つきまとうとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > つきまとうの意味・解説 

つき‐まと・う〔‐まとふ〕【付き×纏う】

[動ワ五(ハ四)]

離れずに、いつもそばに付き従う。「弟が—・う」「物売りに—・われる」

ある事情などが、ついてまわって離れないまた、ある気持ちなどが、いつも頭から離れない。「リスクが—・う仕事」「不安が—・う」


つき‐まと・う ‥まとふ 【付纏】

〔自ワ五(ハ四)〕 いつもそばを離れないつき従う比喩的に、物事がうるさいほどついてまわることや、ある気持考え脳裏から離れなくなることもいう。つけまつわるつけまとう

苔の衣(1271頃)四「なつかしき御ありさまを見しりがほに、まゐり給ひぬればつきまとはれ給ひつつ」


つきまとう

出典:『Wiktionary』 (2021/09/18 12:03 UTC 版)

動詞

つきまとうう】

  1. 対象となるものの意思無関係に、何かがいつも離れいでいる

活用

発音(?)

つ↗きまと↘う

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つきまとう」の関連用語

つきまとうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



つきまとうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのつきまとう (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS