|交通|地域情報|チイコミ”. chiicomi.com. 2019年3月26日閲覧。
  30. ^ 千葉市. “千葉駅西口再開発ビルA棟「WESTRIO(ウェストリオ)」トップページ”. 千葉市. 2019年3月26日閲覧。
  31. ^ ペリエ千葉 2018年6月28日(木)グランドオープンhttps://www.perie.co.jp/files/upload/1522201524059879900.pdf
  32. ^ 千葉市. “千葉駅東口地区第一種市街地再開発事業”. 千葉市. 2019年3月26日閲覧。
  33. ^ 千葉市. “千葉駅西口地区第二種市街地再開発事業(B工区)特定建築者の決定について”. 千葉市. 2019年3月26日閲覧。
  34. ^ 東京圏 国家戦略特別区域会議”. www.kantei.go.jp. 2019年2月19日閲覧。
  35. ^ 2021年6月23日 (1ヶ月前) に予定される「東京五輪直前!」という宣言が行われる。
  36. ^ 会場:幕張メッセ|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2019年2月19日閲覧。
  37. ^ 誘致レース(473)千葉市=平成30年度 創生総合戦略(改訂)でIR導入検討を追加”. カジノ IR ジャパン (2018年10月26日). 2019年2月19日閲覧。
  38. ^ “華やかに開幕ゲーム 本処地マリンで 県民ファン生の迫力たんのう”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 1, 10-12, 19. (1992年4月5日) 
  39. ^ “政令指定市千葉が誕生”. 朝日新聞』夕刊 (朝日新聞社): p. 15. (1992年4月1日) 
  40. ^ “制服 堅苦しい「官」から脱却”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 17. (1992年4月2日) 
  41. ^ “首都圏東部に新中核都市 政令市・千葉が“始動” 市民生活向上推進へ”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 1, 12, 19. (1992年4月2日) 
  42. ^ a b “千葉の文化創造の拠点 市美術館がオープン 中央区役所との複合施設”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 12. (1995年11月2日) 
  43. ^ a b “欧州に初の友好懸け橋 モントルー市と姉妹提携 両市長が協定書に調印 千葉市”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 12. (1996年5月29日) 
  44. ^ 千葉市、パートナー証明を開始 LGBTに限定せず”. 産経ニュース. 産経新聞 (2019年1月29日). 2019年1月29日閲覧。
  45. ^ 「自動運転・MaaS導入 行政のデジタル化推進、千葉市とNTT」 日本経済新聞ニュースサイト(2019年7月11日)2020年3月1日閲覧
  46. ^ “大正10年の市制施行から100年 千葉市が記念式典 市長「難局を乗り越えていく」”. 産經新聞. (2021年1月4日). https://www.sankei.com/article/20210104-MHSNNCOIJFIW5KY7JFUN47227I/ 2021年1月4日閲覧。 
  47. ^ “新区は「四街道区」 千葉・四街道合併協議会 合併の是非、来年5月以降に”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 13. (2003年11月20日) 
  48. ^ “住民投票5月16日 四街道 千葉市との合併是非“決着” 即日開票”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 14. (2004年3月6日) 
  49. ^ “四街道市民、合併に反対 千葉市編入の是非問う住民投票 協議会は解散へ”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 1. (2004年5月17日) 
  50. ^ “四街道市との合併協解散へ 県に届け出”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 12. (2004年6月29日) 
  51. ^ a b 千葉市農業の概要”. 千葉市 (2009年7月7日). 2009年10月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月14日閲覧。
  52. ^ ちば旬鮮図鑑 ちばの落花生”. 千葉県. 2014年10月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年9月14日閲覧。
  53. ^ a b “新たな姉妹友好都市提携へ スイス・モントルー市 中国・呉江市”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 12. (1995年6月30日) 
  54. ^ a b “千葉市の新しい姉妹都市に最適なのは…モントルー(スイス)と呉江(中国)懇談会答申”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 12. (1996年2月1日) 
  55. ^ 千葉市中心市街地ガイドマップ”. www.chibacityguidemap.com. 2019年2月7日閲覧。
  56. ^ 千葉駅新築開業、周辺滞在者16%増 そごうエリアに波及”. www.chibanippo.co.jp. 2019年3月26日閲覧。
  57. ^ 中央公園 – 検索結果: –”. 千葉市観光協会公式サイト/千葉市観光ガイド. 2019年4月10日閲覧。
  58. ^ 栄町まちづくり社会実験”. www.rakuichi.org. 2019年4月10日閲覧。
  59. ^ 千葉駅周辺地域プロジェクト一覧
  60. ^ 千葉市. “千葉市の市街地再開発事業の状況”. 千葉市. 2019年2月15日閲覧。
  61. ^ a b 千葉県. “千葉県保健医療計画(平成30年度〜平成35年度)”. 千葉県. 2019年6月14日閲覧。
  62. ^ 千葉県. “災害拠点病院の指定について”. 千葉県. 2019年6月14日閲覧。
  63. ^ “「開催は非常に光栄」 千葉市で来年10月国際大会 車椅子バスケ 調印式、知事ら出席”. 千葉日報 (千葉日報社). (2014年11月21日). http://www.chibanippo.co.jp/news/local/226244 2016年9月14日閲覧。 
  64. ^ 成田空港交通”. www.nariku.co.jp. 2019年2月7日閲覧。
  65. ^ 幕張・千葉エリア(千葉市海浜エリア系統)|リムジンバスの東京空港交通”. 東京空港交通オフィシャルサイト. 2019年2月7日閲覧。
  66. ^ JR東日本 各駅の乗車人員(2022年度)
  67. ^ 千葉市. “道路愛称名一覧”. 千葉市. 2019年6月22日閲覧。
  68. ^ “歴史、風土、自然の今昔ひと目で 千葉県立中央博物館 きょう開館”. 『千葉日報』 (千葉日報社): pp. 5-7. (1989年2月7日) 
  69. ^ “青空広がり行楽地に歓声 GW初日 航空博物館オープン”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 12. (1989年4月30日) 
  70. ^ “「きぼーる」全館オープン 家族連れでにぎわう”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 14. (2007年10月21日) 
  71. ^ “写実絵画の名品165点展示 緑区のホキ美術館来月3日オープン 斬新な回廊型ギャラリー”. 『千葉日報』 (千葉日報社): p. 14. (2010年10月17日) 
  72. ^ 東京オートサロン公式サイト(2017)
  73. ^ ワンダーフェスティバル 2009[夏]開幕、全記事一覧まとめ Gigazine 2009年7月26日
  74. ^ さくら広場(幕張) - さくら広場 - 体験・見学施設 - 広告・見学施設 - 企業情報 - Panasonic”. www.panasonic.com. 2019年3月8日閲覧。
  75. ^ アクセス ニコニコ超会議2015公式サイト
  76. ^ 開催概要 幕張メッセ"どきどき"フリーマーケット公式サイト
  77. ^ Agency, Urban Renaissance. “ヨーロッパのように美しい街、幕張ベイタウン。恒例のお祭りは今年も大にぎわい!|URくらしのカレッジ”. UR都市機構. 2019年3月8日閲覧。
  78. ^ マクハリ的粋祭り2018開催のお知らせ | 幕張メッセ”. www.m-messe.co.jp. 2019年3月8日閲覧。
  79. ^ 第44回 千葉の親子三代夏祭り 2019年8月17日(土)・18日(日)”. www.oyakosandai.chiba.jp. 2019年6月22日閲覧。
  80. ^ 東京ゲームショウ2015公式サイト
  81. ^ CEATEC JAPAN2016 開催概要
  82. ^ ChibaCityウィンターイルミネーション特集”. 千葉市観光協会公式サイト/千葉市観光ガイド. 2019年3月8日閲覧。
  83. ^ 黒字になるから「『ブラック』フライデー」? イオンが11月に超激安セール”. J-CASTテレビウォッチ (2016年10月25日). 2019年3月8日閲覧。
  84. ^ アトリウムコンサート情報”. mtg-bld ページ!. 2019年3月8日閲覧。
  85. ^ CODE願いの代償ロケ地警察署は千葉県庁?撮影場所や目撃情報まとめ”. naminotes. 2023年9月15日閲覧。



千葉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 20:45 UTC 版)

過去に存在したマルエツの店舗」の記事における「千葉市」の解説

西千葉店(旧・プリマート稲毛区轟町1-15-1、1972年昭和47年11月開店 - 2006年平成18年8月29日閉店店舗面積890m2。 都町店(旧・プリマート都町2321976年昭和51年6月開店 - ?閉店店舗面積489m2。 現在はヤックスドラッグ千葉都町店[要出典]。 都賀店(旧・プリマート都賀3-24-5、1977年昭和52年7月開店 - ?閉店店舗面積1,404m2 → 店舗面積1,455m2。 1998年平成10年8月1日新都賀店が開店した。 現在シダックス[要出典]。 幕張店(幕張町5-417、1976年昭和51年5月開店 - ?閉店店舗面積952m2 → 店舗面積1,098m2。 グリーンハイツ内。

※この「千葉市」の解説は、「過去に存在したマルエツの店舗」の解説の一部です。
「千葉市」を含む「過去に存在したマルエツの店舗」の記事については、「過去に存在したマルエツの店舗」の概要を参照ください。


千葉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 05:24 UTC 版)

フッ化物洗口」の記事における「千葉市」の解説

2017年(平成29年)は4校、2020年市内120校のうち7校で実施

※この「千葉市」の解説は、「フッ化物洗口」の解説の一部です。
「千葉市」を含む「フッ化物洗口」の記事については、「フッ化物洗口」の概要を参照ください。


千葉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 21:12 UTC 版)

過去に存在した関東地区のダイエーの店舗」の記事における「千葉市」の解説

0269:千葉店×(1973年昭和48年11月 - 1998年平成10年12月31日1999年平成11年6月26日 - 2001年平成13年5月31日) 千葉市新宿2-7-30(現・千葉市中央区新宿2-7-30)(SC名称:千葉ショッパーズプラザ(旧SC名も同名使用))1998年平成10年12月31日に一旦閉店したが、家賃引き下げ地元の熱い要望もありスポーツワールド家電パレックスの専門売場導入して1999年平成11年6月26日再度開業して再開初日に8万人来店客を集めるなど再開直後順調に集客したものの、2001年平成13年2月期に目標年商85億円を大幅に下回る57億円に留まったため2001年平成13年5月31日再び閉店した跡地集合住宅になっている。 旧ジャスコ千葉店跡地周辺再開発したQiball(きぼーる)の駐車場棟1階ダイエーグルメシティ千葉中央店が2007年平成19年9月1日開業した十字屋千葉店 → 4901:十字屋ショッカー千葉店×(1951年昭和26年11月 - 1986年昭和61年) - 1996年平成8年8月千葉市中央区中央3-2-9売り場面積約7,770m2。 1986年昭和61年)に十字屋によるディスカウントストア十字屋ショッカー千葉店」へ業態変更するショッカー閉店後の1997年平成9年9月4日にはダイエー系のPCショップメディアバレー千葉店」が入居したが、2002年平成14年2月24日閉店。そこから約10年間空ビル状態が続いていたが、2011年平成23年12月頃に解体作業始まり2012年平成24年7月には完全に更地となった。現在は、コインパーキング丸興千葉店 千葉市中央3-3-9(現・千葉市中央区中央3-3-9店舗面積約1,799m2。 0716:グルメシティ蘇我ハーバーシティ店(2006年平成18年12月1日 - 2008年平成20年4月27日千葉市中央区閉店時の直営店舗面積約1,673m2 千葉県初のダイエーによるグルメシティとしてハーバーシティ蘇我内の島忠ホームズ蘇我1階出店した。 セイフー蘇我店×(1993年平成5年10月9日 - 2005年平成17年9月3日千葉市中央区店舗面積1,200m2、延べ床面積約2,054m2。 近隣に同じダイエー系列マルエツ開店後生鮮食料品激安販売24時間営業差別化をはかり、週末中心に盛況博していたが、セイフーからグルメシティ関東への改称関連した店舗網見直しにより閉店。 0697:千葉長沼店(2000年平成12年11月16日 - 2016年平成28年3月1日:運営イオンリテール移管千葉市稲毛区長沼町330-50 SC名称:ワンズモール店舗面積35,289m2、延べ床面積約98.473m2。直営店舗面積22,254m2。 2016年平成28年3月1日本州総合スーパー29店舗が「イオンリテールストア」に承継されて、運営イオンリテール移管し、同年3月12日イオン千葉長沼店となった開業時には、地上5階建てで、4階5階が約1,500収容駐車場となっていた。 0767:グルメシティあやめ台団地店(旧:セイフーグルメシティ関東店番号:4214)、? - 2016年平成28年3月26日ビッグ・エー業態転換千葉市稲毛区あやめ台1-12-101店舗面積166坪。 0598:Dマート稲毛海岸店(旧:忠実屋1981年昭和56年10月31日 - 2002年平成14年5月31日) 千葉市美浜区京葉線稲毛海岸駅前に出店していた。 店舗面積11,823m2。 忠実屋新稲毛店として開店その後近隣扇屋ジャスコマリンピア店(現:イオンマリンピア店)が開店した影響もあり、苦戦1993年平成5年4月23日忠実屋ディスカウント業態のDISPA!(ディスパ)稲毛海岸店、さらに翌年3月ダイエーへの吸収合併に伴いDマート稲毛海岸店へと業態変更した店舗面積12,994m2、延べ床面積19,556m2。 店舗跡には2003年平成15年10月24日にイオンマリンピア店のイオンマリンピア専門館が開店ビッグ・エー千葉長沼店×(? - 2013年平成25年2月16日閉店時の直営店舗面積約460m2。 0801:グルメシティ千城台店(旧:セイフーグルメシティ関東、? - 2016年平成28年8月28日閉店千葉市若葉区千城台西2-14-1旧・野村ストアーナイスシヅオカヤからセイフー受け継いだ店舗跡地閉店後に全面改装後、2016年平成28日11月12日ビッグ・エー千葉千城台西店として業態転換

※この「千葉市」の解説は、「過去に存在した関東地区のダイエーの店舗」の解説の一部です。
「千葉市」を含む「過去に存在した関東地区のダイエーの店舗」の記事については、「過去に存在した関東地区のダイエーの店舗」の概要を参照ください。


千葉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/22 00:27 UTC 版)

日本のプロテスタント教会一覧」の記事における「千葉市」の解説

千葉キリスト教会 - ウェイバックマシン2006年2月7日アーカイブ分) 千葉教会日本基督教団:長老系) - 千葉市中央区市場町1879年明治12年創立千葉若葉キリスト教会 日本バプテスト連盟 SDA千葉キリスト教会 セブンスデー アドベンチスト教会

※この「千葉市」の解説は、「日本のプロテスタント教会一覧」の解説の一部です。
「千葉市」を含む「日本のプロテスタント教会一覧」の記事については、「日本のプロテスタント教会一覧」の概要を参照ください。


千葉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 18:34 UTC 版)

プリマート」の記事における「千葉市」の解説

西千葉店(稲毛区轟町1-15-1、1972年昭和47年11月開店 - 2006年平成18年8月29日閉店店舗面積890m2。 都町店(都町2321976年昭和51年6月開店 - ?閉店店舗面積489m2。 都賀店(都賀3-24-5、1977年昭和52年7月開店 - ?閉店店舗面積1,404m2 → 店舗面積1,455m2。 1998年平成10年8月1日新都賀店が開店した

※この「千葉市」の解説は、「プリマート」の解説の一部です。
「千葉市」を含む「プリマート」の記事については、「プリマート」の概要を参照ください。


千葉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 15:45 UTC 版)

千葉県の神社一覧」の記事における「千葉市」の解説

千葉市にある神社 神社名 所在地 主な祭神 神社系列 神社庁 公式サイト 備考 千葉縣護國神社 中央区弁天 千葉県出身または縁故のある戦没者五万七千余 護国神社 千葉縣護國神社 (チバケンゴコクジンジャ) 千葉縣護國神社 別表神社内務大臣指定護国神社 千葉神社 中央区院内 北辰妙見尊星王 千葉神社 (チバジンジャ) 千葉神社 県社 蘇賀比咩神社 中央区蘇我2-2-7 蘇我比咩大神千代春稲荷大神 蘇我神社 (ソガヒメジンジャ) 郷社式内社下総国千葉郡蘇賀比咩神社寒川神社 中央区寒川町 天照大御神寒川比古命寒川比売命 神明神社 寒川神社 (サムカワジンジャ) 寒川神社 村社式内社下総国千葉郡寒川神社登渡神社 中央区登戸 天御中主命高皇産霊命神皇産霊命天日鷲命 登渡神社 (トワタリジンジャ) 村社 稲毛浅間神社 稲毛区稲毛 木花咲耶姫命 浅間神社 浅間神社 (センゲンジンジャ) 稲毛浅間神社 ウィキメディア・コモンズには、稲毛浅間神社関連するカテゴリあります。 表・話・編・歴

※この「千葉市」の解説は、「千葉県の神社一覧」の解説の一部です。
「千葉市」を含む「千葉県の神社一覧」の記事については、「千葉県の神社一覧」の概要を参照ください。


千葉市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/24 05:02 UTC 版)

千葉県保育所一覧」の記事における「千葉市」の解説

千葉市公式Webサイトより。

※この「千葉市」の解説は、「千葉県保育所一覧」の解説の一部です。
「千葉市」を含む「千葉県保育所一覧」の記事については、「千葉県保育所一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「千葉市」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

千葉市

出典:『Wiktionary』 (2010/02/14 16:23 UTC 版)

固有名詞

(ちばし)

  1. 千葉県県庁所在地政令指定都市

「千葉市」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「千葉市」の関連用語

1
96% |||||

2
96% |||||

3
96% |||||

4
96% |||||

5
96% |||||

6
96% |||||

7
96% |||||

8
96% |||||

9
96% |||||

10
96% |||||

千葉市のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



千葉市のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの千葉市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの過去に存在したマルエツの店舗 (改訂履歴)、フッ化物洗口 (改訂履歴)、過去に存在した関東地区のダイエーの店舗 (改訂履歴)、日本のプロテスタント教会一覧 (改訂履歴)、プリマート (改訂履歴)、千葉県の神社一覧 (改訂履歴)、千葉県保育所一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの千葉市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS