動線とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 動線 > 動線の意味・解説 

どう‐せん【動線】

読み方:どうせん

建築都市における人や物の動きを示す線。方向頻度時間的変化などを表示し建築設計都市計画判断材料とする。


動線

【英】flow line

もとは工学用語であったが、転じて客動線店内動線のように、店舗空間構成のうえで、効率快適性実現させるための工夫用いられるとなっている。店舗動線の原則は、「客動線長く作業動線は短く」である。顧客店内のすべてを巡回できるように、商品搬出入や販売員作業など店内作業少ないように工夫する。客を店内誘導する工夫であるところから導線と書くこともある。

どうせん 動線 traffic line

人または物の動く流れ、またはそれを線で表現したもの。 建築物平面計画及び配置計画で最も考慮しなければならない要素1つである。

家事動線(動線)

主に、住居部屋などの建築空間において、人が行動したり物が移動したりする軌跡方向を表す線を「動線」と言い、その動線の中で炊事洗濯掃除などの家事において移動する経路を家事動線と言う一般的に動線が短いと、無駄な動き少なくなるため、機能性居住性高まる。

家事動線(動線)

動線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 02:11 UTC 版)

動線(どうせん)とは、建物の中を人が自然に動く時に通ると思われる経路を線であらわしたもの。建物の間取りを設計する際に気をつけなければならない。設計の際に利用者の行動パターンを予測し、より明快に、事故を少なく、また移動距離が長くなりすぎないように平面計画を練る。設計において動線を特に考慮することを動線計画という。


  1. ^ 建設業界は「動線」、百貨店は「導線」 ドウセンその違いは?(日本経済新聞:ことばオンライン 2011年9月20日付、2015年3月3日閲覧)
  2. ^ 客の通り道は「動線」?「導線」?”. 毎日ことば. 毎日新聞社 (2021年6月24日). 2022年11月17日閲覧。


「動線」の続きの解説一覧

動線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/22 07:57 UTC 版)

建築計画学」の記事における「動線」の解説

「動線」の項を参照

※この「動線」の解説は、「建築計画学」の解説の一部です。
「動線」を含む「建築計画学」の記事については、「建築計画学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「動線」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「動線」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



動線と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「動線」の関連用語

動線のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



動線のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2023by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2023 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ナスラックナスラック
COPYRIGHT © 2023 NASLUCK ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの動線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの建築計画学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS