頻度とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 程度 > 度合 > 頻度の意味・解説 

頻度

読み方:ひんど

頻度は「頻繁の程度」のこと。連続的あるいは断続的に繰り返される現象行動が、どの程度の期間や間隔をおいて生じる・行われるか、という度合いのことである。要するに「繰り返し起こること」の「繰り返される度合い」を指す言葉である。

程度叙述には「頻度が-高い」という表現用いられる。ただし「頻度が多い」と表現される場合ないわけではない。「頻度が低い」と「頻度が少ない」はどちらも一般的な言い回しとして用いられている向き色濃い名詞に連結して表現する場合もっぱら高頻度」「低頻度」が用いられる。ただし物流関連などでは「多頻度」「少頻度」という表現用いられている。

「頻度」の使用例(文例)


ひん‐ど【頻度】

読み方:ひんど

物事繰り返して起こ度合い度数。「―が高い」「使用―」

「頻度」に似た言葉

頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 03:49 UTC 版)

るーぷる仙台」の記事における「頻度」の解説

運行時間は、仙台駅前発9:0016:00平日8月を除く):20分間隔運行22便/日。 土・日・祝日及び8月全日15分間隔で運行29便/日。仙台駅15時以降の便は仙台駅前止まり混雑時には、るーぷる専用車両以外のバス運行する場合がある

※この「頻度」の解説は、「るーぷる仙台」の解説の一部です。
「頻度」を含む「るーぷる仙台」の記事については、「るーぷる仙台」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/18 08:17 UTC 版)

冠動脈のShaher分類」の記事における「頻度」の解説

それぞれの分類発生頻度は、Shaher 1型が66.9%、2型が16.1%、3型全て合わせて5.6%、4型4.2%で、1型から4型大半占めている。

※この「頻度」の解説は、「冠動脈のShaher分類」の解説の一部です。
「頻度」を含む「冠動脈のShaher分類」の記事については、「冠動脈のShaher分類」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2008/01/04 17:28 UTC 版)

皮脂欠乏性湿疹」の記事における「頻度」の解説

高齢者に多い。

※この「頻度」の解説は、「皮脂欠乏性湿疹」の解説の一部です。
「頻度」を含む「皮脂欠乏性湿疹」の記事については、「皮脂欠乏性湿疹」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2011/10/26 19:11 UTC 版)

癒着胎盤」の記事における「頻度」の解説

癒着胎盤発生頻度は約0.01%(出産1万件に1件)であり、稀な疾患である。一方容易には子宮から剥離しないが用手的に剥離可能な付着胎盤は約0.3%(出産1千件に3件)の頻度で存在する初産婦経産婦では経産婦でより多く癒着胎盤症例の約80%が経産婦である。

※この「頻度」の解説は、「癒着胎盤」の解説の一部です。
「頻度」を含む「癒着胎盤」の記事については、「癒着胎盤」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/25 03:03 UTC 版)

鬱滞性皮膚炎」の記事における「頻度」の解説

比較的よくみられる大部分は中高年で、男女差女性比較的多い。

※この「頻度」の解説は、「鬱滞性皮膚炎」の解説の一部です。
「頻度」を含む「鬱滞性皮膚炎」の記事については、「鬱滞性皮膚炎」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/02 07:29 UTC 版)

セザリー症候群」の記事における「頻度」の解説

比較的まれ。5060歳以上に好発

※この「頻度」の解説は、「セザリー症候群」の解説の一部です。
「頻度」を含む「セザリー症候群」の記事については、「セザリー症候群」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/06/26 14:00 UTC 版)

溝状舌」の記事における「頻度」の解説

溝状舌有病率Halperin1953年調査では11歳20歳で3.58%、Aboyansの1973年調査では20歳29歳で2.92%であった日本人では東北大学1989年調査で2.6%であった

※この「頻度」の解説は、「溝状舌」の解説の一部です。
「頻度」を含む「溝状舌」の記事については、「溝状舌」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/07/02 03:06 UTC 版)

舌小帯短縮症」の記事における「頻度」の解説

有病率は、深田らの1960年調査では1519歳女性で0.56%、西が行った1969年調査では全年齢で2.55%、東北大学1989年行った調査では2.3%であった

※この「頻度」の解説は、「舌小帯短縮症」の解説の一部です。
「頻度」を含む「舌小帯短縮症」の記事については、「舌小帯短縮症」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/07 07:22 UTC 版)

輸血後肝炎」の記事における「頻度」の解説

血液スクリーニングのない時代には、輸血受けた患者のおよそ2人1人感染していたとされる1954年ビキニ環礁水爆実験遭遇し被曝した第五福竜丸乗組員に、その後高頻度発生した肝臓ガン等の肝臓疾患は、放射線障害治療時の輸血による肝炎ウイルス感染原因となった可能性非常に高いとの指摘がある。 また、1964年エドウィン・O・ライシャワー博士が日本で暴漢襲われ負傷した際、売血輸血により肝炎感染した事件は特に有名である。これは当時黄色い血事件として社会大きな衝撃与え日本での輸血用血液供給が、低品質売血にたよる体制から全量献血によりまかなう体制切り替わるきっかけとなった。しかし、製薬会社による血漿分画製剤向けの有償採漿(=売血)は1990年まで続き薬害肝炎問題を引き起こす事となった。 1982年HBs抗原検査1989年HBc抗体検査HCV抗体検査導入感染者激減し2000年HBVHCV核酸増幅検査導入により1万例に1例程度の頻度となった

※この「頻度」の解説は、「輸血後肝炎」の解説の一部です。
「頻度」を含む「輸血後肝炎」の記事については、「輸血後肝炎」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/05 03:45 UTC 版)

ハプログループA (Y染色体)」の記事における「頻度」の解説

コイサン語族話者東アフリカナイロートなどに高頻度である。 Tsumkwe San 66% ナマ人 64% ディンカ族 62% シルック族 53% ヌバ族 46% コイサン人 44% エチオピアユダヤ人 41% ǃKung ~40% Borgu 35% ヌエル族 33% フール人 31% マサイ族 27% ナラ人 20% など

※この「頻度」の解説は、「ハプログループA (Y染色体)」の解説の一部です。
「頻度」を含む「ハプログループA (Y染色体)」の記事については、「ハプログループA (Y染色体)」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 15:05 UTC 版)

血尿」の記事における「頻度」の解説

健康診断における潜血陽性率は、大学生4 - 5%、40代は男6%女10%60代は男11%女24%、80以上は17%29%である(女性月経血による偽陽性がかなり含まれていると思われる)。

※この「頻度」の解説は、「血尿」の解説の一部です。
「頻度」を含む「血尿」の記事については、「血尿」の概要を参照ください。


頻度(目標復旧地点)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 05:01 UTC 版)

バックアップ」の記事における「頻度(目標復旧地点)」の解説

毎日毎週月次年次等。頻度が低いほど潜在的に失われる量も大きくなる目標復旧地点 (RPO: Recovery Point Objective) に関係する

※この「頻度(目標復旧地点)」の解説は、「バックアップ」の解説の一部です。
「頻度(目標復旧地点)」を含む「バックアップ」の記事については、「バックアップ」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/26 08:01 UTC 版)

ターナー症候群」の記事における「頻度」の解説

2010年調査新生女児の約2500人に1人(あるいは女児1000人に1人とも。)で見られ45,Xが一番多く45%、残りがXまたはY染色体構造異常モザイク下図参照)だが、45,X胎児流産の率が高く妊娠28以前では45,Xの比率はもっと多い。同じ45,Xで出産後生存するものと流・死産に至るものの違いはよく分かっていない 流産比率から逆残すると45,Xの胎児受精から誕生に至るのが200人に1人0.5%)という説もあり、あまりに胎児時代生存率が低いことから45,Xは本来胎生初期に致死で、出生至っているのは正常細胞とのモザイク型だったものが成長中正常細胞失われ45,Xに見かけ上なったものではないか」という説もある。 ターナー症候群核型別の頻度 染色体数構造異常モザイク略称頻度(%)45,X XO 45 46,X,i (Xq)(q10); 45,X / 46,X,i (Xq)(q10) i (Xq) 1518 46,X+mar; 45,X / 46,X+mar +mar 7~16 45,X/46,XX;/ 45,X/47,XXX; X/XX;X/XXX 7~16 46,X,del(Xp) ; 45,X /46,X,del(Xp) del(Xp) 2~5 45,X/46,XY;45,X/ 46,X,del(Y); 45,X /46,X,r(Y) - 6~11 その他 - 2~8 核型の意味下記の通り、 「;」がある場合前後別々の核型。(列記しているだけ) 「/」がある場合は「/」の前後核型同一個体確認できるモザイク45,X:総染色体数45本でX染色体1本ある。 46,XX:総染色体数46本でX染色体2本ある。(普通の女性の核型46,X,i (Xq)(q10):総染色体数46本でX染色体が正常と長腕同腕染色体1本づつがある。((q10)は同腕染色体くっついている部位46,X+mar;:総染色体数46本で正常なX染色体マーカー染色体同定不能の構造異常染色体)がある。 47,XXX:総染色体数47本でX染色体3本ある。 46,X,del(Xp) :総染色体数46本で正常なX染色体短腕欠けたX染色体がある。 46,XY:総染色体数46本でXとY染色体1本づつある。(普通の男性の核型46,X,del(Y):総染色体数46本で正常なX染色体欠けたY染色体がある。 46,X,r(Y):総染色体数46本で正常なX染色体リング状Y染色体がある。 なお、X,i (Xq)やX,Xp-などと正常X染色体併せ持つモザイク型の場合は通常構造異常起きた方のX染色体不活性化しており、これは正常側が不活性化した細胞生存できなかったためとされている

※この「頻度」の解説は、「ターナー症候群」の解説の一部です。
「頻度」を含む「ターナー症候群」の記事については、「ターナー症候群」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 07:04 UTC 版)

スーパームーン」の記事における「頻度」の解説

満月周期は、月が近点かつ太陽及び地球と並ぶ間の期間であり、約13.9443朔望月(約411.8日)である[要出典]。したがって、ほぼ毎回14回目満月スーパームーンとなる。しかし、周期のちょう半分でも満月近点近づき、その直前または直後新月スーパームーンとなる。したがって、1回満月周期毎に3回スーパームーン生じる。なお、満月スーパームーン前述の満月周期によって年に大体1回観測できるが、地球と月位置関係によっては2014年のように年に数回観測できることもある。 13.9443と14の差は、1/18に非常に近いので、スーパームーン周期自体18回の満月周期(約251朔望月、20.3年)の周期変動するしたがって、約10年の間は最大のスーパームーン満月次の10年間最大のスーパームーン新月となる。

※この「頻度」の解説は、「スーパームーン」の解説の一部です。
「頻度」を含む「スーパームーン」の記事については、「スーパームーン」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/27 07:25 UTC 版)

菌状息肉症」の記事における「頻度」の解説

中高年に多い。

※この「頻度」の解説は、「菌状息肉症」の解説の一部です。
「頻度」を含む「菌状息肉症」の記事については、「菌状息肉症」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/18 16:27 UTC 版)

耳管開放症」の記事における「頻度」の解説

ゾルナー(1937)は0.3%、フィッシュバーグ(1970)は7%、ミュンカー(1980)は6.6%と報告している。小林2005)は1%有病率報告している。

※この「頻度」の解説は、「耳管開放症」の解説の一部です。
「頻度」を含む「耳管開放症」の記事については、「耳管開放症」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/12 01:53 UTC 版)

毛舌」の記事における「頻度」の解説

有病率は、Celisらの1966年調査では14歳 - 83歳で5.4%、Mikkonenの1982年調査では17歳 - 35歳で10.6%だった。日本人においては東北大学1989年調査129中の19.4%にみられ、そのすべてが白毛舌だった。

※この「頻度」の解説は、「毛舌」の解説の一部です。
「頻度」を含む「毛舌」の記事については、「毛舌」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/13 03:26 UTC 版)

ガーゼオーマ」の記事における「頻度」の解説

医療事故絡み病態であること、そもそも存在気づいていないからこそ発生するものであることから正確な頻度は不明である多くの場合無症状であり、長期間あるいは一生気づかれないこともある。 いくつかの施設から頻度の報告なされているが、それらによると、後から気づかれたものだけに限って手術1000件に1件から3000件に1件程度の頻度で発生しており、決して稀とはいえない。これは、大病院であれば、ほぼ毎年のようにこのような事故発生している、ということ意味する過去統計では、通常の手術ではなく緊急手術であった場合や、手術中意図しない術式変更があった場合肥満があった場合に、ガーゼ遺残有意に高頻度起こることが示されている。 現在ではX線写真に映るタイプガーゼが日的に使用されるようになっており、ガーゼオーマ発生防止役立っているまた、手術室では必ず複数人目を通した複数回ガーゼ枚数確認なされているが、それでも少ない頻度ではある発生し続けている。

※この「頻度」の解説は、「ガーゼオーマ」の解説の一部です。
「頻度」を含む「ガーゼオーマ」の記事については、「ガーゼオーマ」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 14:31 UTC 版)

水星の太陽面通過」の記事における「頻度」の解説

地球から観測すると、水星の太陽面通過1世紀13回か14回の割合起こる。これは明らかに金星の太陽面通過よりもずっと頻度が高いその理由一部水星金星よりも太陽に近い軌道回っており、軌道上公転する速度がより速いことにある。 水星の太陽面通過起こ可能性があるのは5月10日前後か、11月10日前後のみである。これは、水星地球軌道平面横切る点である昇交点降交点通過するのがこの時期であるためである。この時期以外は太陽水星地球完全に一直線に並ばないため水星の太陽面通過起こらない水星昇交点降交点黄経の値はゆっくりと大きくなっていくため水星の太陽面通過起こ日付ゆっくりと遅くなっていく。3426年以降は、水星の太陽面通過6月12月起こるようになる11月の太面通過は7年13年、あるいは33年間隔置いて起こる。5月の太陽面通過が起こる間隔13年33年のみである。13年周期、あるいは46年周期似たような特徴を持つ太陽面通過繰り返される。これは地球13公転する間に水星はほぼ54公転し、また地球46公転する間に水星はほぼ正確に191周するからである両方を合わせる3年4年6年7年10年13年といった間隔起こる。 以下の表を見ると分かるように、水星の太陽面通過5月よりも11月により頻繁に起こる。これは水星軌道離心率大きことから説明できる11月の太面通過の頃は、水星5月の太陽面通過よりも地球から遠くにある。太陽面通過の時は水星太陽地球間に入っていることから内合あるため11月のほうが水星太陽に近いことになる。従っ5月には角速度11月よりも小さく太陽面通過長く続くことになる。 5月の太陽面通過では水星遠日点近くに位置し角直径12である。11月の太面通過では水星近日点近くにあり、角直径10である。

※この「頻度」の解説は、「水星の太陽面通過」の解説の一部です。
「頻度」を含む「水星の太陽面通過」の記事については、「水星の太陽面通過」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 01:58 UTC 版)

性行動」の記事における「頻度」の解説

性行為の頻度は、週に0回( 性的禁欲 )から15回または20回の範囲米国では、夫婦性交平均頻度は週に2〜3回である 。一般に閉経後の女性性交の頻度の低下経験し性交平均頻度は年齢とともに低下することが認識されている。Kinsey Instituteによると、米国でのパートナーを持つ個人性交平均頻度は、年間112回(1829歳)、年間86回(3039歳)、および年間69回(4049歳であった

※この「頻度」の解説は、「性行動」の解説の一部です。
「頻度」を含む「性行動」の記事については、「性行動」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 10:20 UTC 版)

抜毛症」の記事における「頻度」の解説

一説によると人口0.52%抜毛症とされる。しかし、医者考え判断によってこの割合はかなり変化するため、あまり正確な情報ではない。小学生から思春期女子に多いが、成人発症する。頻度としては円形脱毛症1020%であるが、抜毛行為自体学童期の癖としてはかなり多い。また、家庭学校で人間関係悩んでいる場合が多い。知能低下はないことが多い。大人しい内向的性格に多いとされる抜毛症男女比及び年齢別グラフ

※この「頻度」の解説は、「抜毛症」の解説の一部です。
「頻度」を含む「抜毛症」の記事については、「抜毛症」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/05 07:52 UTC 版)

泣く」の記事における「頻度」の解説

泣く頻度とその1回あたりの長さについては、年齢・性別文化による差があるドイツ眼科学によれば泣くことに関するさまざまな科学的研究まとめた結果平均的な女性年に30-64回、平均的な男性年に6-17泣くこと分かったまた、男性2-4分間女性は約6分泣き続け傾向にある。女性では65%の例ですすり泣きへの移行起こるが、男性では6%しか起こらない。ただし思春期までは、性差はほとんど見られないメキシコでの乳児対象とする研究の場合1日泣く回数平均長さ生後第1週35回・3.8分が最大でその後漸減する。また、思春期男女に関しては、年を追うごとに性差大きくなり、その要因女子における共感性発達よるもの結論付けられているベヒトとヴィンガーホートによる2002年研究は、泣く頻度に関する国ごと差異調査している。世界平均男性月に1回女性が2.7回泣いているに対し例えアメリカ合衆国では男性1.9回、女性3.5泣いているまた、いずれのでも女性のほうが泣く頻度が多かったが、オランダでは男女間に2.5回もの性差があるのに対しネパールでは性差はわずか0.1であった2011年オランダ行われた37か国での調査基づ文化比較研究では、泣きやすさやその性差と、国民性経済的条件表現の自由などとの関連性検証された。結果経済的条件による苦痛よりも表現の自由国民性依拠していることが指摘された泣く頻度の性差については、裕福かつ民主主義的個人主義的な国において大きくなった。

※この「頻度」の解説は、「泣く」の解説の一部です。
「頻度」を含む「泣く」の記事については、「泣く」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/19 09:42 UTC 版)

物語論」の記事における「頻度」の解説

物語内容における出来事生起回数物語言説における叙述回数との関係を扱う領域である。3つの種類がある。 単起法 - 1対1起こった回数同じだ叙述する一般的な方法反復法 - 1対n。同じ事柄を何度も語る場合。 括復法 - n対1。何度も起こった出来事1回で語る場合

※この「頻度」の解説は、「物語論」の解説の一部です。
「頻度」を含む「物語論」の記事については、「物語論」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/23 14:29 UTC 版)

新星」の記事における「頻度」の解説

新星爆発後も連星系大きな変化はなく、相手恒星から白色矮星への水素流入継続するため、いずれ再び新星爆発起こすこととなる。ただし爆発間隔1000年から10万年と推測されており、ほとんどの場合1度だけの爆発し観測されていない。 ただし、白色矮星質量大きく連星系のもう片方赤色巨星の場合は爆発間隔10年から数十年短くなり、繰り返し爆発観測されるこのような新星反復新星回帰新星呼ばれ10程度発見されている。 降着円盤崩壊である矮新星とは別の現象であるが、矮新星爆発により白色矮星水素供給されるため、矮新星はより長い周期新星爆発起こしている可能性指摘されている。2007年には矮新星きりん座Z星に新星爆発痕跡星雲発見された。

※この「頻度」の解説は、「新星」の解説の一部です。
「頻度」を含む「新星」の記事については、「新星」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 08:03 UTC 版)

輸血後移植片対宿主病」の記事における「頻度」の解説

輸血後GVHD発生する頻度は民族によって異なる均一性の低い民族ではHLAハプロタイプ一致する確率が低いために輸血後GVHD少ないが、島国住み他民族との接触少なかった日本人民族学的に均一性高く、(白血球除去放射線照射行わなければ輸血0.1%〜1%ほどで起こると考えられている。 日本人HLA型多型性に乏しくHLAハプロタイプホモ結合になる確率が高いホモ結合の子血液を親に輸血し場合確実に一方向適合になる。他人であってもホモ結合供血者血液と半一致する確率HLA型多型性に乏し日本人では高くなる韓国人HLA型多型と言う点では日本人より多様性富みドイツ人同程度である。多民族からなる移民国家であるアメリカ人ではHLAハプロタイプホモ結合になる確率は低い供血者HLAハプロタイプホモ結合でなければ輸血後GVHD起こらないので、すなわち輸血後GVHD起こりやすさは民族的均一性比例する親子親族間の輸血では、非血縁者からの輸血に比べ輸血後GVHD生じやすい。供血者HLAハプロタイプホモ結合であっても赤の他人ではハプロタイプ2つとも供血者異な確率が高いが、親子では確実に親族間でも高率一つハプロタイプ一致するめである日本人では、親子間の輸血一方向適合生じ確率は非血縁者の8倍、アメリカ白人では15倍になる。

※この「頻度」の解説は、「輸血後移植片対宿主病」の解説の一部です。
「頻度」を含む「輸血後移植片対宿主病」の記事については、「輸血後移植片対宿主病」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 07:11 UTC 版)

「副詞」記事における「頻度」の解説

たまに買い物に行く。 いつもニコニコする。

※この「頻度」の解説は、「副詞」の解説の一部です。
「頻度」を含む「副詞」の記事については、「副詞」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/19 23:54 UTC 版)

アンドロゲン不応症」の記事における「頻度」の解説

他に異常がなく、鼠径あるいは腹部組織学的に正常な睾丸確認された女性の数。」からCAIS10万人中2~5人程度推測されている。PAIS少なくとも同程度だがMAISはよく分かっていない 別の資料ではCAIS外性器女性型のPAIS合計精巣性女性化症候群)が出生男児20000~64000人に1人で、うちPAIS原文は「不完全型」)がこのうち10%というものもある。

※この「頻度」の解説は、「アンドロゲン不応症」の解説の一部です。
「頻度」を含む「アンドロゲン不応症」の記事については、「アンドロゲン不応症」の概要を参照ください。


頻度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 15:39 UTC 版)

ブラキシズム」の記事における「頻度」の解説

夜間のブラキシズム出現頻度は8 - 16%、昼間のブラキシズム含めると8 - 34%と報告されている。しかし一過性のブラキシズム日による変動大きいため、調査評価困難である

※この「頻度」の解説は、「ブラキシズム」の解説の一部です。
「頻度」を含む「ブラキシズム」の記事については、「ブラキシズム」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「頻度」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

頻度

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 05:07 UTC 版)

名詞

 (ひんど)

  1. 一定の時間内に現象などが出現する度合

翻訳


「頻度」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



頻度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「頻度」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



頻度のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのるーぷる仙台 (改訂履歴)、冠動脈のShaher分類 (改訂履歴)、皮脂欠乏性湿疹 (改訂履歴)、癒着胎盤 (改訂履歴)、鬱滞性皮膚炎 (改訂履歴)、セザリー症候群 (改訂履歴)、溝状舌 (改訂履歴)、舌小帯短縮症 (改訂履歴)、輸血後肝炎 (改訂履歴)、ハプログループA (Y染色体) (改訂履歴)、血尿 (改訂履歴)、バックアップ (改訂履歴)、ターナー症候群 (改訂履歴)、スーパームーン (改訂履歴)、菌状息肉症 (改訂履歴)、耳管開放症 (改訂履歴)、毛舌 (改訂履歴)、ガーゼオーマ (改訂履歴)、水星の太陽面通過 (改訂履歴)、性行動 (改訂履歴)、抜毛症 (改訂履歴)、泣く (改訂履歴)、物語論 (改訂履歴)、新星 (改訂履歴)、輸血後移植片対宿主病 (改訂履歴)、副詞 (改訂履歴)、アンドロゲン不応症 (改訂履歴)、ブラキシズム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの頻度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS