言葉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > 言葉 > 言葉の意味・解説 

言葉

読み方:ことば

音声文字などにより表され、特定の意味を伝達する手段となる表現および表現体系のこと。

けと‐ば【言葉】

「ことば」の上東国方言

父母が頭(かしら)かきなで幸(さ)くあれて言ひし—ぜ忘れかねつる」〈四三四六


こと‐ば【言葉/詞/辞】

人が声に出して言ったり文字に書いて表したりする、意味のある表現。言うこと。「友人の—を信じる」

音声文字によって人の感情思想伝え表現法言語。「日本の—をローマ字で書く」

文の構成要素をなす部分単語また、語句。「—が豊富だ」「一々の—を吟味して話す」

言い方口のきき方。口ぶり言葉遣い。「荒い—」「—に注意しなさい」

必ずしも事実でないこと。言葉のあや

「塵(ちり)を結んでと言うたは、—でござる」〈狂言記箕被

(詞)謡い物語り物の中で、節をつけない非旋律的な箇所

(詞)物語小説などの中で、会話部分

(詞)歌集などで、散文で書かれた部分

[下接語] 合い言葉・東(あずま)言葉・遊ばせ言葉・遊び言葉・天地(あめつち)の詞(ことば)・田舎言葉忌み詞入間詞(いるまことば)・入れ詞歌詞(うたことば)・売り言葉絵詞(えことば)・江戸言葉沖言葉買い言葉替え詞書き言葉隠し言葉掛け詞・翳(かざ)し詞・重ね言葉京言葉口言葉国言葉繰り言葉・郭(くるわ)言葉・御所詞ざあます言葉逆さ言葉里言葉為做(しな)せ言葉・正月言葉序詞(じょことば)・女中詞捨て言葉制の詞添え言葉通り言葉土地言葉・謎(なぞ)言葉・逃げ言葉女房詞挟み詞花言葉話し言葉早口言葉早言葉囃子詞(はやしことば)・流行(はやり)言葉・武士詞・べいべい言葉褒め言葉枕詞(まくらことば)・御国詞(みくにことば)・武者詞文字言葉休め言葉奴詞(やっこことば)・山言葉大和言葉吉原言葉六方(ろっぽう)詞

[補説]  
2014年6月実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2014キャンペーンでの「言葉」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆嘘を真実に、真実を嘘に変化させることができる道具
俺の空Rさん

◆音にすれば思い伝えられ、視界に入れれば考え生まれ飲み込めば大人になるもの。
kei_koさん

一度発する責任つきまとうもの。発した言葉には責任を持つこと。良くも悪くも相手心に残るもの。
yaaaaさん

感情または思考を形に表す手段
タカノリさん

◆いつも想いより後から出てくるもの。
なつこさん

◆口から発するもの。文字として綴るもの。心に刻むもの。
月のしずくさん

読み書き、話すことで世界中の人とコミュニケーションがとれる人間の進化過程で得たツール
ペラペラさん

見ず知らず他人一言で、人生救われる。たった一行の文字で、考え方生まれ変わる
REINAさん

◆ときどきナイフ、ときどき包帯
あるとママさん


けと‐ば【言葉】

〔名〕 「ことば(言葉)」をいう上代東国方言

万葉(8C後)二〇・四三四六父母が頭かきなで幸(さ)く有れて言ひし気等婆(ケトバ)ぜ忘れかねつる」


こと‐ば【言葉・詞・辞】

〔名〕 社会ごとにきまっていて、人々感情意志考えなどを伝え合うために用い音声また、それを文字に表わしたもの

話したり語ったり、また、書いたりする表現行為

万葉(8C後)四・七七四「百千(ももち)たび恋ふといふとも諸弟(もろと)らが練(ねり)の言羽(ことば)は我は頼まじ」

② ものの言いかた。口のききかた話しぶり

大唐三蔵玄奘法師表啓平安初期点(850頃)「此の(あらき)辞(コトハ)を截てて其の実録を採らむ」

③ たとえて言ったこと。言いぐさ

波形本狂言引括室町末‐近世初)「『塵をむすんで成とも暇(いとま)の印を下され』『夫(それ)は安い事じゃ』と下におちてあるちりをひらいむすびやる『是はことばでこそあれ、何成とも目に立た印を下されと云事でござる』」

表現された内容

(イ) 口頭で語った内容。話。語り

土左(935頃)承平五年一月二一日「『黒鳥のもとに白き波寄す』とぞいふ。このことば、何とにはなけれども物言ふやうにぞ聞こえたる」

(ロ) 発言されたもの、記載されたものを問わず、一つまとまった内容を持つ表現作品

源氏100114頃)手習今の世聞こえことばこそは弾(ひ)き給けれ、とほむれば」

俳諧・花はさくら(1801)三聖図讚「されば文明のころ、其道かんなり聖たちの言葉、今の掟となりて」

(ハ) 文字で記されたもの。特に手紙をさしていう。

*竹取(9C末‐10C初)「文を書き置きてまからん。〈略〉とてうち泣き書くことばは」

(5) うた(特に和歌に対して散文で書かれた部分歌集では詞書(ことばがき)の部分

伊勢物語(10C前)六九「女のもとより、ことばは無くて、君や来しや行きけむ思ほえず夢か現(うつつ)か寝てかさめてか」

大鏡(12C前)二「言ひたがへ給ふ事、詞にても哥にても無かりけり」

(6) 絵巻物絵草子などで、絵に対して文字で書かれた詞書部分

(10C終)三一「よく書いたる女絵の、ことばをかしう付けて多かる」

(7) 種類としての言語国語

土左(935頃)承平五年一月二〇日「かの国人聞き知るまじく思ほえたれども、〈略〉ここのことば伝へたる人に言ひ知らせければ」

(8) 用語。語彙(ごい)。

(イ) 語句単語

源氏100114頃)玉鬘「よろづの草子歌枕、よく案内(あない)知り、見つくして、そのうちのこと取り出づるに」

(ロ) 連歌などで、「名(体言)」「てにをはとともに語彙三分した一つ。主に今の「用言」をさす。

連理秘抄1349)「一、韻字 物の名と詞の字と是を嫌ふべからず

(ハ) 「てにをはに対して体言用言をさした称。〔手爾葉大概抄鎌倉末‐室町初)〕

(9) 音楽で、旋律を伴う部分に対して、非旋律的な部分。「詞」という字をあてる。

(イ) 能楽狂言などで、リズムを持ったふしをつけずに抑揚によって唱(とな)える部分対話独白などの散文的部分多くみられる。

申楽談儀(1430)音曲のかかり「ふしもことはも拍子相応たり」

(ロ) 近世邦楽で、対話独白などを、旋律的でなく唱える部分日常の言葉のように写実的でなく、多少様式化され、類型的である。対話独白でも、変化をつけるため、ふしをつけて唱えることがあるが、それは含めない。詞に少しふしをつけたものイロ詞という。

浄瑠璃源氏供養(1676)一「誰かれといはんより、紫式部しかるべしとの宣旨也、式部勅意(ちょくゐ)承り世に有難き仰にては候へ共わらはいかでか作るべし」

(10) 物語などで、地の文に対して会話部分


こと‐の‐は【言葉】

〔名〕

① ことば。言語

*竹取(9C末‐10C初)「まことかと聞きて見つればことのはを飾れる玉の枝にぞありける

和歌では、特に木の葉掛けて用い、愛を伝えることばや人のうわさなどの意を表わす

古今(905‐914)恋五・七八二「今はとてわが身時雨にふりぬれば事のはさへにうつろひにけり〈小野小町〉」

和歌。うた。

古今(905‐914)仮名序やまとうたは、ひとのこころをたねとして、よろづのことの葉とぞなれりける」


ことば 【言葉】

ロゴス

言葉

作者阿部昭

収載図書阿部昭18短篇
出版社福武書店
刊行年月1987.4

収載図書阿部昭集 第4巻
出版社岩波書店
刊行年月1991.6

収載図書無縁生活・人生の一日
出版社講談社
刊行年月1992.5
シリーズ名講談社文芸文庫


言葉

作者井伏鱒二

収載図書井伏鱒二全集 第1巻
出版社筑摩書房
刊行年月1996.11


言葉

作者山田忠

収載図書奔流
出版社日本民主主義文学会
刊行年月2007.4
シリーズ名民主文学


ことば

(言葉 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 08:43 UTC 版)

ことば言葉コトバ




「ことば」の続きの解説一覧

言葉

出典:『Wiktionary』 (2020/04/02 07:57 UTC 版)

この単語漢字
こと
第二学年
は > ば
第三学年
(当て字)

和語の漢字表記

(ことば)

  1. ことば漢字表記詳細ことば参照



言葉と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「言葉」に関係したコラム

  • FXの円高、円安とは

    FX(外国為替証拠金取引)では、円高、円安という言葉をよく耳にします。例えば、USD/JPYが1ドル81.50円から81.30円へ値動きした場合には、円の価値が高くなったので、「20銭の円高」といいま...

  • 株式投資で評価損が出た時の対処法

    株式投資における評価損とは、その時点で手持ちの株式を売却すると損失が発生することです。ここでは、株式投資で評価損が出た時の対処法を紹介します。▼損切り損切りとは、手持ちの株式を損失が発生した状態で売却...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「言葉」の関連用語

言葉のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



言葉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのことば (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの言葉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS